Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat JBoss Operations Network

6.3. エージェントのサイレントインストール

すべてのエージェント設定が agent-configuration.xml ファイルに書き込まれ、ロードされます。インストール時に、事前定義されたパラメーターや、環境固有で提供する必要のあるパラメーターがいくつかあります。エージェントの設定では、この環境またはインスタンス固有の情報を要求します。
ただし、エージェントを初めて実行する前に、必要な情報を提供することが可能です。必要な情報がすべて提供されるため、エージェントはその情報を要求せず、単に起動します。
  1. agent-configuration.xml ファイルを作業ディレクトリーにコピーします。例:
    [jsmith@server ~]$ cp agentRoot/rhq-agent/conf/agent-configuration.xml /tmp/files/
  2. (必要な場合)コメントを解除し、希望するエージェントパラメーターを編集します。
    エージェントパラメーター(SSL 接続およびその他の高度な設定など)は、で定義でき agent-configuration.xmlます。少なくとも、エージェントとサーバーのエントリーキー 表6.3「エージェントセットアップ用の設定ファイルキー」 をファイルに設定する必要があります。
    [jsmith@server ~]$ vim /tmp/files/agent-configuration.xml
    
    ...
    <!-- agent properties -->
    <entry key="rhq.agent.name" value="agent.example.com"/>
    <entry key="rhq.communications.connector.bind-address"     value="255.255.255.1" />
    <entry key="rhq.communications.connector.bind-port"        value="16163" />
    
    <!-- server properties -->
    <entry key="rhq.agent.server.bind-address"     value="255.255.255.0" />
    <entry key="rhq.agent.server.bind-port"        value="7080" />
    <entry key="rhq.agent.disable-native-system" value="false"/>
    ...
  3. エージェントが初期設定としてロードする true ように rhq.agent.configuration-setup-flag キーを設定します。
    <entry key="rhq.agent.configuration-setup-flag" value="true" />
  4. --config option> で編集した設定ファイルを指定して、エージェントを起動します。
    [jbossadmin@server !]$ agentRoot/rhq-agent/bin/rhq-agent.sh --config /tmp/files/agent-configuration.xml

表6.3 エージェントセットアップ用の設定ファイルキー

インストーラーのプロンプトテキスト キー名 description
  rhq.agent.configuration-setup-flag エージェント設定がすでに設定ファイルにあることをインストーラーに指示します。これは、インストーラーが設定ファイルを読み込む true ために設定する必要があります。
[agent Name] rhq.agent.name サーバーにエージェントを識別する一意の名前を指定します。
[agent Hostname or IP アドレス] rhq.communications.connector.bind-address サーバーがエージェントへの接続に使用するホスト名または IP アドレスを指定します。この <entry> 行は、設定する前にコメント解除しなければならない場合があります。
[agent Port] rhq.communications.connector.bind-port エージェントとの通信に使用するサーバーのポートを指定します。ほとんどの場合、デフォルト(16163)を使用できます。
[RHQ Server Hostname or IP Address] rhq.agent.server.bind-address エージェントがそれ自体を登録するためにサーバーに接続するために使用するホスト名または IP アドレスを指定します。これがホスト名の場合には、エージェントが解決できる必要があります。
[RHQ Server Port] rhq.agent.server.bind-port サーバーとの通信に使用するエージェントのポートを指定します。サーバーがデフォルト値で設定されている場合は、デフォルト値(7080)を使用できます。
ネイティブ rhq.agent.disable-native-system エージェントが使用する JNI ライブラリーを有効にします。これにより、エージェントは、システムネイティブライブラリーを使用して、一部のタイプのリソースを検出および管理できるようになります。