第1章 はじめに

本ガイドでは、 インストール、 設定、 Red Hat Network への接続、 サブスクリプション管理、 コンテンツ同期など Red Hat Network Satellite サーバーのインストールについて詳しく説明していきます。

1.1. Red Hat Network Satellite について

Red Hat Network とは、 Red Hat システム群およびそのネットワークをシステムレベルでサポート、 管理する環境を指します。 Red Hat Network には信頼性や安全性、 システムの性能などを最大限に確保するため必要となるツール、 サービス、 情報リポジトリなどが統合されています。 システム管理者の方々は、 Red Hat Network を使用してクライアントシステム群のソフトウェアおよびハードウェアのプロファイル登録を行います。 こうしたプロファイルは システムプロファイル と呼ばれます。 クライアントシステムによりパッケージの更新が求められると、 Red Hat Network は Red Hat Network サーバーに格納しているプロファイルに応じてクライアントに適用できるパッケージのみを返します。
Red Hat Network Satellite では、 Red Hat Network の利点をパブリックとなるインターネットにアクセスせずにサーバーやクライアントシステムに提供することができます。 また、 Red Hat Network Satellite のユーザーには次のような利点も提供されます。
  • 企業や組織独自のネットワーク内でプライバシーを保護し完全な制御性を維持しながら、 パッケージ管理やサーバーのメンテナンスが可能になります。
  • Satellite サーバーにシステムのプロファイルを格納し、 ローカルの Web サーバー経由で Red Hat Network web サイトに接続することができます。
  • エラータの更新などパッケージの管理作業をローカルエリアネットワーク (LAN) で行うことができます。
このように、 Red Hat Network ご利用のお客様にはサーバーの安全性を確保しながら最新の状態を保てるよう最大の柔軟性と機能性を提供しています。
Red Hat Network Satellite には 2 タイプあります。
  • スタンドアローンのデータベース — 別のマシンに搭載したスタンドアローンのデータベースと動作させるタイプ
  • 組み込みのデータベース — Satellite と同じマシンにインストールしている組み込みのデータベースと動作させるタイプ
本ガイドでは、 両方のタイプのインストール方法について解説しています。
この2 タイプの Red Hat Network Satellite は機能的には似ていますが、 異なる点がいくつかあります。 相違は主にハードウェア要件、 インストールの手順、 アクティビティの管理、 またトラブルシューティングの際の手順のいくつかに限られます。 本ガイドでは、 相違する場合には スタンドアローンのデータベース または 組み込みのデータベース のいずれであるかを明示して、2 種類の Satellite タイプの相違点を明確にしています。