Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat JBoss Operations Network

第5章 JBoss ON サーバーのアンインストール

Red Hat JBoss Operations Network サーバーとエージェントの両方がアーカイブファイルを抽出するため、サーバーまたはエージェントを削除すると、最終的にこれらのファイルが削除されます。

5.1. 管理システムでのエージェントのアンインストール

5.1.1. Linux(JAR)上のエージェントの削除

注記
この手順では、スタンドアロンエージェントを削除します。JBoss ON サーバーまたはストレージノードでエージェントがインストールされている場合は、rhqctl スクリプトを使用して停止および削除します。
  1. エージェントを停止します。
  2. JBoss ON トポロジーからエージェントを削除します。
    1. JBoss ON UI で、トップメニューの Administration タブをクリックします。
    2. 左側のメニューの Topology セクションで Agents 項目を選択します。
    3. インストール済みエージェントの一覧で、削除するエージェントの行を選択します。
    4. ページ下部の Delete ボタンをクリックします。
    5. エージェントを削除する必要があることを確認します。
  3. 管理システムで、エージェントのインストールディレクトリーを削除します。

5.1.2. エージェント RPM の削除

  1. エージェントサービスを停止します。
    [jsmith@server ~]# service jon-agent stop
  2. JBoss ON トポロジーからエージェントを削除します。
    1. JBoss ON UI で、トップメニューの Administration タブをクリックします。
    2. 左側のメニューの Topology セクションで Agents 項目を選択します。
    3. インストール済みエージェントの一覧で、削除するエージェントの行を選択します。
    4. ページ下部の Delete ボタンをクリックします。
    5. エージェントを削除する必要があることを確認します。
  3. パッケージがを使用してインストールされている場合は yum、を使用 yum してパッケージを削除します。
    [jsmith@server ~]# yum remove jboss-on-agent jboss-on-agent-init
    RPM パッケージがを使用してインストールされている場合は rpmrpm以下を使用してアンインストールします。
    [jsmith@server ~]# rpm -e jboss-on-agent-3.3.2.GA jboss-on-agent-init-3.3.2.GA

5.1.3. Windows でのエージェントの削除

注記
この手順では、スタンドアロンエージェントを削除します。JBoss ON サーバーまたはストレージノードでエージェントがインストールされている場合は、rhqctl スクリプトを使用して停止および削除します。
  1. エージェントを停止します。
  2. JBoss ON トポロジーからエージェントを削除します。
    1. JBoss ON UI で、トップメニューの Administration タブをクリックします。
    2. 左側のメニューの Topology セクションで Agents 項目を選択します。
    3. インストール済みエージェントの一覧で、削除するエージェントの行を選択します。
    4. ページ下部の Delete ボタンをクリックします。
    5. エージェントを削除する必要があることを確認します。
  3. エージェントが Windows サービスとして設定されている場合は、これをサービスとして削除します。
    > rhq-agent.bat remove
  4. エージェントのインストールディレクトリーを削除します。