4.2.3. HTTP プロキシの内側でインストール: 事前設定

Red Hat Network Satellite は rhn.conf を使用して接続の設定を制御するため、Red Hat Network Satellite のインストール前にはこのファイルにオプションを追加する手段がありません。 ご使用のネットワークが組織の HTTP プロキシの内側にある場合、 インストール時には Red Hat Network Satellite のアクティベートは行えません。 この問題の回避策として、 まず分離モードで Red Hat Network Satellite のインストールを実行してから、 インストールが完了した後でその設定を接続モードに切り替えます。 HTTP プロキシの内側で接続モードの Red Hat Network Satellite インストールを作成する方法を以下に説明します。

手順4.4 HTTP Proxy の内側で Satellite をインストールする - 事前設定

  1. Red Hat Enterprise Linux 5 または 6 の最小限でのインストールを完了させます。
  2. HTTP プロキシの内側で Red Hat Network に接続できるようにシステムの設定を行います。 /etc/sysconfig/rhn/up2date のファイルを以下のように編集します。
    enableProxy=1
    enableProxyAuth=1
    httpProxy=<http-proxy-fqdn>
    proxyUser=<proxy-username>
    proxyPassword=<proxy-password>
    
  3. システムを Red Hat Network に登録します。
  4. disconnected のオプションを使って Red Hat Network Satellite のインストールを開始します。
    ./install.pl --disconnected