1.3. 用語について

Red Hat Network Satellite を理解する前に、 以下のような Red Hat Network 用語に慣れておいてください。
チャンネル
チャンネルとは複数のソフトウェアパッケージの一覧です。 チャンネルにはベースチャンネルと子チャンネルの 2 種類があります。 特定のアーキテクチャおよび Red Hat リリースをベースにしているパッケージで構成される一覧が ベースチャンネル です。 追加パッケージを含んでいるベースチャンネルに関連付けられているのが 子チャンネル です。
組織管理者
組織管理者とは、 組織の Red Hat Network アカウント全体に渡り最上位の制御力を有するユーザーロールになります。 このロールのメンバーは、 組織に対してユーザーやシステム、 システムグループの追加や削除を行うことができます。 Red Hat Network の組織には組織管理者が少なくとも一人必要になります。
チャンネル管理者
チャンネル管理者とは、 チャンネル管理に関する機能すべてにアクセスできるユーザーロールになります。 このロールを持つユーザーは、 チャンネルの作成、 チャンネルへのパッケージの割り当て、 チャンネルのクローン作成、 チャンネルの削除などを行うことができます。 このロールの割り当てが行えるのは組織管理者で Red Hat Network web サイトの ユーザー タブから行います。
認証局
暗号化された認証および通信用のパブリックキー基盤の一部としてユーザーにデジタル署名を配信するのが認証局です。
Red Hat Update Agent
Red Hat Update Agent は Red Hat Network のクライアントアプリケーションです。 このアプリケーションが稼働しているクライアントシステムでは、 ユーザーがこのアプリケーションを使ってシステム用の更新パッケージや新しいパッケージの取得やインストールを行うことができます。
トレースバック
トレースバックには「どこが間違っていたのか」が詳細に記載されています。 Red Hat Network Satellite のトラブルシューティングを行う際に役立ちます。 重大なエラーが発生するとトレースバックが自動的に生成され、 Red Hat Network Satellite の設定ファイルに指定されたユーザーにメールでこのトレースバックが送信されます。
Red Hat Network 関連の用語に関する詳しい説明は『Red Hat Network リファレンスガイド』 に記載されています。