1.5. CLI セキュリティーコマンドを使用したアプリケーションの HTTP 認証の有効化

JBoss EAP では、elytron HTTP 認証ファクトリーを使用した HTTP 認証は、security enable-http-auth-http-server コマンドで undertow セキュリティドメインに対して有効化できます。デフォルトでは、このコマンドにより、アプリケーション HTTP ファクトリーが指定のセキュリティードメインに関連付けられます。

例: Undertow セキュリティードメインでの HTTP 認証の有効化

security enable-http-auth-http-server --security-domain=SECURITY_DOMAIN

Server reloaded.
Command success.
Authentication configured for security domain SECURITY_DOMAIN
http authentication-factory=application-http-authentication
security-domain=SECURITY_DOMAIN

注記

コマンドを実行すると、管理 CLI がサーバーを再読み込みし、そのサーバーに再接続します。

HTTP ファクトリーがすでに存在する場合、ファクトリーは --mechanism 引数によって定義されたメカニズムを使用するように更新されます。

1.5.1. 管理インターフェースの HTTP 認証の無効化

この手順では、管理インターフェースの HTTP 認証を無効にする方法を説明します。

手順

  • アクティブな HTTP 認証ファクトリーを削除するには、以下のコマンドを使用します。

    security disable-http-auth-http-server --security-domain=SECURITY_DOMAIN
  • または、以下のコマンドを使用して、アクティブな SASL 認証ファクトリーから特定のメカニズムを削除できます。

    security disable-http-auth-http-server --mechanism=MECHANISM --security-domain=SECURITY_DOMAIN