5.5. エラータのクローンを作成する

RHN Satellite Server の一部としてエラータの複製をクローン作成し配信することができます。クローン作成できるのはいずれかのチャンネルに適用できる可能性あるエラータのみです。 エラータを適用しているチャンネルからクローンチャンネルを作成した場合、 エラータはそのチャンネルに対して適用可能となります。エラータのクローン作成機能にアクセスするには、上部ナビゲーションバーの エラータ をクリックし左側のナビゲーションバーの エラータのクローン作成 をクリックします。このボタンは RHN Satellite Server ご利用のユーザーにしか表示されません。
エラータのクローン作成 ページに行き、表示 のドロップダウンメニューからエラータを含むチャンネルを選択して 表示 をクリックします。エラータ一覧が表示されたらクローン作成するエラータのチェックボックスを選択して エラータのクローン作成 をクリックします。エラータの一覧が記載された確認ページが表示されます。確認 をクリックしてクローンの作成を終了します。
クローンのエラータは未発行のエラータ一覧に表示されます。 ここでエラータのテキストや関連付けられているパッケージを確認することができます。 準備が整ったらそのエラータを発行して該当するユーザーから使用できるようにします。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。