Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat JBoss Operations Network

4.4. 3.2 サーバー、ストレージノード、およびサーバープラグインのアップグレード

これらのアップグレード手順の一部は、Red Hat JBoss Operations Network のすべてのインストールには適用されません。各手順を実行して、特定のデプロイメントに必要なステップを実行します。

手順4.1 アップグレードに向けて現在のインストールの準備

  1. サーバー マシンで実行している JBoss ON エージェントを停止します。
    [jsmith@server ~]# serverRoot/jon-server-3.2.0.GA/bin/rhqctl stop --agent
    サーバーとインストールされたエージェントは JBoss ON サーバーで更新する必要があります。サーバーがアップグレードされると、その他すべてのエージェントが自動的に更新されます。
  2. Windows のみ。RHQ_AGENT_RUN_AS または RHQ_AGENT_RUN_AS_ME パラメーターがエージェントの rhq-agent-env.bat ファイルに設定されている場合は、パスワードが必要で、パスワードプロンプトを無効にする必要があります。
    RHQ_AGENT_PASSWORD=secret
    RHQ_AGENT_PASSWORD_PROMPT=false
    重要
    RHQ_AGENT_RUN_AS* パラメーターのいずれかがパスワードなしで設定されている場合、エージェントのアップグレードプロセスはハングします。
    RHQ_AGENT_RUN_AS* パラメーターはアップグレード前に削除できます。
  3. JBoss ON インベントリーをクリーンアップします。移行の前に設定を簡単にクリーンアップすることは、移行後よりも簡単です。
    • インベントリーから未使用またはサービス外のプラットフォームを削除します。
    • 古い JBoss ON サーバーが JBoss ON インベントリーに追加されている場合は、削除します。
      古い JBoss ON サーバーは使用可能なリソースではないため、インベントリーから削除する必要があります。
  4. すべてのサーバーおよびストレージノードを停止します。
    アップグレード中の JBoss ON サーバー と、現在クラウドで稼働し ている JBoss ON インスタンスを停止します。
    重要
    アップグレードされた JBoss ON サーバーが既存の JBoss ON インスタンスも使用しているデータベースを使用する場合は、既存の JBoss ON インスタンスをすべて停止する必要があります。それ以外の場合は、データベースへの接続を試みるとインストーラーがハングし、別の JBoss ON サーバーが使用中であるためデータベースが利用できない状態になります。
    [jsmith@server ~]# serverRoot/jon-server-3.2.0.GA/bin/rhqctl stop
  5. アップグレードスクリプトを実行する前に、サーバーデータベースと関連 rhq-data ディレクトリーをバックアップします。
    アップグレードプロセスで問題が発生した場合、これらのバックアップでは JBoss ON を以前の状態に復元できます。
    警告
    アップグレード後に JBoss ON サーバーを以前のバージョンに戻すことはできません。
    • データベースのバックアップを作成します。
    • 各 rhq-storage ノードの rhq-data ディレクトリーをバックアップします。
    JBoss ON インストールのこれらの部分をバックアップすると、以前の環境に復元できます。

手順4.2 各スタンドアロンストレージノードのアップグレード

サーバーをアップグレードする前に、各スタンドアロンストレージノードをアップグレードします。
  1. ストレージノードおよびエージェントのすべての 3.2 プロセスを停止します。
    [jsmith@server ~]# serverRoot/jon-server-3.2.0.GA/bin/rhqctl stop
  2. サーバーパッケージの展開
    [jsmith@server ~]# unzip jon-server-3.3.2.GA.zip -d serverRoot/jon-server-3.3.2.GA
    重要
    以前のサーバーインストールには、新しいサーバーインストールはコピーしないでください。
    アップグレード中に使用されている既存の JBoss ON インストールディレクトリーは削除しないでください。古い rhq-server.properties ファイルを新しい rhq-server.properties ファイルに rhqctl upgrade マージします。
    server パッケージ内のディレクトリー構造により、新しいサーバーインストールディレクトリーにのようなバージョン固有の名前を指定し /opt/jon/jon-server-3.3.2.GAます。
  3. すべての Database プロパティーが serverRoot /jon-server-3.2.0.GA/bin/rhq-server.properties に正しく設定されていることを確認します。必要な 「プロパティーファイルの属性」 データベースプロパティーはを参照してください。
  4. アップグレードスクリプトを実行します。
    [jsmith@server ~]# serverRoot/jon-server-3.3.2.GA/bin/rhqctl upgrade --from-server-dir serverRoot/jon-server-3.2.0.GA
    注記
    ストレージノードが同じシステムにある場合、そのストレージノードで JBoss ON サーバーにアップグレード upgrade されます。スタンドアロン(JBoss ON サーバーと共存しないストレージノード)には、個別のアップグレードが必要です。

手順4.3 各サーバーをアップグレード

  1. rhq-server.sh または rhq-server-wrapper.conf ファイルをカスタマイズした場合は、これらのファイルをバックアップします。これらのファイルに加えられた変更は、アップグレードスクリプトの実行後に手動で再適用する必要があります。
  2. upgrade サブコマンドで rhqctl スクリプトを実行します。例:
    [jsmith@server ~]# ./serverRoot/jon-server-3.3.2.GA/bin/rhqctl upgrade --from-server-dir /opt/rhq/rhq-server-old --from-agent-dir /home/rhq/rhq-agent-old
    移行するサーバーを特定するには、--from-server-dir オプションが必要です。
  3. アップグレード前のサーバーのコピーに対してアップグレードされた rhq-server.properties ファイルをチェックして、編集が適切にマージされたことを確認します。アップグレードプロセスのこのステップで、古いプロパティーファイルが新しいプロパティーファイルに適切にコピーされたことを確認することが推奨されます。
  4. rhq-server.sh または rhq-server-wrapper.conf ファイルをカスタマイズした場合は、変更を再適用します。
  5. 次のステップに進む前に、プラグインパックを個別にダウンロードして展開します。
    特定のニーズに対応するプラグインパック(他のレイヤード Red Hat JBoss Middleware 製品のサポート管理タスクなど)は、コア JBoss ON パッケージとは別のインストールに利用できます。
    エージェントプラグインパック 「基本設定: Microsoft Windows へのサーバーのインストール」 のダウンロード手順は、「基本設定: Linux へのサーバーのインストール」 またはを参照してください。
    各プラグインパックには少なくとも 1 つ(複数の)エージェントプラグインがあります。プラグインの各 zip ファイルには、特定の設定手順が含まれる README.txt ファイルがあります。
    注記
    高可用性セットアップに複数の JBoss ON サーバーがある場合、エージェントプラグインパックは一度だけインストールする必要があります。他のサーバーは、高可用性ポーリングの一部としてプラグインを選択します。
    プラグインファイルは、どこでも展開できます。例:
    [jsmith@server ~]# unzip jon-plugin-pack-agent_plugin_name-3.3.2.GA.zip -d /opt/jon/jon-server-3.3.2.GA

手順4.4 ストレージクラスタースキーマの更新

  1. すべてのストレージノードを起動します。サーバーまたはエージェントは起動しないでください
    [jsmith@server ~]# serverRoot/jon-server-3.3.2.GA/bin/rhqctl start --storage
  2. JBoss ON サーバーシステムで、--storage-schema オプションを 指定して upgrade コマンドを再実行します。このコマンドは、ストレージスキーマの変更をストレージクラスターに伝播するには一度だけ実行する必要があります。
    [jsmith@server ~]# serverRoot/jon-server-3.3.2.GA/bin/rhqctl upgrade --storage-schema

手順4.5 自動更新用に設定されていない各エージェントのアップグレード

  1. をクリック 「JBoss ON エージェントの手動アップグレード」 し、指示に従って各エージェントをアップグレードします。
  2. エージェントのアップグレード手順が完了したら、この手順に戻ります。

手順4.6 アップグレードしたインストールの開始

  1. サーバー、エージェント、およびストレージノードを起動します。
    [jsmith@server ~]# serverRoot/jon-server-3.3.2.GA/bin/rhqctl start
  2. オプション。新しい JBoss ON サーバーをインベントリーのリソースとして追加します。