第4章 カスタムチャンネルとパッケージの管理

特定の組織や企業用に構築され保守が行われるパッケージの導入を管理者が Red Hat Network のインフラストラクチャを利用して行えるようにするのがカスタムのチャンネルです。チャンネルやパッケージの管理作業はすべて RHN Web サイトの チャンネル タブで行います。使用方法については 『RHN リファレンスガイド』 にある RHN Web サイトの章をあわせてご覧ください。

注記

実稼働環境にテストを行っていないパッケージを導入すると問題が発生する可能性があるため、 Red Hat はステージング用に使用できる選択システムを対象とするベータチャンネルの作成を推奨しています。
例えば、 カスタムパッケージセットを受け取る Web サーバーのシステムグループがあるとします。 まずシステムを代表する重要性の低いサブセットにパッケージをインストールできるよう一時的なチャンネルを作成します。 このサーバーは 実際に稼働中のライブシステムではなく、 開発用またはステージング用のサーバーにします。 一時的なチャンネルは 「ソフトウェアチャンネルを削除する」 にある手順に従いその後削除します。

4.1. チャンネル管理の特権

チャンネル管理の作業を行うには チャンネル管理者 として正しいパーミッションを取得している必要があります。 パーミッションは Red Hat Network Web サイトで変更することができます。 パーミッションは最上位レベルの管理者となる Organization Administrator によってユーザーに割り当てられます。 チャンネル管理者の特権は次のように割り当てます。
  1. Organization Administrator として Red Hat Network Web サイトにログインします。
  2. 上部ナビゲーションバーで ユーザー タブをクリックしてチャンネル管理の機能を使用するユーザー名をクリックします。
  3. ユーザーの詳細 ページで ロール セクションまでスクロールして チャンネル管理者 のラベルが付いたチェックボックスを選択します。 ページ下部にある サブミット (Submit) をクリックします。 Organization Administrator には自動的にチャンネル管理者の特権が与えられています。
  4. このユーザーに Red Hat Network Web サイトにログインしてもらいます。 上部ナビゲーションバーの チャンネル タブをクリックして ソフトウェアチャンネルの管理 ボタンが左側のナビゲーションバーに表示されることを確認してもらいます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。