Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat JBoss Operations Network

3.5. Windows へのインストールの準備

3.5.1. JDK の設定

JBoss ON サーバーには Java 6 または Java 7 JDK が必要です。
必要な場合は、適切な Java バージョンを使用するように Windows を設定します。
  1. 必要に応じて適切なバージョンの Java をダウンロードし、インストールします。
  2. を設定します。 JAVA_HOME インストールディレクトリーへの環境変数。例:
    C:\>set JAVA_HOME=C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_29

3.5.2. サービスとして実行する JVM の設定

JBoss ON には、JBoss ON サーバーを Windows サービスとして実行するように設定できるように、Tanuma ソフトウェアの Java サービスラッパーが含まれています。JAVA_HOME、RHQ_JAVA_HOME、または RHQ_JAVA_EXE_FILE_PATH のいずれかが適切な JDK または JRE に設定されていることを確認します。

3.5.3. NTP の設定

マシンクロックを同期します。すべての JBoss ON サーバーおよびエージェントには同期されたクロックが必要です。クロックの変動により、可用性のレポート、メトリック測定、グラフ化、およびリソースをインベントリーに識別してインポートする際に問題が発生します。Network Time Protocol プロジェクトには http://www.ntp.org/、クロックが同期されるように NTP をインストールおよび設定するための情報があります。

3.5.4. DNS の設定

ホストサーバー、ストレージノード、およびエージェントがあるすべてのシステムでは、正引きおよび逆引き DNS マッピングエントリーの両方が存在する必要があります。
すべての IP アドレスには DNS サーバーの対応するエントリーを含めるか、JBoss ON によって管理される各システム、またはサーバーまたはストレージノードをホストする各 /etc/hosts ファイルに対して明示的に定義する必要があります。

3.5.5. ポートの設定

サーバー、エージェント、およびストレージノードのポート上での通信を可能にするようにファイアウォールを設定します。 必要なポートがブロックされている場合は、個々のコンポーネントが相互に通信できなくなります。
デフォルト設定を使用すると、JBoss ON はに記載されたポートを使用し 表3.3「デフォルトの JBoss ON ポート」 ます。

表3.3 デフォルトの JBoss ON ポート

ポート 目的
7080 サーバークライアント通信用の標準 HTTP ポート
7443 セキュアなサーバークライアント通信用の HTTPS ポート
16163 サーバーからのエージェント通信
9142 ストレージクラスターの通信の場合
7299 ストレージノードの JMX 通信の場合
7100 ストレージノードのゴシップ(ノード間の)通信

3.5.6. パス名の選択

サーバーインストールディレクトリーの 完全な パス名が比較的短いことを確認してください。19 文字を超えるパス名により、一部のサーバータスクの実行で問題が発生する可能性があります。のよう C:\jon な場所を使用し C:\Documents and Settings\myusername\jon-serverます。
また、extract all コマンドを使用する場合は注意してください。アーカイブを拡張すると、jon -server-VER.RELEASE/ という名前のディレクトリー(約 20 文字)が自動的に作成されます。extract all (アーカイブを展開するディレクトリーを指定する代わりに)を使用すると、アーカイブ名に展開してサブディレクトリーに展開してディレクトリー名を 2 倍にすることができます(例:) C:\example\jon-server-3.3.2.GA\jon-server-3.3.2.GA。他のツールを使用すると、などのダウンロードディレクトリーにインストールでき C:\Users\Administrator\Downloadsます。
アーカイブを短いトップレベルのディレクトリーに展開して、のインストールディレクトリーを作成 C:\jonすることが推奨され C:\jon\jon-server-3.3.2.GAます。
ファイル名とパス名の Windows 処理については、Windows Dev Center の Web サイトの 『Naming Files、Paths、および Namespaces』 ページの「 Maximum Path Length Limitation」を参照 してください。

3.5.7. JBoss ON で使用するユーティリティー

JBoss ON サーバーの管理に使用する唯一のユーティリティーは、バイナリーをインストールし、場合によっては設定ファイルを表示および編集するためのテキストエディターである可能性があります。
推奨される ZIP ユーティリティーは WinZip です。本ガイドの例では、通常 Windows コマンドプロンプトを使用するため、必要に応じて WinZip CLI ユーティリティーアドオンをインストールします。WinZip のダウンロードはから入手でき http://www.winzip.com ます。

3.5.8. Internet Explorer の設定

Internet Explorer 設定によっては、JBoss ON のログインページが適切にロードされなくなることがあります。デフォルトでは、Internet Explorer はプルスモードに あり、一部の Web サイトの JavaScript アクセスを無効にします。ログインページがロードできるようにするには、JBoss ON サーバーの IP アドレスを Internet Explorer のホワイトリストに追加します。
  1. Internet Explorer で、右上隅の歯車アイコンをクリックして選択し Internet optionsます。
  2. Security タブを開き、Local intranet アイコンを選択します。
  3. Sites ボタンをクリックします。
  4. ポップアップウィンドウの下部にある Advanced ボタンをクリックします。
  5. Add this webiste to the zone: フィールドに JBoss ON サーバーのホスト名または IP アドレスを入力し、をクリックし Addます。
  6. オプションウィンドウを閉じます。

3.5.9. Windows サービスとして管理されるコンポーネント

Windows では、rhqctl.bat スクリプトは UNIX ベースのプラットフォームと類似 rhqctl しています。
コンポーネントは Windows サービスとしてインストールおよび管理されます。Windows サービスは、デフォルトでローカルシステムアカウント(「デフォルト」または「.\LocalSystem」として知られる)として実行されます。JBoss ON では、エージェント設定の優先度がユーザーに関連付けられます。
注記
実行中 rhqctl.batは必ず「Run As Administrator」でコマンドウィンドウを起動し、スクリプトが Windows サービスを操作できるようにします。
RHQ Agent サービスを実行しているユーザーにカスタムエージェントの設定が正しく適用されていることを確認します。
これを行う方法は複数あります。
RHQ_AGENT_RUN_AS_ME を使用してインストールし、--agent-preference を使用します。
これにより、同じユーザーと同じユーザーがサービスを実行するため rhqctl、コマンドラインの --agent-preference 設定が適用されます。
--agent-config <custom-agent-configuration.xml> を使用してインストールします。
ユーザーが実行 RHQ_AGENT_RUN_AS_ME していない場合 rhqctl は、サービスを実行しているユーザーとは異なります。
このオプションは、RHQ Agent の初期起動時にカスタム設定ファイルを適用します。これには、サービスが正しいユーザーで実行されるのに必要な設定が含まれます。
インストール後の RHQ エージェント設定の更新
インストール後は、agent prompt コマンドを使用して、エージェント設定を更新できます。
ユーザーが実行 RHQ_AGENT_RUN_AS_ME していない場合 rhqctl は、サービスを実行しているユーザーとは異なります。インストール済み --agent-config のエージェントがない場合には、デフォルト設定が指定されます。

手順3.1 Windows サービスに必要なユーザーアカウントの設定

  1. を開き rhq-server-env.batます。
  2. 環境変数を定義します。
    RHQ_SERVER_RUN_AS=.\username
    RHQ_SERVER_PASSWORD=password
    
    RHQ_STORAGE_RUN_AS=.\username
    RHQ_STORAGE_PASSWORD=password
    
    RHQ_AGENT_RUN_AS=.\username
    RHQ_AGENT_PASSWORD=password
    RHQ_*_RUN_AS パラメーターは、使用するユーザーアカウントを設定します。この RHQ_*_RUN_AS_ME パラメーターは、ログインしているユーザーをサービスアカウントとして使用します。両方のパラメーターが設定されている場合、RHQ_*_RUN_AS_ME パラメーターが使用されているパラメーターになります。
  3. 指定したユーザーアカウントのサービスパーミッション としてログを明示的に 付与します。

3.5.10. ストレージノードのプランニング

メトリクスデータを保存するには、少なくとも 1 つのバックエンドストレージデータベースが必要です。このストレージノードは、rhqctl スクリプト(サーバーと同じ)を使用してインストールされます。メトリクスストレージデータベースはクラスターとして機能するため、必要に応じて複数のノードを作成して削除することができます。
ストレージノードをプランニングする際のガイドラインは以下のとおりです。
  • ストレージノードとサーバーは、同じマシンに配置する必要はありません。
  • ストレージノードをインストールする必要はありません。サーバーをインストールする必要はありません。
  • サーバーの前に少なくとも 1 つのストレージノードをインストールする必要があります。( install コマンドのみで rhqctl スクリプトを実行すると、最初にストレージノードが自動的にインストールされ、次にサーバー、次にエージェントがインストールされます。)
  • サーバーをインストールする前に、複数のストレージノードをインストールできます。複数のノードをインストールする利点はいくつかあります。
    • アップグレードされた環境では、データ移行を迅速化します。
    • サーバーの実行後にノードをデプロイすることで発生する管理およびリソース要件を最小限に抑えることができます。