1.4. 手順の要約

Red Hat Network Satellite を機能的に運用するには、 ソフトウェアやデータベースのインストールの他にも必要な事項がいくつかあります。 クライアントシステムには Satellite を使用させる設定が必要になります。 カスタムパッケージを収納するカスタムチャンネルの作成も行った方がよいでしょう。 ただし、 こうした作業は基本的なインストールの範囲を越えてしまうため、 本 『Red Hat Network Satellite インストールガイド』 の他、 他のガイドでも詳しく説明しています。 技術的なドキュメントの全一覧については 2章要件 を参照してください。
以上の理由から、 本セクションでは評価からカスタムパッケージの配備までに必要とされる全手順および推奨している手順を限定的な一覧形式で説明します。 作業は以下の順序で行ってください。
  1. Satellite を取得する

    1. 評価を終え Red Hat Network Satellite をご購入いただく際は、 Red Hat の担当セールスにご連絡ください。
    2. 担当セールスより Red Hat Network エンタイトルメント証明書とRed Hat Network ログイン情報をお受け取りください。
    3. Red Hat Network Web サイト (rhn.redhat.com) にログインしてから、 Red Hat Enterprise Linux 5 または 6 と Red Hat Network Satellite の配信用 ISO をダウンロードします。 ISO は チャンネルの詳細 ページの ダウンロード タブ内にあります。 詳細は 『Red Hat Network リファレンスガイド』 を参照してください。
    4. Red Hat Network web サイトにログインしている状態で、 Satellite により提供されるチャンネルコンテンツ ISO をダウンロードします。 この ISO も チャンネルの詳細 ページの ダウンロード タブ内にあります。 チャンネルコンテンツ ISO には Satellite によるパッケージの解析および提供の際に必要となるメタデータが含まれるため、 前述でダウンロードしたディストリビューション ISO によって異なります。
  2. Satellite の準備

    1. ソフトウェア要件を確認します。 「ソフトウェア要件」 を参照してください。
    2. スタンドアローンのデータベース をインストールする場合は、 ご使用のハードウェアが 「スタンドアローンのデータベース要件」 に記載された要件を満たしているかを確認した上で、 「データベース要件 - スタンドアローンのデータベースインストール」 に記載の計算式を使ってデータベース用のインスタンスの準備を行います。
    3. 組み込みのデータベース をインストールする場合は、 ご使用のハードウェアが 「組み込みのデータベース要件」 に記載された要件を満たしていることを確認してください。
  3. Satellite をインストールする

    1. Satellite として使用するマシンに Red Hat Enterprise Linux をインストールします。
    2. インストール前に必要な手順を確認してから、 Red Hat Network Satellite をインストールします。
    3. Red Hat Network Satellite インストールメディアをマウントしてスクリプトを実行します。
    4. インストールの章に記載されているようにプロンプトにしたがってインストールを行います。
    5. Web ブラウザで Satellite のホスト名を開き、 最初のユーザーアカウントを作成します。 このユーザーが Satellite 管理者のアカウントになります (組織管理者とも呼ばれる)。
    6. インストール後の手順を行い Satellite を完了します。
  4. 初めての使用

    1. Red Hat Network Satellite Synchronization Tool を使ってチャンネルおよび関連パッケージを Satellite にインポートします。
    2. Satellite に対して各ディストリビューションタイプまたはチャンネル (Red Hat Enterprise Linux 5 や 6 など) 用の代表マシンを登録します。
    3. 各マシンの /etc/sysconfig/rhn/ ディレクトリから rhn_register 設定ファイルを Satellite 上の /pub/ ディレクトリにコピー (scp) します。 rhn-org-trusted-ssl-cert-*.noarch.rpm はすでに Satellite にあります。
    4. この Satellite から設定ファイルと rhn-org-trusted-ssl-cert-*.noarch.rpm を同じディストリビューションタイプの残りのクライアントシステムにダウンロードしてインストールします。 代表マシンから設定ファイルを Satellite にコピー、 Satellite からその設定ファイルと rhn-org-trusted-ssl-cert-*.noarch.rpm を同じディストリビューションタイプの残りのクライアントマシンにダウンロードしてインストールという手順をすべてのディストリビューションタイプにそれぞれ行います。
    5. Satellite の Web サイトから、 該当ベースチャンネルに合わせた各ディストリビューション用のアクティベーションキーを作成します。 ここでシステムグループや子チャンネルの事前定義も行うことができます。
    6. 各クライアントシステムのコマンドラインからアクティベーションキーを実行します (rhnreg_ks)。 この手順はスクリプト化すると、 1 ディストリビューション内の残りすべてのクライアントシステム群の登録と再設定をまとめて行うことができます。
    7. ユーザー名、 パスワード、 その他ログイン情報などを記録し安全な場所に保管します。保管場所は 1 ヶ所だけでなく、 複数ヶ所に重複させます。
    8. これで Satellite に標準の Red Hat チャンネルとパッケージが移植され、 全クライアントが Satellite に接続されたので、 今度はカスタムのチャンネルおよびパッケージの作成と供給を開始することができるようになります。 カスタムの RPM を開発したら、 Red Hat Network Push を使って Satellite にインポートし、 その RPM を格納させるカスタムチャンネルを Satellite の Web サイトで追加します。 詳細については 『Red Hat Network チャンネル管理ガイド』 を参照してください。