11.3.7. 暗黙的なロギングの依存関係

JBoss EAP の logging サブシステムはデフォルトで暗黙的なロギング API 依存関係をデプロイメントに追加します。add-logging-api-dependencies 属性を使用すると、この暗黙的な依存関係をデプロイメントに追加するかどうかを制御できます。 この属性はデフォルトでは true に設定されています。

管理 CLI を使用して add-logging-api-dependencies 属性を false に設定すると、暗黙的なロギング API 依存関係がデプロイメントに追加されないようになります。

/subsystem=logging:write-attribute(name=add-logging-api-dependencies, value=false)

logging サブシステムの暗黙的な依存関係の詳細は、JBoss EAP『 開発ガイド』の「 暗黙的なモジュール依存関係 」の項を参照してください