Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat JBoss Operations Network

第4章 JBoss ON サーバーおよびストレージノードのアップグレード

Red Hat JBoss Operations Network のアップグレード手順では、既存の設定およびデータベースで新しい JBoss ON パッケージおよびライブラリーをオーバーレイします。アップグレードの手順は、インストールプロセスと非常に似ています。新しいパッケージをインストールして、同じ設定スクリプトでサーバーを設定する必要があります。違いは、サーバーによって既存のデータベースとデータが再利用され、以前のインストールの設定が保持される点が挙げられます。

4.1. アップグレードに関する注意事項

  • アップグレード後に JBoss ON サーバーを以前のバージョンに戻すことはできません。アップグレードする前に、すべてのデータをバックアップします。
  • サーバーおよびエージェントをアップグレードする際に必要なダウンタイムにより、監視データの損失は最小限に抑えられます。さらに、サーバーがインベントリーに含まれている場合は、JBoss ON サーバーの監視データはすべて失われます。
  • JBoss ON エージェントをアップグレードする前に JBoss ON サーバーをアップグレードする必要があります。
  • エージェントがアップグレードされると、エージェントのディレクトリーにある .sh または .bat 拡張のあるファイルは、新しいエージェントの /bin ディレクトリーにコピーされ /bin ます。
  • JBoss ON サーバーのアップグレードは基本的に古いインスタンスに代わる新しいサーバーインスタンスを作成します。JBoss ON サーバーがインベントリーに追加されている場合、古い JBoss ON サーバーリソースがインベントリーから削除する必要があります。これは、アップグレード後に使用可能なリソースではないためです。アップグレードプロセスが完了したら、JBoss ON サーバーをインベントリーに再度追加し、そのリソースの以前の設定(アラート、スケジュールされた操作、グループメンバーシップなど)をすべて再設定する必要があります。
  • 高アベイラビリティークラウドにある JBoss ON サーバーはすべて、アップグレード時に停止する必要があります。それ以外の場合は、データベースへの接続を試みるとインストーラーがハングし、別の JBoss ON サーバーが使用中であるためデータベースが利用できない状態になります。
  • 以前のサーバーインストールには、新しいサーバーインストールはコピーしないでください。
  • Windows の場合Windows で JBoss ON サーバーをサービスとして設定する場合は、パスワードを設定せずに RHQ_SERVER_RUN_AS パラメーターを設定できました。JBoss ON 3.3 では、RHQ_SERVER_PASSWORD パラメーターに RHQ_SERVER_RUN_AS パラメーターが必要です。
  • Windows の場合JBoss ON を実行している Windows サービス上で Java 実装を 32 ビットから 64 ビットに更新する場合は、その Windows サービスをアンインストールおよび再インストールする必要があります。このプロセスの詳細は、の手順 2 および 3 を参照してください 「サーバーのアンインストール」