4.4. インストール後

次のセクションではインストール後の設定に関する注意点を簡単に説明します。

4.4.1. HTTP プロキシの内側でインストール: 設定後

インストールが完了したら、 /etc/rhn/rhn.conf ファイル内の設定を以下のように変更します。
server.satellite.http_proxy = <http-proxy-fqdn>
server.satellite.http_proxy_username = <proxy-username>
server.satellite.http_proxy_password = <proxy-password>

disconnected=0
また、 親パラメーターの satellite.rhn.redhat.com を含ませるよう /etc/rhn/rhn.conf ファイルも更新する必要があります。
server.satellite.rhn_parent = satellite.rhn.redhat.com

注記

代わりに Red Hat Network Satellite web インターフェースを使用する場合は、 管理者 の特権を持つユーザーとしてログインします。 管理Red Hat Network Satellite 設定全般 に行きます。 ここに HTTP プロキシの設定を入力し、 分離モードの Red Hat Network Satellite オプションを切り替えます。
Satellite のサービスを再起動します。
service rhn-satellite restart
接続モードの Satellite として再度アクティベートを行います。
rhn-satellite-activate --rhn-cert=<path-to-cert>
これで、 HTTP プロキシの内側で機能する接続モードの Red Hat Network Satellite が作成されました。