3.3. Satellite とプロキシを垂直に階層化したトポロジー

負荷分散の代替手段として複数の Red Hat Network Proxy サーバーをひとつの Red Hat Network Satellite の配下にインストールします。これらのプロキシは、 Satellite に接続して Red Hat Network からの RPM やローカルに作成したカスタムのパッケージを取得します。 要するに、 複数のプロキシが Satellite のクライアントとして動作します。
この垂直に並べた構成では、 RPM およびチャンネルの作成は Red Hat Network Satellite 上のみに限られます。 この場合、 プロキシは中央の場所からパッケージを継承して提供を行うことになります。 詳細については、 『Red Hat Network チャンネル管理ガイド』 を参照してください。
同様に、 Satellite のクライアントとなるプロキシの SSL 証明書を作成すると共に、 プロキシがクライアントシステムにサービスを提供するよう設定します。 手順については 『Red Hat Network クライアント設定ガイド』 に記載されています。
Satellite とプロキシを垂直に階層化したトポロジー

図3.3 Satellite とプロキシを垂直に階層化したトポロジー