1.6.4. SASL 認証メカニズムプロパティーの設定

サーバーおよびクライアント側の両方で認証方法のプロパティーを設定できます。

  • サーバー側では、configurable-sasl-server-factory で認証方法プロパティーを定義します。以下の例は、com.sun.security.sasl.digest.utf8 プロパティーの値を false で定義します。

    /subsystem=elytron/configurable-sasl-server-factory=mySASLServerFactory:map-put(name=properties,key=com.sun.security.sasl.digest.utf8,value=false)
  • クライアント側では、クライアントの認証設定で認証メカニズムプロパティーを定義します。

    • elytron サブシステムでは、認証メカニズムプロパティーを authentication-configuration に定義します。以下の例は、true の値で wildfly.sasl.local-user. valueFrom-auth プロパティーを定義します。

      /subsystem=elytron/authentication-configuration=myAuthConfig:map-put(name=mechanism-properties,key=wildfly.sasl.local-user.quiet-auth,value=true)
    • Elytron Client の場合、認証メカニズムプロパティーは通常、wildfly-config.xml という名前のクライアント設定ファイルの authentication-configurationsconfiguration 要素で指定されます。例を以下に示します。

      ...
      <authentication-configurations>
        <configuration name="default">
          <sasl-mechanism-selector selector="#ALL" />
          <set-mechanism-properties>
            <property key="wildfly.sasl.local-user.quiet-auth" value="true" />
          </set-mechanism-properties>
          ...
        </configuration>
      </authentication-configurations>
      ...

Java ドキュメンテーションの標準 Java SASL 認証メカニズムプロパティーのリストを表示できます。その他の JBoss EAP 固有の SASL 認証メカニズムプロパティーは、認証メカニズムリファンレンス に一覧表示されています。