4.4.2. JBoss EAP 設定の変更

これまでのバージョンの JBoss EAP では、JBoss EAP の起動中に -Djava.security.manager および -Djava.security.policy Java システムプロパティーを使用できました。これらはサポート外となりました。代わりに secmgr フラグを使用して JBoss EAP が Java Security Manager で実行できるようにする必要があります。secmgr フラグの詳細は、前のセクションで説明しています。