第6章 コンテンツと同期

これで Red Hat Network Satellite サーバーがインストールされました。 次の手順では、 クライアントシステム管理用のパッケージやチャンネルを Satellite に与えます。 本章では、 コンテンツのインポートおよびコンテンツを常に最新に保つ方法について説明していきます。
まず次の前提条件を満たしているか確認してから、 Red Hat Network Satellite の同期を行います。
  • Red Hat Network Satellite のインストールが正常に完了していなければなりません。
  • Red Hat Network チャンネルコンテンツ ISO または Red Hat Network Satellite Exporter のデータが利用できる状態になっていなければなりません。 あるいは、 Satellite からインターネットや Red Hat Network Web サイトにアクセスできなければなりません。

6.1. Red Hat Network Satellite Synchronization Tool (同期ツール)

Red Hat Network Satellite Synchronization Tool (satellite-sync) を使用すると Red Hat Network Satellite からメタデータや RPM パッケージの更新を各種のソースを使って行うことができます。

重要

satellite-sync を実行すると、 特に新たにインストールした Satellite サーバーには大量のデータがインポートされます。 大量のデータの変更後にデータベースでパフォーマンス上の問題が発生する場合は、 データベースの統計情報の収集を検討してみてください。 詳細については、 RHN DB Control の使い方」 を参照してください。
Red Hat Network Satellite Synchronization Tool を起動するには、次のコマンドを root で実行します。
# satellite-sync
Red Hat Network Satellite Synchronization Tool は徐々に増分する形で動作します。 この同期ツールにエラータ情報を取得させる場合は、 まず含まれているパッケージを認識させておく必要があります。 パッケージを更新する場合は、 関連チャンネルを識別できなければなりません。 このため、 Red Hat Network Satellite Synchronization Tool は次の順序で動作していきます。
  1. channel-families — チャンネルファミリー (アーキテクチャ) のデータをインポートまたは同期します。
  2. channels — チャンネルのデータをインポートまたは同期します。
  3. rpms — RPM をインポートまたは同期します。
  4. packages — 取得に成功した RPM の全パッケージデータをインポートまたは同期します。
  5. errata — エラータ情報をインポートまたは同期します。
テスト目的で各ステップを個別に開始させ、 そのステップが完了したらツールを強制的に停止させることができます。 ただし、 そのステップより順序が先になるステップも行われることになります。 したがって、 rpms のステップを呼び出すと自動的に channelschannel-families のステップが先に実行されることになります。 ステップを個別に開始する場合は --step オプションを使います。
# satellite-sync --step=rpms
Red Hat Network Satellite Synchronization Tool には、 --step 以外にも他のコマンドラインオプションがあります。 これらのコマンドラインオプションを使用するには、 インポートや同期を起動する時、 satellite-sync コマンドの後にオプションとその値を挿入します。

表6.1 satellite-sync のオプション

オプション 説明
-h--help このオプション一覧を表示して終了します。
-d=--db=DB 代わりのデータベース接続文字列を与えます (username/password@SID)。
-m=--mount-point=MOUNT_POINT Satellite にマウントしたローカルのメディアからインポートまたは同期を行います。 閉じられた環境 (分離モードでのインストール中に作成された環境など) で使用してください。
--list-channels 利用できるすべてのチャンネルを一覧表示して終了します。
-c CHANNEL, --channel=CHANNEL_LABEL 指定したチャンネルのデータのみを処理します。 オプションを繰り返すことによって、 複数のチャンネルを指定することができます。 チャンネルの指定がないと、 すべてのチャンネルが更新されます。
-p, --print-configuration 現在の設定を表示して終了します。
--no-ssl お勧めできません - SSL をオフにします。
--step=STEP_NAME 指定した手順に対する同期プロセスしか実行しません。一般的にはテスト用に使用されます。
--no-rpms 実際の RPM を取得しません。
--no-packages パッケージの全データを処理しません。
--no-errata エラータ情報を処理しません。
--no-kickstarts キックスタートデータを処理しません (プロビジョニングのみ)。
--force-all-packages diff を行わずにすべてのパッケージデータを強制的に処理します。
--debug-level=LEVEL_NUMBER ログファイルに送信され /etc/rhn/rhn.conf で設定されている画面で生成されるメッセージング量を上書きします、 (0 から 6 の間、 デフォルトは 2)。
--email 行われたインポートまたは同期の内容をレポートとしてトレースバックメールの指定受け取り人にメール送信します。
--traceback-mail=TRACEBACK_MAIL 同期の出力 (--email からの) をこのメールアドレス宛にします。
-s=--server=SERVER 同期のため接続する代替サーバーのホスト名を指定します。
--http-proxy=HTTP_PROXY 代替の HTTP プロキシサーバーを hostname:port の形式で追加します。
--http-proxy-username=PROXY_USERNAME 代替の HTTP プロキシサーバーのユーザー名を指定します。
--http-proxy-password=PROXY_PASSWORD 代替の HTTP プロキシサーバーのパスワードを指定します。
--ca-cert=CA_CERT 代替の SSL CA 証明書を使用します、 フルパスとファイル名で指定します。
--systemid=SYSTEM_ID デバッグ専用 - 代替のデジタルシステム ID へのパスを指定します。
--batch-size=BATCH_SIZE デバッグ専用 - XMLまたはデータベースのインポート処理の最大バッチサイズをパーセントで設定します。 詳細については man satellite-sync をご覧ください。