2.2. チャンネルをサブスクライブする

システムを次の手順でチャンネルにサブスクライブさせます。
  • アクティベーションキーを使って登録 — アクティベーションキーを使用する方法が簡潔で早いため RHN Proxy Server や RHN Satellite Server いずれかのクライアントとしてシステムを登録する場合には適した方法になります。アクティベーションキーを使用して登録されたシステムはそのアクティベーションキーに関連付けられたすべてのチャンネルにサブスクライブされます。アクティベーションキーに関しては 『Red Hat Network Client Configuration Guide』 または 『Red Hat Network Reference Guide』 をご覧ください。
  • 登録のインストール — Red Hat Update Agent または Red Hat Network Registration Client のいずれかで初めてシステムを登録すると、 そのシステムの Red Hat Enterprise Linux バージョンに応じたベースチャンネルが自動的に割り当てられます。 そのデフォルトのベースチャンネルは一度システムの登録を完了させると RHN Web サイトでシステム単位にプライベートベースチャンネルに変更することができます。 また、 カスタムチャンネルに関連付けしたアクティベーションキーを持たせることもできます。 これらのキーで登録したシステムは自動的にそのカスタムチャンネルに関連付けられることになります。 これらのアプリケーションの使い方についてはエンタイトルメントレベル (Management または Provisioning) 用の 『RHN リファレンスガイド』 の該当章を参照してください。
  • Web サイトのサブスクリプション — そのシステムのベースチャンネルに応じて各種の子チャンネルがサブスクライブできます。 RHN Web サイトからシステムを子チャンネルにサブスクライブさせることができます。 独自のベースチャンネルを作成している場合も Web サイトからカスタムのチャンネルに再割り当てすることができます。オンラインでのチャンネルのサブスクライブについては 『RHN リファレンスガイド』 の Red Hat Network Web サイトの章を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。