6.2. ローカルのメディアを使用した同期

Red Hat Network Web サイトから直接インポートを行うことも可能ですが、 チャンネルコンテンツ ISO が使用できない場合に限ってください。 最初からインターネット経由でチャンネルを取り込むと非常に時間がかかります。 このような理由から、 ISO が使用できるのであればそれを使用してはじめてのインポートを行うことを強く推奨しています。

6.2.1. ローカルメディアからのインポートの準備

メタデータの XML ダンプとパッケージの両方を含んでいる特殊な ISO の集合がチャンネルコンテンツ ISO です。 ISO イメージはインターネット接続したマシンで Red Hat Network Web サイトに行き、 そこからまずダウンロードした後、 Satellite に転送します。

手順6.1 チャンネルコンテンツ ISO の取得

  1. Web ユーザーインターフェースにログインします。
  2. 上部ナビゲーションバーにある チャンネル をクリックします。
  3. Red Hat Network Satellite チャンネルをクリックします。 使用している Satellite バージョンに該当する Satellite チャンネルを選択するよう注意してください。
  4. ダウンロード タブをクリックし、 そのページに記載された説明をよく読んで Red Hat Enterprise Linux バージョンで使用できるチャンネルコンテンツ ISO を取得します。
  5. 目的のチャンネルコンテンツ ISO が表示されない場合は、 Red Hat Network エンタイトルメント証明書が Red Hat Network にアップロードされ、 目的としているチャンネルを正しく識別しているか確認してください。
次の手順を行うと、 チャンネルコンテンツ ISO がマウントされ一時リポジトリのディレクトリにコピーが開始されます。

手順6.2 チャンネルコンテンツ ISO のマウントとコピー

  1. マシンに root としてログインします。
  2. 次のコマンドで、ファイルを格納するためのディレクトリを /mnt/ 内に作成します。
    # mkdir /mnt/import/
    
  3. 次のコマンドを使って ISO ファイルをマウントします。
    # mount [iso_filename] /mnt/import -o loop
    
  4. このファイル用のディレクトリを作成します。
    # mkdir /var/rhn-sat-import/
    
  5. 以下のコマンド例では、 ISO のコンテンツ (/mnt/import/ にマウントされている) を /var/rhn-sat-import/ にコピーしようとしています。
    # cp -ruv /mnt/import/* /var/rhn-sat-import/
    
  6. 次の ISO を準備するため /mnt/import をアンマウントします。
    # umount /mnt/import
    
  7. この手順をインポートする全チャンネルの各チャンネルコンテンツ ISO ごとに繰り返します。