7.2. JBoss EAP 高可用性の開始

Microsoft Azure で高可用性を使用して JBoss EAP を起動するには、以下を行う必要があります。

  • AZURE_PING 検索プロトコルで設定された設定ファイルを使用し、Microsoft Azure ストレージアカウントおよび blob コンテナーに必要な値を指定。
  • プライベートインターフェースを、トラフィックのクラスタリングに使用される Microsoft Azure 内部 IP アドレスにバインド。これは、以下のように、起動時に行うか、JBoss EAP の Configuration Guideに示した 設定として実行することができます。

    警告

    セキュリティー上の理由から、クラスタリングトラフィックは意図しないネットワークに公開しないようにする必要があります。

    これは、エンドポイントを Microsoft Azure 仮想ネットワークに制限するか、またはトラフィックをクラスタリングするための専用の仮想ネットワークと専用の仮想マシン NIC を作成して実行できます。

以下のコマンドを使用して JBoss EAP の高可用性インスタンスを起動します。Microsoft Azure ストレージアカウントおよび blob コンテナーの値を設定ファイルに保存した場合、-Djboss.jgroups.azure_ping システムプロパティーの定義を省略することができます。

EAP_HOME/bin/standalone.sh -b IP_ADDRESS -bprivate IP_ADDRESS --server-config=EAP_CONFIG_FILE.xml -Djboss.jgroups.azure_ping.storage_account_name=STORAGE_ACCOUNT_NAME -Djboss.jgroups.azure_ping.storage_access_key=STORAGE_ACCESS_KEY -Djboss.jgroups.azure_ping.container=CONTAINER_NAME

例を以下に示します。

EAP_HOME/bin/standalone.sh -b 172.28.0.2 -bprivate 172.28.0.2 --server-config=standalone-azure-ha.xml -Djboss.jgroups.azure_ping.storage_account_name=my_storage_account -Djboss.jgroups.azure_ping.storage_access_key=y7+2x7P68pQse9MNh58Bkk5po9OGzeJc+0IRqYcQ9Cr/Sp4xiUFJVlbY+MGXJRNx3syksikwm4tOYlFgjvoCmw== -Djboss.jgroups.azure_ping.container=my_blob_container
注記

JBoss EAP サブシステムは必要なときにのみ起動されるため、分散可能なアプリケーションを JBoss EAP サーバーにデプロイして、高可用性 JBoss EAP サブシステムを起動する必要があります。

クラスター内で別の JBoss EAP インスタンスを起動した後、クラスター内の最初のサーバーのコンソールログに以下のようなログが表示されるはずです。

INFO  [org.infinispan.remoting.transport.jgroups.JGroupsTransport] (thread-2,ee,eap-server-1) ISPN000094: Received new cluster view for channel server: [eap-server-1|1] (2) [eap-server-1, eap-server-2]