Menu Close

第6章 ストレージノードのスケーリング

OpenShift Container Storage のストレージ容量をスケーリングするには、以下のいずれかを実行できます。

  • ストレージノードのスケールアップ: 既存の OpenShift Container Storage ワーカーノードに対してストレージ容量を追加します。
  • ストレージノードのスケールアウト: ストレージ容量を含む新規ワーカーノードを追加します。

ストレージノードをスケーリングする前に、「OpenShift Container Storage の Microsoft Azure へのインストールについての要件」 を参照して、特定の OpenShift Container Storage インスタンスについてのノードの要件を確認します。

警告

常にストレージ容量が十分にあることを確認してください。

ストレージが完全に一杯になると、容量を追加したり、ストレージからコンテンツを削除したり、コンテンツを移動して領域を解放することはできません。一杯になったストレージを回復することは容易ではありません。

容量アラートは、クラスターストレージ容量が合計容量の 75%(ほぼ一杯)および 85% (一杯) になると発行されます。容量についての警告に常に迅速に対応し、ストレージを定期的に確認して、ストレージ領域が不足しないようにします。

ストレージ領域が不足する場合は、Red Hat カスタマーポータルにお問い合わせください。

6.1. Azure インフラストラクチャーの OpenShift Container Storage ノードへの容量の追加によるストレージのスケールアップ

以下の手順を使用して、設定された Red Hat OpenShift Container Storage ワーカーノードにストレージ容量を追加し、パフォーマンスを強化します。

前提条件

  • 実行中の OpenShift Container Storage Platform
  • OpenShift Web コンソールの管理者権限

手順

  1. OpenShift Web コンソールに移動します。
  2. 左側のナビゲーションバーの Operators をクリックします。
  3. Installed Operators を選択します。
  4. ウィンドウで、OpenShift Container Storage Operator をクリックします。

    ocs installed operators
  5. 上部のナビゲーションバーで、右にスクロールし、Storage Cluster タブをクリックします。

    OCS Storage Cluster の概要
  6. 表示されるリストには 1 つの項目のみが含まれます。右端の (⋮) をクリックして、オプションメニューを拡張します。
  7. オプションメニューから Add Capacity を選択します。

    OCS add capacity dialog azure

    ダイアログボックスから、要求される追加容量およびストレージクラスを設定できます。Add capacity には、インストール時に選択された容量が表示され、容量はこの増分値でのみ追加できます。ストレージクラスは managed-premium に設定される必要があります。

    注記

    効果的にプロビジョニングされる容量については、OpenShift Container Storage はレプリカ数の 3 を使用するため、Raw Capacity フィールドに入力する値の 3 倍の値にします。

  8. Add をクリックします。Ready になると、ストレージクラスターのステータスが表示されます。Ready 状態であることを確認した後に、2 分ほど待機する必要がある場合があります。

検証手順

  1. OverviewPersistent Storage タブに移動してから、Capacity breakdown カードをチェックします。

    ocs の容量の追加による拡張の確認
  2. 容量は選択に応じて増大することに注意してください。
重要

OpenShift Container Storage では、OSD またはノードの縮小によるクラスターの削減はサポートしていません。