5.2. Messaging

クラウドプラットフォームでメッセージングを使用する場合は、クライアントが使用する接続ファクトリーには、サーバーのパブリック IP アドレスを指すコネクターが必要です。

そのため、完全なプロファイルを実行している JBoss EAP サーバーに対して新しいコネクターとソケットバインディングを作成する必要があります。

  1. 参照される http-public ソケットバインディングは socket-binding-group 内に作成する必要があります。

    /socket-binding-group=standard-sockets/remote-destination-outbound-socket-binding=http-public:add(host=PUBLIC_IP_ADDRESS,port=${jboss.http.port:8080})
  2. messaging サブシステムに新しい http-connector 要素を作成します。

    /subsystem=messaging-activemq/server=default/http-connector=http-public-connector:add(endpoint=http-acceptor, socket-binding=http-public)
  3. connection-factoryconnectors を設定します。これは、クライアントによって使用されます。たとえば、デフォルトの接続としての RemoteConnectionFactory の設定は以下のようになります。

    /subsystem=messaging-activemq/server=default/connection-factory=RemoteConnectionFactory:write-attribute(name=connectors, value=["http-public-connector"]