第3章 トポロジーの例

Red Hat Network Satellite の設定方法は数通りあります。 次のような要因に応じてその方法を選択します。
  • Red Hat Network Satellite に管理させるクライアントシステムの合計数
  • Red Hat Network Satellite に 同時に 接続する可能性があるクライアントの最大数
  • Red Hat Network Satellite に管理させるカスタムのパッケージ数とチャンネル数
  • カスタムな環境で使用する Red Hat Network Satellite の数
  • カスタムな環境で使用する Red Hat Network Proxy サーバーの数
ここからは可能な構成を示しながらその利点について説明していきます。

3.1. 単一の Satellite トポロジー

最もシンプルな構成は、単一の Red Hat Network Satellite を使用してネットワーク全体を管理することです。 この構成は中規模サイズのクライアントグループとネットワークを管理する場合に適しています。
単一の Red Hat Network Satellite を使用する上での短所は、 パッケージを要求するクライアント数が増えるにつれてパフォーマンスが低下することです。
単一の Satellite トポロジー

図3.1 単一の Satellite トポロジー