2.4. ツール、リポジトリ、プラクティス

チャンネルを作成、管理する前に、 ユーザーが使用できる各種ツールやリポジトリの違いについて注意が必要です。 特に RHN Satellite Server と RHN Proxy Server の両方を導入する場合は、 使用できるユーティリティや収納場所が増大するため重要となります。 また、 Proxy-Satellite の組み合わせにより最適なパフォーマンスを得るためのベストプラクティスを実現します。
まずパッケージ管理ツールについて理解を深めてください。
  • RHN Package Manager - RHN Proxy Server でカスタムのチャンネルにカスタムのパッケージをプッシュするために使用します。
  • RHN Push - RHN Satellite Server でカスタムのチャンネルにカスタムのパッケージをプッシュするために使用します。
  • RHN Satellite Synchronization Tool - これを使用して標準パッケージを Red Hat Network から RHN Satellite Server にインポートし Red Hat Network と同期します。 インターネットまたは CD-ROM 経由で行います。
各ツールには対応するパッケージレポジトリがそれぞれあります。 RHN Package ManagerRHN Push のいずれにも Proxy か Satellite にアップロードするカスタムのパッケージの場所として一時的なステージングディレクトリを作成する必要があります。 このステージングディレクトリは使用後、 削除する必要があります。

注記

Red Hat ではカスタムのパッケージを Red Hat Network の外側にアーカイブすることを推奨しています。
RHN Proxy Server と RHN Satellite Server の両方を使用している場合は RHN PushRHN Satellite Synchronization Tool のみを使用してください。 Proxy-Satellite の組み合わせの場合は、 カスタムのパッケージングとチャンネルを Satellite にのみ アップロードする必要があります。 Proxy はここからパッケージを取得してクライアントのシステム群に配信します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。