4.4.7. MTA (Message Transfer Agent) 設定

Red Hat Network Satellite で Monitoring エンタイトルメントを有するシステムを管理し、 送られる警告通知に対してメールで受信確認を行いたい場合は、 受信メールを正しく処理するよう MTA を設定する必要があります。 この設定は電子メールリダイレクト機能で必要となります。 この機能により 1 回の返信でユーザーへの Monitoring 関連のイベントの通知を停止することができるようになります。

4.4.7.1. Sendmail

sendmail を正しく設定するには、 次のコマンドを root で実行します。
  1. 次のコマンドを使って、 シンボリックリンクを作成し sendmail によって通知の enqueuer を実行できるようにします。
    # ln -s /usr/bin/ack_enqueuer.pl /etc/smrsh/.
    
  2. メールサーバーにある /etc/aliases ファイルを編集して次の行を追加します。
    rogerthat01: | /etc/smrsh/ack_enqueuer.pl
    
  3. /etc/mail/sendmail.mc ファイルを編集して次のように変更します。
    "DAEMON_OPTIONS(`Port=smtp,Addr=127.0.0.1, Name=MTA')dnl"
    
    これを以下のように変更します。
    "DAEMON_OPTIONS(`Port=smtp, Name=MTA')dnl"
    
  4. 次のコマンドでエイリアスを処理します。
    # newaliases
    
  5. sendmail-cf パッケージを更新します。
    # yum update sendmail-cf
    
  6. sendmail を再起動します。
    # service sendmail restart