6.2.2. ローカルのメディアからのインポート

上述のユーザーによる /var/rhn-sat-import への全データのコピーが完了したと仮定し、 次に進みます。
  1. インポート可能なチャンネルを一覧表示します。
    # satellite-sync --list-channels --mount-point /var/rhn-sat-import
    
  2. 上記の一覧に記載されているチャンネルラベルを使って目的のチャンネルのインポートを開始します。
    # satellite-sync -c [channel-label] --mount-point /var/rhn-sat-import
    

    注記

    パッケージデータのインポートには 1 チャンネルにつき最長 2 時間ほどかかることがあります。 Red Hat Network Satellite の Web インターフェースにチャンネル名が表示され次第、 システムをそのチャンネルに登録していきます。 登録を行う場合には実際のパッケージは必要ありません。 ただし、 チャンネルの取り込みが完全に終了するまでは Satellite からの更新の取得はできません。
  3. チャンネルごとに同じステップを繰り返し行います。 あるいは、 以下のように各チャンネルラベル名の先頭に -cフラグを付けて全チャンネルをひとつのコマンドに一度に渡してしまうこともできます。
    # satellite-sync -c [channel-label-1] -c [channel-label-2] --mount-point /var/rhn-sat-import
    
前述のコマンドを実行すると、 チャンネルの取り込みが完了するはずです。 リポジトリから全パッケージが移動されているはずです。 次のコマンドで確認します。
# cd /var/rhn-sat-import/; ls -alR | grep rpm
RPM のインストールがすべて完了し恒久的な格納場所に移動されると、 上記のコマンドで返される数値がゼロになります。 これで /var/rhn-sat-import/ の一時リポジトリは安全に削除することができるようになりました。