2.3.3.2. Red Hat CodeReady Studio でのクイックスタートの実行

クイックスタートのダウンロード完了後、Red Hat Developer Studio にインポートし、JBoss EAP にデプロイできます。

クイックスタートの Red Hat CodeReady Studio へのインポート

各クイックスタートには、プロジェクトおよび設定情報が含まれる POM ファイルが同梱されています。この POM ファイルを使用すると、簡単にクイックスタートを Red Hat CodeReady Studio にインポートできます。

重要

Red Hat CodeReady Studio へのインポート時にクイックスタートプロジェクトフォルダーが IDE ワークスペース内にある場合、IDE は無効なプロジェクト名と WAR アーカイブ名を生成します。作業を開始する前に、クイックスタートプロジェクトフォルダーが IDE ワークスペースの外部にあることを確認してください。

  1. Red Hat CodeReady Studio を起動します。
  2. FileImport の順に選択します。
  3. MavenExisting Maven Projects の順に選択し、Next をクリックします。

    図2.1 既存の Maven プロジェクトのインポート

    The *Import* window.
  4. 対象のクイックスタートのディレクトリー (helloworld など) を参照し、OK をクリックします。Projects リストボックスに、選択したクイックスタートプロジェクトの pom.xml ファイルが示されます。

    図2.2 Maven プロジェクトの選択

    The *Maven Projects* selection window.
  5. Finish をクリックします。

helloworld クイックスタートの実行

helloworld クイックスタートを実行すると、JBoss EAP サーバーが適切に設定および実行されたことを簡単に検証できます。

  1. サーバーを定義していない場合は、JBoss EAP サーバーを Red Hat CodeReady Studio に追加します。『Getting Started with CodeReady Tools』の「Downloading, Installing, and Setting Up JBoss EAP from within the IDE」を参照してください。
  2. Project Explorer タブの helloworld プロジェクトを右クリックし、Run AsRun on Server の順に選択します。

    図2.3 Run As - Run on Server

    The *Run As* → *Run on Server* screen capture.
  3. サーバーリストから JBoss EAP 7.4 サーバーを選択し、Next をクリックします。

    図2.4 Run on Server

    The *Run on Server* window.
  4. helloworld クイックスタートはすでにリストされ、サーバーで設定できる状態です。Finish をクリックしてクイックスタートをデプロイします。

    図2.5 サーバーで設定されたリソースの変更

    The *Add and Remove Resources* window.
  5. 結果を検証します。

    • Server タブで、JBoss EAP 7.4 サーバーの状態が Started に変わります。
    • Console タブに、JBoss EAP サーバーの起動と helloworld クイックスタートのデプロイメントに関するメッセージが表示されます。

      WFLYUT0021: Registered web context: /helloworld
      WFLYSRV0010: Deployed "helloworld.war" (runtime-name : "helloworld.war")
    • helloworld アプリケーションは http://localhost:8080/helloworld で利用でき、Hello World! というテキストが表示されます。

helloworld クイックスタートの詳細は、「helloworld クイックスタート」を参照してください。

bean-validation クイックスタートの実行

bean-validation などの一部のクイックスタートは、ユーザーインターフェースレイヤーの代わりに Arquillian テストを提供して機能を示します。

  1. bean-validation クイックスタートを Red Hat CodeReady Studio にインポートします。
  2. Servers タブでサーバーを右クリックし、Start を選択して JBoss EAP サーバーを起動します。Servers タブが表示されない場合またはサーバーが未定義の場合は、JBoss EAP サーバーを Red Hat CodeReady Studio に追加します。『Getting Started with CodeReady Tools』の「Downloading, Installing, and Setting Up JBoss EAP from within the IDE」を参照してください。
  3. Project Explorer タブの bean-validation プロジェクトを右クリックし、Run AsMaven Build の順に選択します。
  4. 以下を Goals 入力フィールドに入力し、Run を実行します。

    clean verify -Parq-remote

    図2.6 設定の編集

    The *Edit Configuration* window.
  5. 結果を検証します。

    Console タブに bean-validation Arquillian テストの結果が表示されます。

    -------------------------------------------------------
     T E S T S
    -------------------------------------------------------
    Running org.jboss.as.quickstarts.bean_validation.test.MemberValidationTest
    Tests run: 5, Failures: 0, Errors: 0, Skipped: 0, Time elapsed: 2.189 sec
    
    Results :
    
    Tests run: 5, Failures: 0, Errors: 0, Skipped: 0
    
    [INFO] ------------------------------------------------------------------------
    [INFO] BUILD SUCCESS
    [INFO] ------------------------------------------------------------------------