第4章 Java Security Manager

4.1. Java Security Manager について

Java Security Manager は、Java Virtual Machine (JVM) サンドボックスの外部境界を管理するクラスで、JVM 内で実行されるコードが JVM 外のリソースと対話する方法を制御します。Java Security Manager を有効にすると、Java API はさまざまな潜在的に危険な操作を実行する前に、セキュリティーマネージャーで承認を確認します。Java Security Manager はセキュリティーポリシーを使用して、特定のアクションが許可または拒否されるかどうかを判断します。