Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat JBoss Operations Network

6.9. エージェントの起動

エージェントが起動し、エージェントの bin/ ディレクトリー内のスクリプトを使用して実行されます。
注記
JBoss ON サーバーまたはストレージノードでエージェントがインストールされている場合、サーバーの bin/ ディレクトリーの rhqctl スクリプトを使用して管理されます。
管理システムにインストールされるすべてのエージェントは、rhq-agent.sh スクリプトを使用して管理されます。
サーバー起動スクリプト(サーバープロセスが開始され、スクリプトが終了し、エージェントスクリプトは開いたままになります)とは異なり、必要に応じてさらに入力を受け入れるプロンプトが表示されます。(通常は、バックグラウンドでスクリプトを開始してそのまま使用できます。)
/opt/rhq-agent/bin/rhq-agent.sh

RHQ 3.3.0-SNAPSHOT [cda7569] (Tue Apr 13 13:39:16 EDT 2017)
>
ほとんどの場合、JBoss ON エージェントは追加のオプションや設定なしで実行できます。追加の設定オプションは、rhq-agent-env.sh スクリプトファイルを編集するか、スクリプトで -D プロパティー名を使用して設定でき rhq-agent.sh ます。プロパティーファイルと起動スクリプトで設定を変更する方法は、「 『Configuring JBoss ON Servers, Agents, and Storage Nodes』 」を参照してください。
注記
JBoss ON エージェントの起動時にエラーが発生した場合は、でエージェント起動スクリプトを実行して以前のエージェント設定 --cleanconfig を消去し、新規の起動を開始します。