Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat JBoss Operations Network

3.10. 高可用性向けの追加のサーバーのインストール

JBoss ON は、同じ SQL データベースバックエンドを使用する複数のサーバーインスタンスを設定することで、高可用性クラウドで実行するように設定できます。すべてのサーバーがバックエンドを共有するため、使用するデータとインベントリーのセットはすべて同じで、すべて同じエージェントと通信します。

エージェントおよびストレージノードを使用した追加のサーバーのインストール

  1. 追加のサーバーは、最初の JBoss ON サーバーインスタンスと同じ SQL データベース情報と共にインストールする必要があります。rhq-server.properties ファイルを編集して、元のインスタンスと同じデータベース設定を使用する必要があります。データベースプロパティーはセクション 3.6.2 に一覧表示され 「プロパティーファイルの属性」 ます。
  2. rhq-server.properties ファイルを編集して、一意の jboss.tx.node.id 値を使用する必要があります。
    重要
    HA 環境のすべての JON サーバーが、一意の jboss.tx.node.id 値を使用するように設定する必要があります。
  3. データベースおよび HA 識別子設定のプロパティーファイルを編集した後、サーバーを通常通りにインストールできます。
    [jsmith@server ~]# serverRoot/jon-server-3.3.2.GA/bin/rhqctl install --start

個別ストレージノードを使用した追加サーバーのインストール

デフォルト install コマンドでは、サーバー、エージェント、およびストレージノードがインストールされている。高可用性のデプロイメントによっては、全サーバーとストレージノードがインストールされない場合があります。この場合は、インストールプロセスの一環として、既存のストレージノードの設定をサーバー設定に追加する必要があります。

  1. 追加のサーバーは、最初の JBoss ON サーバーインスタンスと同じ SQL データベース情報と共にインストールする必要があります。rhq-server.properties ファイルを編集し、元のインスタンスと同じデータベース設定を使用します。データベースプロパティーはセクション 3.6.2 に一覧表示され 「プロパティーファイルの属性」 ます。
  2. rhq-server.properties ファイルを編集して一意の jboss.tx.node.id 値を使用します。
    重要
    同じ HA 環境にあるすべての JON サーバーが一意の jboss.tx.node.id 値を使用するように設定する必要があります。
  3. 元のサーバーマシンで、ストレージノードおよびクライアントおよびノードが使用するゴシップポートの IP アドレスまたはホスト名の Administration >Storage Nodes 一覧を確認します。
  4. 新しいサーバーマシンでサーバーをインストールする前に、rhq-server.properties ファイルを編集してストレージノードの接続情報を追加します。
    rhq.storage.nodes パラメーターに一覧表示されるカンマ区切りの各ストレージノードを追加します。次に、クライアントとゴシップポートの値を追加します。
    [jsmith@server ~]# vim serverRoot/jon-server-3.3.2.GA/bin/rhq-server.properties
    
    rhq.storage.nodes=192.168.0.1,192.168.0.2,192.168.0.3
    rhq.storage.cql-port=9142
    rhq.storage.gossip-port=7100
  5. サーバーとエージェントをインストールします。--server および --agent オプションを指定すると、これら 2 つのコンポーネントのみがインストールされます。ストレージデータベースは除外されます。
    [jsmith@server ~]# serverRoot/jon-server-3.3.2.GA/bin/rhqctl install --server --agent --start