Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat JBoss Operations Network

3.4. *nix システムへのインストールの準備

3.4.1. JBoss ON サーバーの JDK の設定

JBoss ON サーバーには Java 6 以上の JDK が必要です。
  1. 必要に応じて適切なバージョンの Java をダウンロードし、インストールします。
  2. を設定します。 JAVA_HOME インストールディレクトリーへの環境変数。
    1. JBoss ON を実行するシステムユーザー .bashrc に対して開きます。例:
      vim /home/jon/.bashrc
    2. 設定する行を追加します。 JAVA_HOME 特定の JDK ディレクトリーへの環境変数。例:
      export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-1.6.0-openjdk-1.6.0.0/
  3. system alternatives コマンドを使用して、システムが正しいバージョンの JDK を使用するように設定します。選択したバージョンには *+ シンボルがあります。
    /usr/sbin/alternatives --config javac
    
    There are 2 programs which provide 'javac'.
    
      Selection    Command
    -----------------------------------------------
       1           /usr/lib/jvm/java-1.6.0-bea/bin/javac
    *+ 2           /usr/lib/jvm/java-1.6.0-openjdk/bin/javac
    
    Enter to keep the current selection[+], or type selection number:

3.4.2. NTP の設定

マシンクロックを同期します。すべての JBoss ON サーバーおよびエージェントには同期されたクロックが必要です。クロックの変動により、可用性のレポート、メトリック測定、グラフ化、およびリソースをインベントリーに識別してインポートする際に問題が発生します。Network Time Protocol プロジェクトには http://www.ntp.org/、クロックが同期されるように NTP をインストールおよび設定するための情報があります。

3.4.3. DNS の設定

ホストサーバー、ストレージノード、およびエージェントがあるすべてのシステムでは、正引きおよび逆引き DNS マッピングエントリーの両方が存在する必要があります。
すべての IP アドレスに DNS サーバーの対応するエントリーがあるか、JBoss ON によって管理される各システム、またはサーバーまたはストレージノードをホストする各システムに対して明示的に定義する必要が /etc/hosts あります。

3.4.4. ポートの設定

サーバー、エージェント、およびストレージノードのポート上での通信を可能にするようにファイアウォールを設定します。 必要なポートがブロックされている場合は、個々のコンポーネントが相互に通信できなくなります。
デフォルト設定を使用すると、JBoss ON はに記載されたポートを使用し 表3.2「デフォルトの JBoss ON ポート」 ます。

表3.2 デフォルトの JBoss ON ポート

ポート 目的
7080 サーバークライアント通信用の標準 HTTP ポート
7443 セキュアなサーバークライアント通信用の HTTPS ポート
16163 サーバーからのエージェント通信
9142 ストレージクラスターの通信の場合
7299 ストレージノードの JMX 通信の場合
7100 ストレージノードのゴシップ(ノード間の)通信