7.5. 組織単位の同期

satellite-sync ツールを使用することで任意の組織にコンテンツのインポートができるようになります。 インポートはローカルの同期、 または Red Hat Network Hosted や別の Satellite を使ったリモートの同期いずれでも可能です。
orgid に関するコンテンツのインポートを可能にするのが Satellite 同期の目的です。 対象となる利用者のタイプは 2 通りで、 まず分離モードで Satellite を使用していて組織を複数持つ利用者です。 利用者のコンテンツソースは主にチャンネルダンプから取得するか、 または一旦接続モードの Satellite からエクスポートしてから該当の Satellite にインポートするかのいずれかです。 利用者は主に分離モードの Satellite でカスタムのチャンネルを提供しています。 カスタムチャンネルを接続モードの Satellite からエクスポートしたい場合、 組織的な同期でこれを行うことができます。
2 つめのタイプの利用者は、 接続モードの Satellite を使用していて組織を複数持つ利用者です。 複数の組織間でのコンテンツ移動手段として動作します。
組織単位での同期には、 ソースとなる組織との整合性を維持するため従うべきルールがいくつかあります。
  • ソースコンテンツがベース組織に属する場合 (Red Hat コンテンツ)、同期先の組織を指定した場合でもそのコンテンツの所属はデフォルトでベース組織に設定されます。 このため、 指定コンテンツの所有権は常にそのコンテンツを有するベース組織に留まるようにします。
  • コマンドラインで組織を指定するとその組織からコンテンツをインポートします。
  • 組織を指定しないとデフォルトの org 1 からコンテンツをインポートします。
3 通りの例を以下に示します。 Satellite 間の同期には組織の ID (orgid) が使用されています。

例7.1 マスターからスレーブの Satellite にコンテンツをインポートします。

# satellite-sync --parent-sat=master.satellite.domain.com -c channel-name --orgid=2

例7.2 特定の組織のエクスポートダンプからコンテンツをインポートします。

# satellite-sync -m /dump -c channel-name --orgid=2

例7.3 Red Hat Network Hosted からコンテンツをインポートします。

# satellite-sync -c channel-name