6.2.2. RHN Push アプリケーションを使用する

注記

システムでパッケージを取得するにはチャンネルが必要になるため、 カスタムのパッケージをアップロードする前にそのパッケージを受け取るプライベートチャンネルを少なくとも 1 つ作成します。
次のコマンドでパッケージヘッダーを RHN Satellite Server にアップロードし、 パッケージを RHN Satellite Server のパッケージリポジトリにコピーします。
rhnpush -c label_of_private_channelpkg-list
コマンドライン上でオプションと値を指定すると RHN Push 設定ファイル内の設定を上書きすることができます。
rhnpush -c label_of_private_channel --server localhost pkg-list
label_of_private_channel はこれらのパッケージ受信用に作成されたカスタムチャンネルです。 作成時に指定した正確なチャンネルラベルを必ず使用してください。チャンネルをひとつまたは複数指定している場合は (-c または --channel を使用)、アップロードしたパッケージのヘッダーは指定した全チャンネルにリンクされます。チャンネルを指定しないと、パッケージは パッケージの管理 ページの チャンネルがありません のセクションに置かれます。パッケージを再割り当てする方法については 「パッケージをソフトウェアチャンネルに割り当てる」 を参照してください。
--server オプションはパッケージのインストール先となるサーバーを指定するため必須となります。 RHN Push は外部のシステムにインストールしても構いませんが、 RHN Push は RHN Satellite Server 上でローカルに実行することをお勧めします。
pkg-list 参照はアップロードするパッケージの一覧を表示します。 別の方法として、 -d オプションを使用してチャンネルに追加するパッケージを含むローカルのディレクトリを指定することもできます。 RHN Push は標準入力からパッケージ一覧も読み込むこともできます (--stdin を使用)。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。