Menu Close

JBoss サーバー移行ツールの使用

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 7.4

サーバー設定を Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 7.4 に移行する場合

Red Hat Customer Content Services

概要

本書では、JBoss Server Migration Tool を使用してアプリケーションサーバー設定を以前のリリースの JBoss EAP から JBoss EAP 7.4 に移行する方法について説明します。

Red Hat ドキュメントへのフィードバック

弊社のドキュメントに関するご意見やご感想をお寄せください。フィードバックをお寄せいただくには、ドキュメントのテキストを強調表示し、コメントを追加できます。以下の手順に従って、Red Hat ドキュメントのフィードバックをお寄せください。

要件

  • Red Hat カスタマーポータルにログインします。
  • Red Hat カスタマーポータルで、Multi-page HTML 形式のドキュメントを表示します。

手順

  1. フィードバック をクリックして、既存のリーダーコメントを表示します。

    注記

    フィードバック機能は、マルチページ HTML 形式でのみ有効です。

  2. フィードバックを提供するドキュメントのセクションを強調表示します。
  3. 選択したテキストの近くに表示されるプロンプトメニューで、Add Feedback をクリックします。

    ページの右側のフィードバックセクションにテキストボックスが開きます。

  4. テキストボックスにフィードバックを入力し、Submit をクリックします。

    ドキュメントに関する問題を作成しました。

  5. 問題を表示するには、フィードバックビューで問題トラッカーリンクをクリックします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。まずは、マスター (master)、スレーブ (slave)、ブラックリスト (blacklist)、ホワイトリスト (whitelist) の 4 つの用語の置き換えから始めます。この取り組みは膨大な作業を要するため、今後の複数のリリースで段階的に用語の置き換えを実施して参ります。詳細は、弊社 の CTO、Chris Wright のメッセージ を参照してください。

第1章 はじめに

1.1. Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 7 について

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 7 (JBoss EAP) は、オープン標準に構築されたミドルウェアプラットフォームで、Jakarta Enterprise Edition 8 仕様に準拠します。

JBoss EAP 7.4 リリースは、Web Profileと Full Platform 仕様 の Jakarta EE 8 対応実装です。この 7.4 リリースは、Jakarta EE 8 Web Profile および Full Platform 仕様の認定実装です。

JBoss EAP はサーバーインスタンスに 2 つの動作モードを提供します。

スタンドアロンサーバー
スタンドアロンサーバーの動作モードは、JBoss EAP を単一のサーバーインスタンスとして実行することを表します。
管理対象ドメイン
管理対象ドメインの操作モードを使用すると、単一の制御ポイントから複数の JBoss EAP インスタンスを管理できます。

JBoss EAP には、セキュアでスケーラブルな Jakarta EE アプリケーションを迅速に開発するための API と開発フレームワークが含まれています。JBoss EAP サーバーにデプロイされたアプリケーションへ公開される API と機能の多くは、サーバー設定ファイルで構成されたサブシステムに編成されます。たとえば、JBoss EAP スタンドアロンサーバーまたは管理対象ドメインにデプロイされたアプリケーションによってアクセスできるように、datasources サブシステムのデータベースアクセス情報を設定します。新しい機能の導入や、他の機能の非推奨化では、JBoss EAP のあるリリースから別のリリースへのサーバー設定の修正が必要になることがあります。

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform の詳細は、Red Hat カスタマーポータルの「Product Documentation for JBoss EAP」を参照してください。

1.2. JBoss Server Migration Tool について

既存のアプリケーションサーバー設定をいずれかのリリースから別のリリースに移行することは複雑なタスクです。正常に移行することを計画して実行するには、現在のサーバー設定を完全に理解することだけでなく、ターゲットサーバー設定の機能や変更に関する知識も必要となります。手動の移行では、通常は複数の設定ファイルをコピーして編集し、ターゲットリリース内で同じ動作を維持するために必要な更新を行います。正しく行われないと、ターゲットサーバーは想定どおりに動作しません。これは、ターゲットサーバーで一部の機能がサポートされていないためです。

JBoss Server Migration Tool は、最低限の対話または対話を必要としない、JBoss EAP サーバー設定を自動的に移行する Java アプリケーションです。既存の設定を保持しながら、JBoss EAP サーバーの設定を更新して JBoss EAP 7 の新機能および設定を追加する場合は、JBoss Server Migration Tool を使用することが推奨されます。JBoss Server Migration Tool は既存のソースサーバー設定ファイルを読み取り、新しいサブシステムの設定を追加します。さらに、既存のサブシステム設定を新機能で更新し、古いサブシステム設定を削除します。

JBoss Server Migration Tool を使用すると、スタンドアロンサーバーおよび管理対象ドメインを以下の設定に移行できます。

JBoss EAP 7.4 への移行

JBoss Server Migration Tool は JBoss EAP 7.4 に同梱されるので、別途ダウンロードやインストールを行う必要はありません。このツールでは、JBoss EAP の以前のメジャーリリース (JBoss EAP 6.4) から 7.4 への移行、また以前のマイナーリリース (JBoss EAP 7.3) から 7.4 への移行サポートします。

このツールを実行するには、EAP_HOME/bin ディレクトリーにある jboss-server-migration スクリプトを実行します。ツールの設定および実行方法の詳細は、『Running the JBoss Server Migration Tool』を参照してください。

このバージョンの JBoss Server Migration Tool は サポート対象 であるため、このバージョンを使用してサーバー設定を JBoss EAP 7.4 に移行することが推奨されます。

WildFly から JBoss EAP への移行

WildFly サーバーを JBoss EAP に移行するには、wildfly-server-migration GitHub リポジトリーから JBoss Server Migration Tool の最新のバイナリーディストリビューションをダウンロードする必要があります。これはオープンソースのスタンドアロンバージョンのツールで、複数のバージョンの WildFly サーバーから JBoss EAP への移行をサポートします。このツールのインストールおよび実行方法に関する詳細は、JBoss Server Migration Tool の『User Guide』を参照してください。

重要

JBoss Server Migration Tool のバイナリーディストリビューションはサポートされていません。以前のリリースの JBoss EAP から移行する場合は、サポート対象バージョンのツール を使用して、サーバー設定を JBoss EAP 7.4 に移行することを推奨します。

1.3. 本書における EAP_HOME の使用

本書では、変数 EAP_HOME を使用してターゲットサーバーインストールへのパスを示しています。この変数は、サーバーインストールへの実際のパスに置き換えてください。

注記

EAP_HOME は環境変数ではなく、置き換え可能な変数です。JBOSS_HOME がスクリプトで使用される環境変数です。

JBoss EAP インストールパス

  • ZIP インストールの手法で JBoss EAP をインストールした場合には、インストールディレクトリーは、ZIP アーカイブの展開先の jboss-eap-7.4 ディレクトリーとなります。
  • RPM インストール方法で JBoss EAP をインストールした場合、インストールディレクトリーは /opt/rh/eap7/root/usr/share/wildfly/ になります。
  • インストーラーを使用して JBoss EAP をインストールした場合には、EAP_HOME のデフォルトのパスは ${user.home}/EAP-7.4.0 です。

    • Red Hat Enterprise Linux、Solaris および HP-UX の場合: /home/USER_NAME/EAP-7.4.0/
    • Microsoft Windows の場合: C:\Users\USER_NAME\EAP-7.4.0\
  • JBoss Developer Studio インストーラーを使用して JBoss EAP サーバーをインストールおよび設定した場合、EAP_HOME のデフォルトのパスは ${user.home}/jbdevstudio/runtimes/jboss-eap になります。

    • Red Hat Enterprise Linux の場合、/home/USER_NAME/jbdevstudio/runtimes/jboss-eap/ になります。
    • Microsoft Windows の場合、C:\Users\USER_NAME\jbdevstudio\runtimes\jboss-eap または C:\Documents and Settings\USER_NAME\jbdevstudio\runtimes\jboss-eap\ になります。

第2章 作業開始前の準備

2.1. ターゲットサーバーの更新

ターゲットサーバーには JBoss EAP Migration Tool と、ツールの最新のバグ修正が含まれます。JBoss EAP Migration Tool を使用すると、JBoss EAP のマイナーリリース間の移行が可能です。

移行プロセスの前に、JBoss EAP Migration Tool で最新の JBoss EAP の更新を取得して、このツールですでに修正済みのバグが追加されないようにします。最新の JBoss EAP 更新をターゲットサーバーに適用すると、ツールを更新できます。

たとえば、既存のソースサーバー設定を JBoss EAP 6.4 から JBoss EAP 7.4 に移行する場合は、JBoss EAP 7.4 に、最新の JBoss EAP Migration Tool の更新を適用してからこのツールを実行する必要があります。そうしないと、JBoss EAP 6.4 から JBoss EAP 7.4 に移行した後に、新しいソースサーバーの設定で問題が発生する可能性があります。

注記

JBoss EAP 6.4 より前のリリースでは、JBoss EAP Migration Tool はサポート対象外です。JBoss EAP 6.4 でツールを使用する場合は、JBoss EAP 6.4 にアップグレードする必要があります。さらに、ソース設定ファイルを JBoss EAP 6.0 から JBoss EAP 6.4 にコピーする必要があります。

参考情報

2.2. クリーンアップターゲットサーバーのインストールによる実行

JBoss Server Migration Tool は以前のリリースの設定に基づいて設定ファイルを作成するため、ターゲットサーバーのインストールをクリーンおよび未設定の状態で実行します。JBoss Server Migration Tool は、.beforeMigration をファイル名に追加して、ターゲットサーバーの設定ファイルのバックアップを作成します。次に、ソースサーバーの設定ファイルを使用してターゲットサーバーの全く新しい設定ファイル作成し、ターゲットサーバー設定で実行する設定を移行します。

警告

JBoss Server Migration Tool を実行すると、移行ツールのインストールと実行間で行われたターゲットサーバーのすべての変更が失われます。

また、ターゲットサーバーのディレクトリーに対してツールを複数にわたり実行する場合は、後続の実行により、ツールを初めて実行したときにバックアップされた元のターゲット設定ファイルが上書きされます。これは、ツールを実行する度に .beforeMigration を追加して設定ファイルをバックアップしているため、バックアップを取得し、既存のバックアップ設定ファイルが失われるためです。

2.3. 移行のカスタマイズ

JBoss Server Migration Tool では、移行タスクのロギング、レポート、および実行を設定する機能を利用できます。デフォルトでは、非対話モードで JBoss Server Migration Tool を実行すると、サーバー設定全体が移行されます。JBoss Server Migration Tool を設定して、ロギングおよびレポートの出力をカスタマイズできます。また、移行したくない設定の一部を省略するように設定することも可能です。

移行プロセスを制御するプロパティーの設定は、「JBoss Server Migration Tool の設定」を参照してください。

第3章 JBoss Server Migration Tool の実行

JBoss Server Migration Tool は以下のいずれかの方法で実行できます。

  • インタラクティブモード: デフォルトであるこのモードを使用すると、移行する設定を確実に選択することができます。
  • 非対話モード: このモードでは、プロンプトなしでツールを実行できます。
重要

JBoss Server Migration Tool を実行する前に、ソースとターゲットの JBoss EAP サーバーの両方を停止する必要があります。

3.1. インタラクティブモードでの JBoss Server Migration Tool の実行

デフォルトでは、JBoss Server Migration Tool はインタラクティブに実行されます。このモードでは、移行するサーバー設定を正確に選択できます。

注記

インタラクティブモードでは、移行するサブシステムを選択することはできません。サブシステムまたはタスクレベルでツールを設定する方法は、「Configure the Migration Tasks Performed by the JBoss Server Migration Tool」を参照してください。

以下は、最小限の移行を実行する基本的な手順です。移行元となるサーバーにカスタム設定 (例: デプロイメント) が含まれる場合や、デフォルトのリソースがない場合は、ツールにより追加のプロンプトが表示されます。

  1. インタラクティブモードでツールを実行するには、ターゲットサーバーのインストールディレクトリーに移動し、source 引数をソースサーバーインストールへのパスとして指定します。

    $ EAP_HOME/bin/jboss-server-migration.sh --source EAP_PREVIOUS_HOME
  2. EAP_PREVIOUS_HOME/standalone/configuration/ ディレクトリーにあるソースサーバーのスタンドアロン設定を EAP_HOME/standalone/configuration/ ディレクトリーにあるターゲットサーバーのスタンドアロン設定に移行するかどうかを決定するように求められます。

    Migrate the source's standalone server?
    yes/no? yes

    no で応答すると、スタンドアロンサーバーの移行は省略され、スタンドアロンサーバー設定ファイルは移行されません。

    yes で応答すると、以下のプロンプトが表示されます。

    Migrate all configurations?
    yes/no? yes

    yes で応答し、ソースサーバーのスタンドアロンサーバー設定ファイルをすべて移行します。

    no で応答すると、各 standalone*.xml 設定ファイルのプロンプトを受信します。

  3. 次に、EAP_PREVIOUS_HOME/domain/configuration/ ディレクトリーにあるソースサーバーの管理対象ドメイン設定を EAP_HOME/domain/configuration/ ディレクトリーにあるターゲットサーバーの設定に移行するかどうかを決定するように求められます。

    Migrate the source's managed domain?
    yes/no? yes

    no で応答すると、管理対象ドメインの移行は省略され、管理対象ドメインの設定ファイルは移行されません。

    yes で応答すると、ツールはソースサーバーの管理対象ドメインコンテンツの移行を開始します。暗号化されたリポジトリーは、ソースサーバーの管理対象ドメインおよびホスト設定によって参照されるデプロイメントやデプロイメントオーバーレイなどのデータを保存するために使用されます。ソースサーバーとターゲットサーバーは同様のコンテンツリポジトリーを使用するため、ツールはソースサーバーからターゲットサーバーにデータをコピーして、結果をコンソールおよびサーバーログに出力します。

    INFO  [ServerMigrationTask#397] Migrating domain content found:  [22/caa450a9ba3b84eaf5a15b6da418b92ce6c98e/content, 23/b62a37ba8a4830622bfcdb960280577cc6796e/content]
    INFO  [ServerMigrationTask#398] Resource with path /EAP_HOME/domain/data/content/22/caa450a9ba3b84eaf5a15b6da418b92ce6c98e/content migrated.
    INFO  [ServerMigrationTask#399] Resource with path /EAP_HOME/domain/data/content/23/b62a37ba8a4830622bfcdb960280577cc6796e/content migrated.
  4. 次に、移行ツールは、管理対象ドメイン設定ファイルのソースサーバーをスキャンし、コンソールに結果を出力して、以下のプロンプトを表示します。

    Migrate all configurations?
    yes/no? yes

    yes で応答すると、ソースサーバーの管理対象ドメイン設定ファイルをすべて移行します。

    no で応答すると、各管理対象ドメイン設定ファイルのプロンプトを受信します。

  5. 次に、移行ツールは、ホスト設定ファイルのソースサーバーをスキャンし、コンソールに結果を出力します。そして以下のプロンプトが表示されます。

    INFO  [ServerMigrationTask#457] Retrieving source's host configurations...
    INFO  [ServerMigrationTask#457] /jboss-eap-6.4/domain/configuration/host-master.xml
    INFO  [ServerMigrationTask#457] /jboss-eap-6.4/domain/configuration/host-slave.xml
    INFO  [ServerMigrationTask#457] /jboss-eap-6.4/domain/configuration/host.xml
    
    Migrate all configurations?
    yes/no? yes

    yes で応答すると、ソースサーバーのホスト設定ファイルをすべて移行します。

    no で応答すると、各ホスト設定ファイルのプロンプトを受信します。

  6. 完了すると、サーバーコンソールに以下のメッセージが表示されます。

     Migration Result: SUCCESS

3.2. 非対話モードでの JBoss Server Migration Tool の実行

JBoss Server Migration Tool は非対話モードで実行できます。このモードでは、プロンプトなしで実行できます。

注記

JBoss Server Migration Tool は、すべてのサーバー設定ファイルのすべてのサブシステム設定を自動的に移行します。サブシステムまたはタスクレベルでツールを設定する方法は、「Configure the Migration Tasks Performed by the JBoss Server Migration Tool」を参照してください。

  1. 非対話モードでツールを実行するには、ターゲットサーバーのインストールディレクトリーに移動し、以下のコマンドを実行します。このとき、ソースサーバーインストールへのパスとして source 引数を指定し、--interactive または -i 引数を false に設定します。

    $ EAP_HOME/bin/jboss-server-migration.sh --source EAP_PREVIOUS_HOME --interactive false
  2. デフォルトでは、このツールは、すべてのソースサーバーのスタンドアロンおよび管理対象ドメインのすべての設定ファイルを自動的に移行します。ただし、ツールのプロパティーを設定することで、特定の設定の移行を省略することができます。完了すると、サーバーコンソールに以下のメッセージが表示されます。

     Migration Result: SUCCESS

第4章 JBoss Server Migration Tool 実行結果の確認

4.1. 移行した設定ファイルの確認

移行が完了したら、移行したサーバー設定ファイルを EAP_HOME/standalone/configuration/ および EAP_HOME/domain/configuration/ ディレクトリーで確認します。

  • 移行に選択した元の EAP_HOME ターゲットサーバーファイル名はバックアップされ、.beforeMigration が追加されることに注意してください。
  • .beforeMigration が追加されていない EAP_HOME ターゲットサーバー設定ファイルは、EAP_PREVIOUS_HOME ソースサーバー設定から移行されたコンテンツで更新されるようになりました。
  • EAP_PREVIOUS_HOME ソースサーバー設定ディレクトリーに位置する元の設定ファイルは変更されません。
  • ターゲット設定ディレクトリーの logging.properties および standalone-load-balancer.xml ファイルは変更されません。

使用できるすべての設定を移行する場合は、ターゲットサーバーディレクトリーに以下の設定ファイルが表示されるはずです。

例: ターゲットサーバー上の設定ファイルの一覧表示

$ ls EAP_HOME/standalone/configuration/
application-roles.properties
application-roles.properties.beforeMigration
application-users.properties
application-users.properties.beforeMigration
logging.properties
mgmt-groups.properties
mgmt-groups.properties.beforeMigration
mgmt-users.properties
mgmt-users.properties.beforeMigration
standalone-full-ha.xml
standalone-full-ha.xml.beforeMigration
standalone-full.xml
standalone-full.xml.beforeMigration
standalone-ha.xml
standalone-ha.xml.beforeMigration
standalone-load-balancer.xml
standalone-osgi.xml
standalone-osgi.xml.beforeMigration
standalone.xml
standalone.xml.beforeMigration

$ ls EAP_HOME/domain/configuration/
application-roles.properties
application-roles.properties.beforeMigration
application-users.properties
application-users.properties.beforeMigration
domain.xml
domain.xml.beforeMigration
host-master.xml
host-master.xml.beforeMigration
host-slave.xml
host-slave.xml.beforeMigration
host.xml
host.xml.beforeMigration
logging.properties
mgmt-groups.properties
mgmt-groups.properties.beforeMigration
mgmt-users.properties
mgmt-users.properties.beforeMigration

4.2. 移行タスク実行の追跡

JBoss Server Migration Tool は、ルートタスクを実行して各ターゲットサーバーの移行を開始します。次にサブタスクが実行されます。これらのサブタスクは、その他のタスクおよびサブタスクも実行できます。実行すると、ツールは各移行タスクをサブタスクとともに追跡します。そして、レポートを構築するために後で使用されるツリー構造で結果を保存します。

各移行タスクには名前が与えられます。この名前は、以下の構文を使用してオプションの属性と連結したタスク名で構成されます。

TASK_NAME(ATTRIBUTE_1_NAME=ATTRIBUTE_1_VALUE,ATTRIBUTE_2_NAME=ATTRIBUTE_2_VALUE, ...​)

この名前は、タスクサブジェクトまたはタイプを定義します。また、属性は、サブタスクとシブリングタスク間の区別に使用されます。たとえば、以下のすべては ejb3 サブシステムの更新タスクを区別するための名前です。

subsystem.ejb3.update
subsystem.ejb3.update.activate-ejb3-remoting-http-connector(resource=/subsystem=ejb3)
subsystem.ejb3.update.setup-default-sfsb-passivation-disabled-cache(resource=/subsystem=ejb3)
subsystem.ejb3.update.add-infinispan-passivation-store-and-distributable-cache(resource=/subsystem=ejb3)

移行タスクは各種親タスクで複数回実行できるため、各タスクはそれぞれの親タスクを使用してツリーに保存されます。これは root で始まり、> 文字で区切られます。タスク実行ツリーは、移行レポートの構築に使用されます。

タスクを実行すると、以下のステータスのいずれかになります。

ステータス説明

Success

タスクが正常に実行されました。

Skipped

タスクでは、不要であるか、スキップするように設定されたため、実行をスキップしました。

Fail

タスクの実行に失敗しました。

4.3. Task Summary Log の確認

Task Summary が生成され、移行コンソールと JBoss Server Migration Tool ログファイルに出力されます。これは、コンポーネントやサブタスクによって階層リストとして詳細な移行結果を示します。

Task Summary レポートの例 は、本ガイドの付録にあります。

出力される出力を設定するオプションは「Configuring the Task Summary」を参照してください。

4.4. JBoss Server Migration Tool レポートの確認

JBoss Server Migration Tool は、EAP_HOME/migration/reports/ ディレクトリーに、適切なフォーマットの HTML と XML レポートを生成します。これらのレポートは、移行プロセスの詳細な分析と、ターゲットサーバーが移行中にどのように設定されたかを示します。これらのレポートのデフォルト名は migration-report.htmlmigration-report.xml です。これらの名前はそれぞれ設定可能です。レポートの設定方法は、「Configuring Reporting for JBoss Server Migration Tool」を参照してください。

このセクションでは、これらのレポートの内容の概要を説明します。

4.4.1. JBoss Server Migration Tool HTML レポート

HTML レポートは、3 つのセクションで構成されます。

概要
このセクションでは、実行開始時間、ソースおよびターゲットサーバーに関する情報、移行の結果を説明します。
Environment
このセクションでは、移行に使用された環境プロパティーを一覧表示します。
Tasks

このセクションでは、折りたたみのサブセクションが含まれ、実行された移行タスクの統計とマップを説明します。各タスクは名前で一覧表示され、タスクの完了ステータスに応じて色で指定されます。

  • 成功した場合には緑になります。
  • 失敗した場合には赤になります。
  • スキップされた場合にはグレイになります。

HTML レポートの例 は、本ガイドの付録にあります。

出力を設定するオプションは「Configuring the Task Summary」を参照してください。

4.4.2. JBoss Server Migration Tool XML Report

XML レポートは、ツールによって収集されるすべての移行データを提供する低レベルレポートです。これは、サードパーティースプレッドシートまたは他のデータ操作ツールでインポートおよび操作できる方法でフォーマットされます。

XML レポートの例は、本ガイドの付録にあります。

出力を設定するオプションは「Configuring the XML Report」を参照してください。

第5章 JBoss Server Migration Tool の設定

5.1. JBoss Server Migration Tool プロパティーの設定

プロパティーを使用して JBoss Server Migration Tool のロギングとレポート出力を設定し、移行するコンポーネントおよび設定を決定します。以下のメソッドの組み合わせを使用すると、これらのプロパティーを設定できます。

5.1.1. ツールプロパティーを使用した JBoss Server Migration Tool の設定

JBoss Server Migration Tool は、EAP_HOME/migration/configuration/ ディレクトリーにある environment.properties ファイルを使用して設定できます。この標準的な Java プロパティーファイルは、ターゲットサーバーへの移行時に設定可能なすべての有効なプロパティーのデフォルト値を提供します。デフォルト値を変更するには、プロパティーの前にあるコメント文字 # を削除し、必要な値に設定します。

5.1.2. ユーザープロパティーを使用した JBoss Server 移行ツールの設定

JBoss Server Migration Tool の設定プロパティーを定義する標準の Java プロパティーファイルを作成し、--environment-e 引数を使用してコマンドラインでそのパスを渡すこともできます。このパスは、現在のディレクトリーに対する絶対パスまたは相対パスになります。

$ EAP_HOME/bin/jboss-server-migration.sh --source EAP_PREVIOUS_HOME --environment path/to/my-server-migration.properties

--environment-e 引数を使用してコマンドラインで渡されるファイルで定義されたプロパティーは、EAP_HOME/migration/configuration/environment.properties ファイルで定義されているものを上書きします。

5.1.3. システムプロパティーを使用した JBoss Server Migration Tool の設定

以下の構文を使用して、JBoss Server Migration Tool をコマンドラインにシステムプロパティーを渡すと設定できます。

$ EAP_HOME/bin/jboss-server-migration.sh --source EAP_PREVIOUS_HOME -Djboss.server.migration.PROPERTY_NAME=PROPERTY_VALUE

システムプロパティー名は、環境プロパティー名と連結された jboss.server.migration. に環境変数名を指定する必要があります。以下の例では、JBoss Server Migration Tool の起動時に XML レポートの名前を migration-report.xml として指定する方法を表しています。

$ EAP_HOME/bin/jboss-server-migration.sh --source EAP_PREVIOUS_HOME  -Djboss.server.migration.report.xml.fileName=migration-report.xml

コマンドラインで指定された環境プロパティーは、ユーザー設定プロパティーおよびツール設定プロパティーの両方を上書きします。

警告

コマンドラインでシステムプロパティーを渡すことで JBoss Server Migration Tool を設定すると、以下のプロパティーで動作しません。

  • report.html.fileName
  • report.html.maxTaskPathSizeToDisplaySubtasks
  • report.html.templateFileName
  • report.summary.maxTaskPathSizeToDisplaySubtasks
  • report.xml.fileName

これは、次のバージョンの JBoss EAP で対処される既知の問題です。この問題の詳細は「JBEAP-12901」を参照してください。

5.2. JBoss Server Migration Tool のロギング設定

JBoss Server Migration Tool は JBoss Logging フレームワークを使用して移行の進捗をログに記録します。結果はコンソールと、EAP_HOME/migration/logs/ ディレクトリーに一する migration.log というファイルに書き込まれます。このログファイルが存在しない場合は作成され、ツールの後続の実行ごとにコンテンツが上書きされます。

ロギング設定は EAP_HOME/migration/logging.properties ファイルによって提供されます。この設定ファイルは修正することができます。あるいは、コマンドラインで logging.configuration システムプロパティーを使用して代替のロギング設定ファイルを指定できます。

$ EAP_HOME/bin/jboss-server-migration.sh --source EAP_PREVIOUS_HOME -Dlogging.configuration=file:EAP_PREVIOUS_HOME/migration/configuration/my-alternate-logging.properties

5.3. モジュール移行の設定

JBoss Server Migration Tool は、モジュールがターゲットサーバーに既にインストールされていない限り、ソースサーバーにインストールされているモジュールを移行することができます。モジュールの移行はリクエストによって明示的または暗黙的に行うことができます。これは、他のモジュールや移行されたサーバー設定はそれに依存するためです。

5.3.1. モジュール環境プロパティー

モジュールは modules.includes および modules.excludes 環境プロパティーを使用して移行するかどうかを制御できます。モジュール ID の構文は name:slot です。:slot は任意です。指定されない場合はデフォルトで main に設定されます。

  • ID が modules.excludes 環境プロパティーによって参照されるモジュールは移行されません。
  • ID が modules.includes 環境プロパティーで参照されるモジュールは、modules.excludes 環境プロパティーによって参照されない限り常に移行されます。

5.3.2. モジュールプロパティーの設定

モジュールの移行に使用する環境プロパティーは、以下のいずれかの方法で設定できます。

  • プロパティーはツールの EAP_HOME/migration/configuration/environment.properties ファイルで設定できます。

    modules.includes=com.example.moduleA,com.example.moduleB
    modules.excludes=com.example.moduleC
  • 独自のカスタムプロパティーファイルに上記のプロパティーを追加してから、--environment 引数を使用してコマンドラインでプロパティーファイル名を渡すことができます。

    $ EAP_HOME/bin/jboss-server-migration.sh --source EAP_PREVIOUS_HOME --environment PATH_TO_MY_PROPERTIES_FILE
  • システムプロパティーを使用して、コマンドラインで情報を渡すことができます。環境プロパティー名には、jboss.server.migration. を接頭辞に指定する必要があります。

    $ EAP_HOME/bin/jboss-server-migration.sh --source EAP_PREVIOUS_HOME -Djboss.server.migration.modules.includes="com.example.moduleA" -Djboss.server.migration.modules.excludes="com.example.moduleC,com.example.moduleD"
警告

JBoss Server Migration Tool は、ソースモジュールがターゲットサーバーと互換性のあることを確認しません。互換性のない移行モジュールにより、ターゲットサーバーが誤作動したり、全く機能しなくなることがあります。モジュールは、ソースサーバーとターゲットサーバーの両方にインストールされるモジュールの依存関係が原因で互換性がない可能性があります。ただし、各サーバーに異なるリソースを含めたり、公開したりすることができます。

5.4. JBoss Server Migration Tool のレポート設定

5.4.1. Task Summary ログの設定

以下の環境プロパティーを使用すると、Task Summary の生成をカスタマイズできます。

プロパティー名タイププロパティーの説明とデフォルト値

report.summary.maxTaskPathSizeToDisplaySubtasks

Integer

指定した整数より低いレベル、または等しいレベルでは、移行済みサブタスクを要約します。

デフォルトは 5 です。

5.4.2. HTML レポートの設定

以下の環境プロパティーを使用すると、HTML レポートをカスタマイズできます。

プロパティー名タイププロパティーの説明とデフォルト値

report.html.fileName

String

HTML レポートファイルの名前設定されていない場合、レポートは生成されません。

デフォルトは EAP_HOME/migration/reports/migration-report.html です。

report.html.maxTaskPathSizeToDisplaySubtasks

Integer

指定した整数より低いレベル、または等しいレベルでは、移行済みサブタスクを要約します。

デフォルトは 4 です。

report.html.templateFileName

String

HTML レポートテンプレートファイル名。

デフォルトは migration-report-template.html に設定されます。

5.4.3. XML レポートの設定

以下の環境プロパティーを使用して XML レポートをカスタマイズできます。

プロパティー名タイププロパティーの説明とデフォルト値

report.xml.fileName

String

XML レポートファイルの名前。設定されていない場合、レポートは生成されません。

デフォルトは EAP_HOME/migration/reports/migration-report.xml です。

5.5. スタンドアロンサーバー設定の移行の設定

JBoss Server Migration Tool は、スタンドアロンサーバーを完全に移行しないようにしたり、移行する設定ファイル名を指定したり、またはソースまたはターゲットサーバーのベースおよび設定ディレクトリーの代替パスを提供したりするように設定することができます。

以下の環境プロパティーを使用して、スタンドアロンサーバー設定の移行をカスタマイズできます。

表5.1 スタンドアロンサーバー移行環境プロパティー

プロパティー名プロパティーの説明

standalone.skip

true に設定すると、このツールはスタンドアロンサーバーの移行全体をスキップします。

server.source.standalone.serverDir

ソースサーバーのスタンドアロンディレクトリーの代替パスを定義します。これは、ソースサーバーの EAP_HOME/standalone/ ディレクトリーに対するデフォルトです。

server.source.standalone.configDir

ソースサーバーのスタンドアロン設定ディレクトリーの代替パスを定義します。これは、ソースサーバーの EAP_HOME/standalone/configuration/ ディレクトリーに対してデフォルトです。

server.source.standalone.configFiles

移行するソースサーバーのスタンドアロン設定のコンマ区切りのリスト

server.target.standalone.serverDir

ターゲットサーバーのスタンドアロンディレクトリーの代替パスを定義します。これは、ターゲットサーバーの EAP_HOME/standalone/ ディレクトリーに対してデフォルトです。

server.target.standalone.configDir

ターゲットサーバーのスタンドアロン設定ディレクトリーの代替パスを定義します。これは、ターゲットサーバーの EAP_HOME/standalone/configuration/ ディレクトリーに対してデフォルトです。

これらのプロパティーを使用して JBoss Server Migration Tool を設定する方法は、「Configuring the JBoss Server Migration Tool」を参照してください。

5.6. 管理対象ドメイン設定の移行の設定

JBoss Server Migration Tool は、管理対象ドメインを完全に移行しないようにしたり、移行する設定ファイル名を指定したり、またはソースまたはターゲットサーバーのベースおよび設定ディレクトリーの代替パスを提供したりするように設定することができます。

以下の環境プロパティーを使用して、管理対象ドメイン設定の移行をカスタマイズできます。

表5.2 管理対象ドメイン移行環境プロパティー

プロパティー名プロパティーの説明

domain.skip

true に設定すると、このツールは管理対象ドメインの移行全体をスキップします。

server.source.domain.domainDir

ソースサーバーの管理対象ドメインディレクトリーの代替パスを定義します。これは、ソースサーバーの EAP_HOME/domain/ ディレクトリーに対してデフォルトです。

server.source.domain.configDir

ソースサーバーの管理対象ドメイン設定ディレクトリーの代替パスを定義します。これは、ソースサーバーの EAP_HOME/domain/configuration/ ディレクトリーに対してデフォルトです。

server.source.domain.domainConfigFiles

移行されるソースサーバーの管理対象ドメイン設定ファイルのカンマ区切りの一覧。

server.source.domain.hostConfigFiles

移行されるソースサーバーのホスト設定ファイルのカンマ区切りの一覧。

server.target.domain.domainDir

ターゲットサーバーの管理対象ドメインディレクトリーの代替パスを定義します。これは、ターゲットサーバーの EAP_HOME/domain/ ディレクトリーに対してデフォルトです。

server.target.domain.configDir

ターゲットサーバーの管理対象ドメイン設定ディレクトリーの代替パスを定義します。これは、ターゲットサーバーの EAP_HOME/domain/configuration/ ディレクトリーに対してデフォルトです。

これらのプロパティーを使用して JBoss Server Migration Tool を設定する方法は、「Configuring the JBoss Server Migration Tool」を参照してください。

5.7. JBoss Server Migration Tool が実行する移行タスクの設定

デフォルトでは、JBoss Server Migration Tool は、移行する各スタンドアロンサーバー、管理対象ドメイン、およびホスト設定のすべてのコンポーネントおよびサブシステムを自動的に移行します。環境プロパティーを使用することで、ツールで実行される特定のタスクおよびサブの実行をカスタマイズできます。たとえば、サポート対象外のサブシステムの削除を省略したり、デプロイメントの移行を省略したりするようにツールを設定できます。ツールによって実行されるタスクは、サーバー設定の種類と、移行するソースサーバーのバージョンによって異なります。

JBoss Server Migration Tool が実行するタスクをカスタマイズする環境プロパティーを設定する方法は、以下のセクションを参照してください。

第6章 JBoss EAP 6.4 設定の JBoss EAP 7.4 への移行

6.1. JBoss EAP 6.4 スタンドアロンサーバーの JBoss EAP 7.4 への移行

JBoss Server Migration Tool はデフォルトで、スタンドアロンサーバー設定を JBoss EAP 6.4 から JBoss EAP 7.4 に移行するときに以下のタスクを実行します。

6.1.1. 非対応のサブシステムの削除

以下の JBoss EAP 6.4 サブシステムは JBoss EAP 7.4 ではサポートされません。

サブシステム名設定名前空間拡張モジュール

cmp

urn:jboss:domain:cmp:*

org.jboss.as.cmp

configadmin

urn:jboss:domain:configadmin:*

org.jboss.as.configadmin

jaxr

urn:jboss:domain:jaxr:*

org.jboss.as.jaxr

osgi

urn:jboss:domain:osgi:*

org.jboss.as.osgi

threads

urn:jboss:domain:threads:*

org.jboss.as.threads

JBoss Server Migration Tool は、サポート対象外のすべてのサブシステム設定と拡張機能を、移行されたサーバー設定から削除します。このツールは各サブシステムとそれらの拡張をログファイルに記録し、削除時にコンソールに記録します。

サポート対象外のサブシステムの削除を省略するには、subsystems.remove-unsupported-subsystems.skip プロパティーを true に設定します。

JBoss Server Migration Tool のデフォルト動作を上書きし、以下の環境プロパティーを使用して移行中に含まれるサブシステムと拡張機能を指定することができます。

プロパティー名プロパティーの説明

extensions.excludes

決して移行すべきでない拡張機能のモジュール名の一覧 (例: com.example.extension1,com.example.extension3)。

extensions.includes

常に移行すべき拡張子のモジュール名 (例: com.example.extension2,com.example.extension4) のリスト。

subsystems.excludes

決して移行すべきでないサブシステムの名前空間の一覧 (バージョンを除く) (例: urn:jboss:domain:logging、urn:jboss:domain:ejb3)

subsystems.includes

常に移行すべきサブシステムの名前空間の一覧 (バージョンを除く) (例: urn:jboss:domain:security, urn:jboss:domain:ee)

6.1.2. 参照済みモジュールの移行

ソースサーバーからターゲットサーバーに移行される設定が、ターゲットサーバーにインストールされていないモジュールを参照したり、これに依存する可能性があります。JBoss Server Migration Tool はこれを検知し、参照されるモジュールと、その依存関係モジュールをソースサーバーからターゲットサーバーに自動的に移行します。

スタンドアロンサーバー設定で参照されるモジュールは、以下のプロセスを使用して移行されます。

  • セキュリティーレルム設定で参照されるモジュールは、プラグインモジュールとして移行されます。
  • datasource サブシステム設定によって参照されるモジュールは、データソースドライバーモジュールとして移行されます。
  • ee サブシステム設定によって参照されるモジュールはグローバルモジュールとして移行されます。
  • naming サブシステム設定によって参照されるモジュールは、オブジェクトファクトリーモジュールとして移行されます。
  • messaging サブシステム設定によって参照されるモジュールは、Java Messaging Service ブリッジモジュールとして移行されます。
  • vault 設定によって参照されるモジュールは、新しい設定に移行されます。
  • ターゲット設定にインストールされていないエクステンションは、ターゲットサーバー設定に移行されます。

コンソールは、移行されるモジュールのモジュール ID を示すメッセージをログに記録します。modules.excludes 環境プロパティーにモジュール ID を指定して、特定モジュールの移行を除外できます。詳細は、「モジュールの移行の設定」を参照してください。

6.1.3. 参照パスの移行

ソースサーバーからターゲットサーバーへの移行される設定は、ターゲットサーバーにも移行する必要があるファイルパスとディレクトリーを参照したり、これらに依存する可能性があります。JBoss Server Migration Tool は絶対パス参照を移行しません。ソース設定との関連として設定されるファイルやディレクトリーのみを移行します。コンソールは、移行される各パスを示すメッセージをログに記録します。

JBoss Server Migration Tool は以下のパス参照を自動的に移行します。

  • vault キーストアおよび暗号化されたファイルのディレクトリー。

参照パスの移行を省略するには、paths.migrate-paths-requested-by-configuration.vault.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.1.4. Jacorb サブシステムの移行

jacorb サブシステムは JBoss EAP 7.4 で非推奨となり、iiop-openjdk サブシステムに置き換えられました。デフォルトでは、JBoss Server Migration Tool は自動的に jacorb サブシステム設定を置換の iiop-openjdk サブシステム設定に移行し、結果をログファイルとコンソールに記録します。

iiop-openjdk サブシステム設定への自動移行を省略するには、subsystem.jacorb.migrate.skip 環境プロパティーの値を true に設定します。

6.1.5. Web サブシステムの移行

web サブシステムは JBoss EAP 7.4 で非推奨となり、undertow サブシステムに置き換えられました。デフォルトでは、JBoss Server Migration Tool は web サブシステム設定を代替の undertow サブシステム設定に自動的に移行し、結果をログファイルとコンソールに記録します。

web サブシステムの自動移行を省略するには、subsystem.web.migrate.skip 環境変数の値を true に設定します。

6.1.6. messaging サブシステムの移行

messaging サブシステムは JBoss EAP 7.4 で非推奨となり、messaging-activemq サブシステムに置き換えられました。JBoss Server Migration Tool は自動的に messaging サブシステム設定を代替の messaging-activemq サブシステム設定に移行し、結果をログファイルとコンソールに記録します。

messaging サブシステムの自動移行を省略するには、subsystem.messaging.migrate.skip 環境プロパティーの値を true に設定します。

6.1.7. Infinispan サブシステムの更新

JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの JBoss EAP 7.4 設定に合わせて infinispan サブシステム設定を更新します。

  • このツールは、EJB キャッシュコンテナーがまだ追加されていない設定に、JBoss EAP 7.4 のデフォルト設定にある、この EJB キャッシュコンテナーを追加します。
  • JBoss EAP 7.4 のデフォルト設定にあるサーバーキャッシュコンテナーを追加します。
  • Hibernate キャッシュコンテナー設定でモジュール名を更新します。
  • JBoss EAP 7.4 のデフォルト設定にある Web キャッシュコンテナーに同時キャッシュを追加します。

JBoss Server Migration Tool は infinispan サブシステム設定を自動的に更新し、そのログファイルとコンソールに結果を記録します。

以下の環境プロパティーを設定して、infinispan システムの更新をカスタマイズできます。

プロパティー名プロパティーの説明

subsystem.infinispan.update.skip

true に設定した場合は、infinispan サブシステムの更新を省略します。

subsystem.infinispan.update.add-infinispan-ejb-cache.skip

true に設定した場合は、EJB キャッシュコンテナーを追加しません。

subsystem.infinispan.update.add-infinispan-server-cache.skip

true に設定した場合は、サーバーのキャッシュコンテナーを追加しません。

subsystem.infinispan.update.fix-hibernate-cache-module-name.skip

true に設定した場合は、Hibernate キャッシュコンテナー設定のモジュール名を更新しません。

subsystem.infinispan.update-infinispan-web-cache

true に設定した場合は、同時キャッシュを web キャッシュコンテナー設定に追加しません。

6.1.8. EE サブシステムの更新

JBoss Server Migration Tool は ee サブシステムを更新し、JBoss EAP 7.4 でサポートされる Jakarta EE 機能を設定します。

  • JBoss EAP 7.4 のデフォルト設定にある container-managed executors などの Jakarta EE コンカレンシーユーティリティーのインスタンスを設定し、結果をログファイルおよびコンソールに記録します。
  • これは、デフォルトの JBoss EAP 6.4 設定にあるデフォルトのデータソースなどのデフォルトのリソースを定義します。リソースが見つからなかった場合、ツールは設定の利用可能な全リソースを一覧表示し、一覧からリソースを選択するか、デフォルトとして設定する必要のあるリソースの Java Naming and Directory Interface アドレスを示すプロンプトを提供します。

    注記

    指定した Java Naming and Directory Interface 名が有効であると想定されます。Java Naming and Directory Interface 名はツールによって検証されません。

JBoss Server Migration Tool は ee サブシステム設定を自動的に更新し、結果をログファイルとコンソールに記録します。

以下の環境プロパティーを設定して、ee システムの更新をカスタマイズできます。

プロパティー名プロパティーの説明

subsystem.ee.update.skip

true に設定すると、ee サブシステムの更新を省略します。

subsystem.ee.update.setup-ee-concurrency-utilities.skip

true に設定すると、コンカレンシーユーティリティーのデフォルトインスタンスを追加しません。

subsystem.ee.update.setup-javaee7-default-bindings.skip

true に設定すると、Java EE のデフォルトリソースをセットアップしません。

subsystem.ee.update.setup-javaee7-default-bindings.defaultDataSourceName

ソース設定で検索するデフォルトデータソースの名前を指定します。

subsystem.ee.update.setup-javaee7-default-bindings.defaultDataSourceJndiName

デフォルトデータソースの Java Naming and Directory Interface 名を指定します。

subsystem.ee.update.setup-javaee7-default-bindings.defaultJmsConnectionFactoryName

デフォルトの Java Messaging Service 接続ファクトリーの名前を指定します。

subsystem.ee.update.setup-javaee7-default-bindings.defaultJmsConnectionFactoryJndiName

デフォルトの Java Messaging Service 接続ファクトリーの Java Naming and Directory Interface 名を指定します。

EE サブシステムでのコンカレンシーユーティリティーの設定

Jakarta EE コンカレンシーユーティリティーの設定を選択すると、このツールはデフォルトの JBoss EAP 7.4 設定にあるインスタンスを自動的に設定し、結果をログファイルおよびコンソールに記録します。

INFO  [ServerMigrationTask#49] Default ContextService added to EE subsystem configuration.
INFO  [ServerMigrationTask#49] Default ManagedThreadFactory added to EE subsystem configuration.
INFO  [ServerMigrationTask#49] Default ManagedExecutorService added to EE subsystem configuration.
INFO  [ServerMigrationTask#49] Default ManagedScheduledExecutorService added to EE subsystem configuration.

EE サブシステムでのデフォルトリソースの設定

このツールは、Java EE のデフォルトリソースを定義する時に、デフォルトの JBoss EAP 7.4 設定にあるリソースを自動的に選択します。

INFO  [ServerMigrationTask#50] Java EE Default Datasource configured with Java Naming and Directory Interface and name java:jboss/datasources/ExampleDS.

デフォルトリソースが見つからない場合、ツールは設定で利用可能なすべてのリソースを一覧表示し、デフォルトのリソースを選択するか、デフォルトとして設定する必要のあるリソースの Java Naming and Directory アドレスを示すプロンプトを提供します。

以下は、ExampleDS データソースの設定ファイルを移行する際に発生する対話例です。

INFO  [ServerMigrationTask#22] Default datasource not found.
0. ExampleDS
1. Unconfigured data source, I want to enter the Java Naming and Directory Interface name...
Please select Java EE's Default Datasource: (0): 0
INFO  [ServerMigrationTask#22] Java EE Default Datasource configured with Java Naming and Directory Interface name java:jboss/datasources/ExampleDS.

Save this Java EE Default Datasource Java Naming and Directory Interface name and use it when migrating other config files?
yes/no? y
注記

非対話モードで JBoss Server Migration Tool を実行し、デフォルトの Java Messaging Service 接続ファクトリーなどの JBoss EAP 6.4 のデフォルトリソースが利用できない場合、このツールはこれらのリソースを設定しません。

6.1.9. EJB 3 サブシステムの更新

JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの JBoss EAP 7.4 設定とさらに整合性を保てるように ejb3 サブシステムに以下の更新を行います。

  • HTTP コネクターを参照するリモートサービス設定を更新します。
  • default-sfsb-cache を使用するように default-sfsb-passivation-disabled-cache 属性を設定します。
  • レガシーパッシベーションストアおよびキャッシュ設定を JBoss EAP 7.4 のデフォルト値に置き換えます。

JBoss Server Migration Tool は ejb3 サブシステム設定を自動的に更新し、結果をログファイルとコンソールに記録します。

ejb3 サブシステム設定の更新に成功すると、JBoss Server Migration Tool は結果をログファイルとコンソールに記録します。

 INFO  Subsystem ejb3 updated.

以下の環境プロパティーを設定して、ejb3 システムの更新をカスタマイズできます。

プロパティー名プロパティーの説明

subsystem.ejb3.update.skip

true に設定した場合は、ejb3 サブシステムの更新を省略します。

subsystem.ejb3.update.add-infinispan-passivation-store-and-distributable-cache.skip

true に設定した場合は、passivation-store および cache 設定を置き換えないでください。

subsystem.ejb3.update.setup-default-sfsb-passivation-disabled-cache.skip

true に設定した場合は、default-sfsb-passivation-disabled-cache 設定を更新しないでください。

subsystem.ejb3.update.activate-ejb3-remoting-http-connector.skip

true に設定した場合は、EJB リモーティング設定を更新しないでください。

6.1.10. JGroups サブシステムの更新

JBoss Server Migration Tool は jgroups サブシステムを更新し、JBoss EAP 7.4 の設定に合わせます。

  • これは MERGE2 プロトコルを MERGE3 に置き換えます。
  • これは FD プロトコルを FD_ALL に置き換えます。
  • これは pbcast.NAKACK プロトコルを pbcast.NAKACK2 に置き換えます。
  • これは、UNICAST2 プロトコルを UNICAST3 に置き換えます。
  • RSVP プロトコルを削除します。
  • これは、FRAG2 プロトコルを FRAG3 プロトコルに置き換えます。

jgroups サブシステム設定の移行に成功すると、JBoss Server Migration Tool は結果をログファイルとコンソールに記録します。

 INFO  Subsystem jgroups updated.

jgroups サブシステムの自動移行を省略するには、subsystem.jgroups.update.skip プロパティーを true に設定します。

6.1.11. Remoting サブシステムの更新

JBoss EAP 7.4 には、単一のポートを使用してすべてのレガシーリモーティングプロトコルおよびポートを置き換える HTTP コネクターが含まれています。JBoss Server Migration Tool は、HTTP コネクターを使用するように remoting サブシステムを自動的に更新します。

remoting サブシステムの設定の自動更新を省略するには、subsystem.remoting.update.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.1.12. transaction サブシステムの更新

JBoss Server Migration Tool は、transactions サブシステムを更新して、JBoss EAP 7.4 サーバーに必要な設定変更を適用します。

JBoss Server Migration Tool は、transactions サブシステムから path および relative-to 属性を削除し、それらを同等の object-store-path および object-store-relative-to 属性に置き換えます。

transactions の自動更新をスキップするには、subsystem.transactions.update-xml-object-store-paths.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.1.13. Undertow サブシステムの調整

JBoss Server Migration Tool は、JBoss EAP 7.4 の web サブシステムを移行する以外に、後継の undertow サブシステムを更新してサポート対象機能を追加します。

  • これは、デフォルトの HTTP リスナーのリダイレクトソケットを設定します。
  • Jakarta WebSocket のサポートが追加されました。
  • デフォルトの HTTPS リスナーを設定します。
  • HTTP2 のサポートを追加します。
  • Server 応答ヘッダーを削除します。
  • X-Powered-By 応答ヘッダーを削除します。
  • これは、デフォルトの HTTP Invoker を設定します。

JBoss Server Migration Tool は undertow サブシステム設定を自動的に更新し、結果をログファイルとコンソールに記録します。

undertow サブシステム設定の移行に成功すると、JBoss Server Migration Tool は結果をログファイルとコンソールに記録します。

 INFO  Subsystem undertow updated.

以下の環境プロパティーを設定して、undertow システムの更新をカスタマイズできます。

プロパティー名プロパティーの説明

subsystem.undertow.update.skip

true に設定した場合は、undertow サブシステムの更新を省略します。

subsystem.undertow.update.set-default-http-listener-redirect-socket.skip

true に設定する場合は、デフォルトの HTTP リスナーのリダイレクトソケットを設定しません。

subsystem.undertow.update.add-undertow-websockets.skip

true に設定する場合は、WebSocket のサポートを追加しないでください。

subsystem.undertow.update.add-undertow-https-listener.skip

true に設定する場合は、デフォルトの HTTPS リスナーを設定しません。

subsystem.undertow.update.enable-http2.skip

true に設定する場合は、HTTP2 のサポートを追加しません。

subsystem.undertow.update.add-response-header.server-header.skip

true に設定する場合は、デフォルトのサーバー 応答 ヘッダーを設定しません。

subsystem.undertow.update.add-response-header.x-powered-by-header.skip

true に設定する場合は、デフォルトの X-Powered-By 応答ヘッダーを設定しません。

subsystem.undertow.update.add-http-invoker.skip

true に設定する場合は、デフォルトの HTTP Invoker を設定しません。

6.1.14. messaging-activemq サブシステムの更新

JBoss EAP 7.4 の messaging サブシステムを移行する以外に、JBoss Server Migration Tool は後継の messaging-activemq サブシステムを更新してサポート対象の新機能を追加します。

  • HTTP ベースのリモートメッセージングクライアントを有効にするために、デフォルトの HTTP コネクターおよびアクセプターを追加します。

JBoss Server Migration Tool は messaging-activemq サブシステム設定を自動的に更新し、結果をログファイルとコンソールに記録します。

messaging-activemq サブシステムの自動更新を省略するには、subsystem.messaging-activemq.update.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.1.15. Batch JBeret サブシステムの追加

JBoss EAP 7.4 の batch-jberet サブシステムは、JSR 352: Batch Applications for the Java Platform のサポートを提供します。JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの batch-jberet サブシステム設定を移行された設定に自動的に追加します。バッチアプリケーションの Jakarta に相当するものは、「Jakarta Batch 1.0 仕様」で定義されています。

batch-jberet サブシステム設定の追加を省略するには、subsystem.batch-jberet.add.skip プロパティーを true に設定します。

6.1.16. コア管理サブシステムの追加

JBoss EAP 7.4 の core-management サブシステムは、これまでのリリースでは管理コアサービスで設定していた、管理関連のリソースを提供します。これらのリソースの例には、サーバーに追加された設定変更の履歴やサーバーライフサイクルイベントの監視機能などが含まれます。JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの core-management サブシステム設定を移行された設定ファイルに自動的に追加します。

core-management サブシステム設定の追加を省略するには、subsystem.core-management.add.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.1.17. discovery サブシステムの追加

JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの discovery サブシステム設定を移行された設定ファイルに自動的に追加します。

discovery サブシステム設定の追加を省略するには、subsystem.discovery.add.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.1.18. EE Security サブシステムの追加

JBoss EAP 7.4 の ee-security サブシステムは、Jakarta Security のサポートおよびコンプライアンスを提供します。JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの ee-security サブシステム設定を移行された設定ファイルに自動的に追加します。

ee-security サブシステム設定の追加を省略するにはsubsystem.ee-security.add.skiptrue に設定します。

6.1.19. elytron サブシステムの追加

JBoss EAP 7.4 elytron サブシステムでは、単一の統合フレームワークが使用されるので、スタンドアロンサーバーと管理対象ドメインの両方のアクセスを管理および設定できます。JBoss EAP サーバーにデプロイされたアプリケーションのセキュリティーアクセスを設定するために使用することもできます。JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの elytron サブシステム設定を移行された設定ファイルに自動的に追加します。

elytron サブシステム設定の追加を省略するには、subsystem.elytron.add.skip プロパティーを true に設定します。

6.1.20. health サブシステムの追加

JBoss EAP 7.4 の health サブシステムでは、サーバーの健全性機能を利用できます。JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの health サブシステム設定を移行された設定ファイルに自動的に追加します。

health サブシステム設定の追加を省略するには、subsystem.health.add.skip 環境プロパティーを true に設定します。

health サブシステムを JBoss EAP 7.4 に追加した後、Web コンソールに以下のメッセージが表示されます。

INFO  Subsystem health added.

6.1.21. metrics サブシステムの追加

JBoss EAP 7.4 の metrics サブシステムでは、サーバーのメトリクス機能を利用できます。JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの metrics サブシステム設定を移行された設定ファイルに自動的に追加します。

metrics サブシステム設定の追加を省略するには、subsystem.metrics.add.skip 環境プロパティーを true に設定します。

metrics サブシステムを JBoss EAP 7.4 に追加した後、Web コンソールに以下のメッセージが表示されます。

INFO  Subsystem metrics added.

6.1.22. Request Controller サブシステムの追加

JBoss EAP 7.4 の request-controller サブシステムでは、輻輳制御と正常なシャットダウン機能を利用できます。JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの request-controller サブシステム設定を移行された設定ファイルに自動的に追加します。

request-controller サブシステム設定の追加を省略するには、subsystem.request-controller.add.skip プロパティーを true に設定します。

6.1.23. Security Manager サブシステムの追加

JBoss EAP 7.4 の security-manager サブシステムでは、Jakarta Security パーミッションを利用できます。JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの security-manager サブシステム設定を移行された設定ファイルに自動的に追加します。

security-manager サブシステム設定の追加を省略するには subsystem.security-manager.add.skip 環境を true に設定します。

6.1.24. singleton サブシステムの追加

JBoss EAP 7.4 の singleton サブシステムでは、シングルトン機能を利用できます。JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの singleton サブシステム設定を移行された設定ファイルに自動的に追加します。

singleton サブシステム設定の追加を省略するには、subsystem.singleton.add.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.1.25. HTTP アップグレード管理の設定

JBoss EAP 7.4 で undertow を追加することで、HTTP アップグレードが追加され、複数のプロトコルを単一ポートで多重化できるようになります。これは、管理クライアントが HTTP 上で最初の接続を確立できることを意味します。しかし、次に別のプロトコルにその接続をアップグレードする要求を送信します。JBoss Server Migration Tool は、HTTP Upgrade 管理に対応するように設定を自動的に更新します。

HTTP アップグレード管理の設定を省略するには、management.setup-http-upgrade.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.1.26. プライベートインターフェースのセットアップ

JBoss EAP 7.4 のデフォルト設定では、すべての jgroups ソケットバインディングでプライベートインターフェースが使用されます。JBoss Server Migration Tool は、同じ設定を使用するように、移行された jgroups ソケットバインディングを自動的に更新します。

プライベートインターフェースの設定を省略するには、interface.private.setup.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.1.27. ソケットバインディングポート式の追加

JBoss EAP 7.4 のデフォルト設定では、以下のソケットバインディングの port 属性に値式が使用されます。

  • ajp
  • http
  • https

JBoss Server Migration Tool は、これらの値式を移行されたサーバー設定に自動的に追加します。

ソケットバインディングポート式の更新を省略するには、socket-bindings.add-port-expressions.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.1.28. ソケットバインディングマルチキャストアドレス式の追加

JBoss EAP 7.4 のデフォルト設定では、mod_cluster ソケットバインディングの multicast-address 属性の値式が使用されます。JBoss Server Migration Tool は、これらの値式を移行された設定ファイルに自動的に追加します。

これらの式の追加を省略するには、socket-bindings.multicast-address.add-expressions.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.1.29. 互換性のあるセキュリティーレルムの移行

JBoss EAP 7.4 のセキュリティーレルム設定は JBoss EAP 6.4 セキュリティーレルム設定と完全に互換性があるので、JBoss Server Migration Tool では更新は必要ありません。ただし、application-users.propertiesapplication-roles.propertiesmgmt-users.propertiesmgmt-groups.properties ファイルが絶対パスで参照されていない場合、このツールは移行された設定ファイルによって想定されるパスにコピーします。

セキュリティーレルムの移行を省略するには、security-realms.migrate-properties.skip environment 環境プロパティーを true に設定します。

6.1.30. デフォルトの SSL サーバーアイデンティティーを ApplicationRealm に追加します。

JBoss EAP 7.4 のデフォルト設定には、デフォルトの ApplicationRealm セキュリティーレルムの SSL サーバーアイデンティティーが含まれます。JBoss Server Migration Tool は、このアイデンティティーを移行された設定ファイルに自動的に追加します。

このアイデンティティーの追加を省略するには、security-realm.ApplicationRealm.add-ssl-server-identity.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.1.31. デプロイメントの移行

JBoss Server Migration Tool は以下のタイプのスタンドアロンサーバーデプロイメント設定を移行できます。

デプロイメントの移行は、ターゲットサーバーへの関連ファイルリソースのインストールと、移行した設定の更新から成ります。

JBoss Server Migration Tool は、非対話モードで実行するとデフォルトでデプロイメントを省略するように事前設定されています。デプロイメントの移行を有効にするには、deployments.migrate-deployments.skip 環境プロパティーを false に設定します。

重要

インタラクティブモードで JBoss Server Migration Tool を実行し、無効な入力を入力すると、その結果の動作は deployments.migrate-deployments 環境プロパティーの値に依存することに注意してください。

  • deployments.migrate-deployments.skipfalse に設定し、無効な入力を入力すると、このツールはデプロイメントの移行を試行します。
  • deployments.migrate-deployments.skiptrue に設定され、無効な入力を入力すると、このツールはデプロイメントの移行を省略します。

特定のタイプのデプロイメントの移行を有効にするには、以下のセクションを参照してください。

警告

JBoss Server Migration Tool は、デプロイされたリソースがターゲットサーバーと互換性があるかどうかを判別しません。つまり、アプリケーションやリソースはデプロイされない可能性があり、期待通りに機能しないか、または全く機能しない可能性があります。また、JBoss EAP 6.4 *-jms.xml 設定ファイルなどのアーティファクトは変更なしでコピーされ、JBoss EAP サーバーがエラーで起動する可能性があることに注意してください。

Red Hat は、Migration Toolkit for Applications (MTA) を使用してデプロイメントを分析し、異なる JBoss EAP サーバー間の互換性を判断することを推奨します。詳細は、「Product Documentation for Migration Toolkit for Applications」を参照してください。

6.1.31.1. 永続デプロイメントの移行

非対話モードでの実行時に永続的なデプロイメントを移行できるようにするには、deployments.migrate-persistent-deployments.skip 環境プロパティーを false に設定します。

JBoss Server Migration Tool は、すべての永続的なデプロイメント参照を検索し、それらをコンソールに一覧表示します。

INFO  [ServerMigrationTask#67] Persistent deployments found: [cmtool-helloworld3.war, cmtool-helloworld4.war, cmtool-helloworld2.war, cmtool-helloworld1.war]

その後の処理ワークフローは以下で説明するように、対話モードまたは非対話モードでツールを実行しているかどうかによります。

非対話モードでの永続デプロイメントの移行

非対話モードでツールを実行する場合、このツールは事前設定されたプロパティーを使用して、永続的なデプロイメントを移行するかどうかを決定します。永続的なデプロイメントは、deployments.migrate-deployments.skip および deployments.migrate-persistent-deployments.skip プロパティーが両方とも false に設定されている場合にのみ移行されます。

対話モードでの永続デプロイメントの移行

対話モードでツールを実行する場合は、JBoss Server Migration Tool が以下のワークフローを使用してディプロイメントごとにプロンプトを表示します。

  1. 検出した永続的なデプロイメントをコンソールに出力すると、次のプロンプトが表示されます。

    This tool is not able to assert if persistent deployments found are compatible with the target server, skip persistent deployments migration?
    yes/no?
    • 永続的なデプロイメントの移行を省略する場合は、yes で応答します。すべてのデプロイメント参照は移行された設定から削除され、移行プロセスが終了します。
    • 移行を続行するには、no と応答します。
  2. 続行する場合は、以下のプロンプトが表示されます。

    Migrate all persistent deployments found?
    yes/no?
    • 移行プロセスですべてのデプロイメントを自動的に移行し、終了させる場合は yes で応答します。
    • 移行を続行するには、no と応答します。
  3. 続行する場合には、参照される各デプロイメントの移行を確認するプロンプトが表示されます。

    Migrate persistent deployment 'helloworld01.war'?
    yes/no?
    • デプロイメントを移行するには yes で応答します。
    • 移行した設定からディプロイメントを削除するには、no で応答します。

      INFO  [ServerMigrationTask#68] Removed persistent deployment from configuration /deployment=helloworld01.war

6.1.31.2. デプロイメントスキャナーデプロイメントの移行

スタンドアロンサーバー設定のみで使用されるデプロイメントスキャナーは、新規ファイルのディレクトリーを監視します。また、デプロイメントを自動的に管理したり、特別なデプロイメントマーカーファイルを介して管理します。

非対話モードで実行時にデプロイメントスキャナーによって監視されるディレクトリーにあるデプロイメントの移行を有効にするには、deployments.migrate-deployment-scanner-deployments.skip 環境プロパティーを false に設定します。

スタンドアロンサーバー設定を移行する場合、JBoss Server Migration Tool は最初に設定済みのデプロイメントスキャナーを検索します。見つかった各スキャナーに対して、監視されるディレクトリーで、デプロイ済みとマークされているデプロイメントを検索し、結果をコンソールに出力します。

その後の処理ワークフローは以下で説明するように、対話モードまたは非対話モードでツールを実行しているかどうかによります。

非対話モードでのデプロイメントスキャナーディプロイメントの移行

非対話モードでツールを実行する場合、このツールは事前設定されたプロパティーを使用してデプロイメントスキャナーのデプロイメントを移行するかどうかを決定します。デプロイメントスキャナーは、deployments.migrate-deployments.skip および deployments.migrate-deployment-scanner-deployments.skip プロパティーが両方とも false に設定されている場合にのみ移行されます。

対話モードでのデプロイメントスキャナーディプロイメントの移行

対話モードでツールを実行する場合は、JBoss Server Migration Tool が以下のワークフローを使用してディプロイメントごとにプロンプトを表示します。

  1. 検出したデプロイメントスキャナーディプロイメントをコンソールに出力すると、次のプロンプトが表示されます。

    This tool is not able to assert if the scanner's deployments found are compatible with the target server, skip scanner's deployments migration?
    yes/no?
    • デプロイメントスキャナーデプロイメントの移行を省略する場合は、yes で応答します。すべてのデプロイメント参照は移行された設定から削除され、移行プロセスが終了します。
    • 移行を続行するには、no と応答します。
  2. 続行する場合は、以下のプロンプトが表示されます。

    Migrate all scanner's deployments found?
    yes/no?
    • 移行プロセスですべてのデプロイメントを自動的に移行し、終了させる場合は yes で応答します。
    • 移行を続行するには、no と応答します。
  3. 続行する場合には、参照される各デプロイメントの移行を確認するプロンプトが表示されます。

    Migrate scanner's deployment 'helloworld02.war'?
    yes/no?
    • デプロイメントを移行するには yes で応答します。
    • 移行した設定からディプロイメントを削除するには、no で応答します。

      INFO  [ServerMigrationTask#69] Resource with path EAP_HOME/standalone/deployments/helloworld02.war migrated.

6.1.31.3. デプロイメントオーバーレイの移行

デプロイメントオーバーレイの移行は、完全に自動化されたプロセスです。deployments.migrate-deployments.skip 環境プロパティーを false に設定してデプロイメントの移行を有効にしている場合、JBoss Server Migration Tool は移行されたデプロイメントにリンクされているスタンドアロンサーバー設定で参照されるデプロイメントオーバーレイを検索します。見つかったものを自動的に移行し、参照されていないものを削除して、結果をそのログファイルおよびコンソールに記録します。

6.2. JBoss EAP 6.4 管理対象ドメインの JBoss EAP 7.4 への移行

警告

JBoss Server Migration Tool を使用してドメインコントローラーを新しい JBoss EAP リリースに移行する場合は、それに接続していても以前のサーバーリリースで依然として実行しているホストがブートに失敗する可能性があります。このため、ドメインコントローラーを移行する前にホストを移行する必要があります。ホストを移行しない場合は、開始する前に以下の情報を確認してください。

JBoss EAP の『設定ガイド』の「JBoss EAP 6 インスタンスを管理するよう JBoss EAP 7.x ドメインコントローラーを設定」を確認します。「JBoss EAP 6 インスタンスが JBoss EAP 7 の更新を取得しないようにする」というセクションを注意して確認してください。

詳細は、JBoss EAP『設定ガイド』の「複数の JBoss EAP バージョンの管理」を参照してください。

JBoss Server Migration Tool はデフォルトで、管理対象ドメイン設定を JBoss EAP 6.4 から JBoss EAP 7.4 に移行するときに以下のタスクを実行します。

6.2.1. 非対応のサブシステムの削除

以下の JBoss EAP 6.4 サブシステムは JBoss EAP 7.4 ではサポートされません。

サブシステム名設定名前空間拡張モジュール

cmp

urn:jboss:domain:cmp:*

org.jboss.as.cmp

configadmin

urn:jboss:domain:configadmin:*

org.jboss.as.configadmin

jaxr

urn:jboss:domain:jaxr:*

org.jboss.as.jaxr

osgi

urn:jboss:domain:osgi:*

org.jboss.as.osgi

threads

urn:jboss:domain:threads:*

org.jboss.as.threads

JBoss Server Migration Tool は、サポート対象外のすべてのサブシステム設定と拡張機能を、移行されたサーバー設定から削除します。このツールは各サブシステムとそれらの拡張をログファイルに記録し、削除時にコンソールに記録します。

サポート対象外のサブシステムの削除を省略するには、subsystems.remove-unsupported-subsystems.skip プロパティーを true に設定します。

JBoss Server Migration Tool のデフォルト動作を上書きし、以下の環境プロパティーを使用して移行中に含まれるサブシステムと拡張機能を指定することができます。

プロパティー名プロパティーの説明

extensions.excludes

決して移行すべきでない拡張機能のモジュール名の一覧 (例: com.example.extension1,com.example.extension3)。

extensions.includes

常に移行すべき拡張子のモジュール名 (例: com.example.extension2,com.example.extension4) のリスト。

subsystems.excludes

決して移行すべきでないサブシステムの名前空間の一覧 (バージョンを除く) (例: urn:jboss:domain:logging、urn:jboss:domain:ejb3)

subsystems.includes

常に移行すべきサブシステムの名前空間の一覧 (バージョンを除く) (例: urn:jboss:domain:security, urn:jboss:domain:ee)

6.2.2. 参照済みモジュールの移行

ソースサーバーからターゲットサーバーに移行される設定が、ターゲットサーバーにインストールされていないモジュールを参照したり、これに依存する可能性があります。JBoss Server Migration Tool はこれを検知し、参照されるモジュールと、その依存関係モジュールをソースサーバーからターゲットサーバーに自動的に移行します。

管理対象ドメイン設定で参照されるモジュールは、以下のプロセスを使用して移行されます。

  • セキュリティーレルム設定で参照されるモジュールは、プラグインモジュールとして移行されます。
  • datasource サブシステム設定によって参照されるモジュールは、データソースドライバーモジュールとして移行されます。
  • ee サブシステム設定によって参照されるモジュールはグローバルモジュールとして移行されます。
  • naming サブシステム設定によって参照されるモジュールは、オブジェクトファクトリーモジュールとして移行されます。
  • messaging サブシステム設定によって参照されるモジュールは、Java Messaging Service ブリッジモジュールとして移行されます。
  • vault 設定によって参照されるモジュールは、新しい設定に移行されます。
  • ターゲット設定にインストールされていないエクステンションは、ターゲットサーバー設定に移行されます。

コンソールは、移行されるモジュールのモジュール ID を示すメッセージをログに記録します。modules.excludes 環境プロパティーにモジュール ID を指定して、特定モジュールの移行を除外できます。詳細は、「モジュールの移行の設定」を参照してください。

6.2.3. 参照パスの移行

ソースサーバーからターゲットサーバーへの移行される設定は、ターゲットサーバーにも移行する必要があるファイルパスとディレクトリーを参照したり、これらに依存する可能性があります。JBoss Server Migration Tool は絶対パス参照を移行しません。ソース設定との関連として設定されるファイルやディレクトリーのみを移行します。コンソールは、移行される各パスを示すメッセージをログに記録します。

JBoss Server Migration Tool は以下のパス参照を自動的に移行します。

  • vault キーストアおよび暗号化されたファイルのディレクトリー。

参照パスの移行を省略するには、paths.migrate-paths-requested-by-configuration.vault.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.2.4. Jacorb サブシステムの移行

jacorb サブシステムは JBoss EAP 7.4 で非推奨となり、iiop-openjdk サブシステムに置き換えられました。デフォルトでは、JBoss Server Migration Tool は自動的に jacorb サブシステム設定を置換の iiop-openjdk サブシステム設定に移行し、結果をログファイルとコンソールに記録します。

iiop-openjdk サブシステム設定への自動移行を省略するには、subsystem.jacorb.migrate.skip 環境プロパティーの値を true に設定します。

6.2.5. Web サブシステムの移行

web サブシステムは JBoss EAP 7.4 で非推奨となり、undertow サブシステムに置き換えられました。デフォルトでは、JBoss Server Migration Tool は web サブシステム設定を代替の undertow サブシステム設定に自動的に移行し、結果をログファイルとコンソールに記録します。

web サブシステムの自動移行を省略するには、subsystem.web.migrate.skip 環境変数の値を true に設定します。

6.2.6. messaging サブシステムの移行

messaging サブシステムは JBoss EAP 7.4 で非推奨となり、messaging-activemq サブシステムに置き換えられました。JBoss Server Migration Tool は自動的に messaging サブシステム設定を代替の messaging-activemq サブシステム設定に移行し、結果をログファイルとコンソールに記録します。

messaging サブシステムの自動移行を省略するには、subsystem.messaging.migrate.skip 環境プロパティーの値を true に設定します。

6.2.7. Infinispan サブシステムの更新

JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの JBoss EAP 7.4 設定に合わせて infinispan サブシステム設定を更新します。

  • このツールは、EJB キャッシュコンテナーがまだ追加されていない設定に、JBoss EAP 7.4 のデフォルト設定にある、この EJB キャッシュコンテナーを追加します。
  • JBoss EAP 7.4 のデフォルト設定にあるサーバーキャッシュコンテナーを追加します。
  • Hibernate キャッシュコンテナー設定でモジュール名を更新します。
  • JBoss EAP 7.4 のデフォルト設定にある Web キャッシュコンテナーに同時キャッシュを追加します。

JBoss Server Migration Tool は infinispan サブシステム設定を自動的に更新し、そのログファイルとコンソールに結果を記録します。

以下の環境プロパティーを設定して、infinispan システムの更新をカスタマイズできます。

プロパティー名プロパティーの説明

subsystem.infinispan.update.skip

true に設定した場合は、infinispan サブシステムの更新を省略します。

subsystem.infinispan.update.add-infinispan-ejb-cache.skip

true に設定した場合は、EJB キャッシュコンテナーを追加しません。

subsystem.infinispan.update.add-infinispan-server-cache.skip

true に設定した場合は、サーバーのキャッシュコンテナーを追加しません。

subsystem.infinispan.update.fix-hibernate-cache-module-name.skip

true に設定した場合は、Hibernate キャッシュコンテナー設定のモジュール名を更新しません。

subsystem.infinispan.update-infinispan-web-cache

true に設定した場合は、同時キャッシュを web キャッシュコンテナー設定に追加しません。

6.2.8. EE サブシステムの更新

JBoss Server Migration Tool は ee サブシステムを更新し、JBoss EAP 7.4 でサポートされる Jakarta EE 機能を設定します。

  • JBoss EAP 7.4 のデフォルト設定にある container-managed executors などの Jakarta EE コンカレンシーユーティリティーのインスタンスを設定し、結果をログファイルおよびコンソールに記録します。
  • これは、デフォルトの JBoss EAP 6.4 設定にあるデフォルトのデータソースなどのデフォルトのリソースを定義します。リソースが見つからなかった場合、ツールは設定の利用可能な全リソースを一覧表示し、一覧からリソースを選択するか、デフォルトとして設定する必要のあるリソースの Java Naming and Directory Interface アドレスを示すプロンプトを提供します。

    注記

    指定した Java Naming and Directory Interface 名が有効であると想定されます。Java Naming and Directory Interface 名はツールによって検証されません。

JBoss Server Migration Tool は ee サブシステム設定を自動的に更新し、結果をログファイルとコンソールに記録します。

以下の環境プロパティーを設定して、ee システムの更新をカスタマイズできます。

プロパティー名プロパティーの説明

subsystem.ee.update.skip

true に設定すると、ee サブシステムの更新を省略します。

subsystem.ee.update.setup-ee-concurrency-utilities.skip

true に設定すると、コンカレンシーユーティリティーのデフォルトインスタンスを追加しません。

subsystem.ee.update.setup-javaee7-default-bindings.skip

true に設定すると、Java EE のデフォルトリソースをセットアップしません。

subsystem.ee.update.setup-javaee7-default-bindings.defaultDataSourceName

ソース設定で検索するデフォルトデータソースの名前を指定します。

subsystem.ee.update.setup-javaee7-default-bindings.defaultDataSourceJndiName

デフォルトデータソースの Java Naming and Directory Interface 名を指定します。

subsystem.ee.update.setup-javaee7-default-bindings.defaultJmsConnectionFactoryName

デフォルトの Java Messaging Service 接続ファクトリーの名前を指定します。

subsystem.ee.update.setup-javaee7-default-bindings.defaultJmsConnectionFactoryJndiName

デフォルトの Java Messaging Service 接続ファクトリーの Java Naming and Directory Interface 名を指定します。

EE サブシステムでのコンカレンシーユーティリティーの設定

Jakarta EE コンカレンシーユーティリティーの設定を選択すると、このツールはデフォルトの JBoss EAP 7.4 設定にあるインスタンスを自動的に設定し、結果をログファイルおよびコンソールに記録します。

INFO  [ServerMigrationTask#49] Default ContextService added to EE subsystem configuration.
INFO  [ServerMigrationTask#49] Default ManagedThreadFactory added to EE subsystem configuration.
INFO  [ServerMigrationTask#49] Default ManagedExecutorService added to EE subsystem configuration.
INFO  [ServerMigrationTask#49] Default ManagedScheduledExecutorService added to EE subsystem configuration.

EE サブシステムでのデフォルトリソースの設定

このツールは、Java EE のデフォルトリソースを定義する時に、デフォルトの JBoss EAP 7.4 設定にあるリソースを自動的に選択します。

INFO  [ServerMigrationTask#50] Java EE Default Datasource configured with Java Naming and Directory Interface and name java:jboss/datasources/ExampleDS.

デフォルトリソースが見つからない場合、ツールは設定で利用可能なすべてのリソースを一覧表示し、デフォルトのリソースを選択するか、デフォルトとして設定する必要のあるリソースの Java Naming and Directory アドレスを示すプロンプトを提供します。

以下は、ExampleDS データソースの設定ファイルを移行する際に発生する対話例です。

INFO  [ServerMigrationTask#22] Default datasource not found.
0. ExampleDS
1. Unconfigured data source, I want to enter the Java Naming and Directory Interface name...
Please select Java EE's Default Datasource: (0): 0
INFO  [ServerMigrationTask#22] Java EE Default Datasource configured with Java Naming and Directory Interface name java:jboss/datasources/ExampleDS.

Save this Java EE Default Datasource Java Naming and Directory Interface name and use it when migrating other config files?
yes/no? y
注記

非対話モードで JBoss Server Migration Tool を実行し、デフォルトの Java Messaging Service 接続ファクトリーなどの JBoss EAP 6.4 のデフォルトリソースが利用できない場合、このツールはこれらのリソースを設定しません。

6.2.9. EJB 3 サブシステムの更新

JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの JBoss EAP 7.4 設定とさらに整合性を保てるように ejb3 サブシステムに以下の更新を行います。

  • HTTP コネクターを参照するリモートサービス設定を更新します。
  • default-sfsb-cache を使用するように default-sfsb-passivation-disabled-cache 属性を設定します。
  • レガシーパッシベーションストアおよびキャッシュ設定を JBoss EAP 7.4 のデフォルト値に置き換えます。

JBoss Server Migration Tool は ejb3 サブシステム設定を自動的に更新し、結果をログファイルとコンソールに記録します。

ejb3 サブシステム設定の更新に成功すると、JBoss Server Migration Tool は結果をログファイルとコンソールに記録します。

 INFO  Subsystem ejb3 updated.

以下の環境プロパティーを設定して、ejb3 システムの更新をカスタマイズできます。

プロパティー名プロパティーの説明

subsystem.ejb3.update.skip

true に設定した場合は、ejb3 サブシステムの更新を省略します。

subsystem.ejb3.update.add-infinispan-passivation-store-and-distributable-cache.skip

true に設定した場合は、passivation-store および cache 設定を置き換えないでください。

subsystem.ejb3.update.setup-default-sfsb-passivation-disabled-cache.skip

true に設定した場合は、default-sfsb-passivation-disabled-cache 設定を更新しないでください。

subsystem.ejb3.update.activate-ejb3-remoting-http-connector.skip

true に設定した場合は、EJB リモーティング設定を更新しないでください。

6.2.10. JGroups サブシステムの更新

JBoss Server Migration Tool は jgroups サブシステムを更新し、JBoss EAP 7.4 の設定に合わせます。

  • これは MERGE2 プロトコルを MERGE3 に置き換えます。
  • これは FD プロトコルを FD_ALL に置き換えます。
  • これは pbcast.NAKACK プロトコルを pbcast.NAKACK2 に置き換えます。
  • これは、UNICAST2 プロトコルを UNICAST3 に置き換えます。
  • RSVP プロトコルを削除します。
  • これは、FRAG2 プロトコルを FRAG3 プロトコルに置き換えます。

jgroups サブシステム設定の移行に成功すると、JBoss Server Migration Tool は結果をログファイルとコンソールに記録します。

 INFO  Subsystem jgroups updated.

jgroups サブシステムの自動移行を省略するには、subsystem.jgroups.update.skip プロパティーを true に設定します。

6.2.11. Remoting サブシステムの更新

JBoss EAP 7.4 には、単一のポートを使用してすべてのレガシーリモーティングプロトコルおよびポートを置き換える HTTP コネクターが含まれています。JBoss Server Migration Tool は、HTTP コネクターを使用するように remoting サブシステムを自動的に更新します。

remoting サブシステムの設定の自動更新を省略するには、subsystem.remoting.update.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.2.12. transaction サブシステムの更新

JBoss Server Migration Tool は、transactions サブシステムを更新して、JBoss EAP 7.4 サーバーに必要な設定変更を適用します。

JBoss Server Migration Tool は、transactions サブシステムから path および relative-to 属性を削除し、それらを同等の object-store-path および object-store-relative-to 属性に置き換えます。

transactions の自動更新をスキップするには、subsystem.transactions.update-xml-object-store-paths.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.2.13. Undertow サブシステムの調整

JBoss Server Migration Tool は、JBoss EAP 7.4 の web サブシステムを移行する以外に、後継の undertow サブシステムを更新してサポート対象機能を追加します。

  • これは、デフォルトの HTTP リスナーのリダイレクトソケットを設定します。
  • Jakarta WebSocket のサポートが追加されました。
  • デフォルトの HTTPS リスナーを設定します。
  • HTTP2 のサポートを追加します。
  • Server 応答ヘッダーを削除します。
  • X-Powered-By 応答ヘッダーを削除します。
  • これは、デフォルトの HTTP Invoker を設定します。

JBoss Server Migration Tool は undertow サブシステム設定を自動的に更新し、結果をログファイルとコンソールに記録します。

undertow サブシステム設定の移行に成功すると、JBoss Server Migration Tool は結果をログファイルとコンソールに記録します。

 INFO  Subsystem undertow updated.

以下の環境プロパティーを設定して、undertow システムの更新をカスタマイズできます。

プロパティー名プロパティーの説明

subsystem.undertow.update.skip

true に設定した場合は、undertow サブシステムの更新を省略します。

subsystem.undertow.update.set-default-http-listener-redirect-socket.skip

true に設定する場合は、デフォルトの HTTP リスナーのリダイレクトソケットを設定しません。

subsystem.undertow.update.add-undertow-websockets.skip

true に設定する場合は、WebSocket のサポートを追加しないでください。

subsystem.undertow.update.add-undertow-https-listener.skip

true に設定する場合は、デフォルトの HTTPS リスナーを設定しません。

subsystem.undertow.update.enable-http2.skip

true に設定する場合は、HTTP2 のサポートを追加しません。

subsystem.undertow.update.add-response-header.server-header.skip

true に設定する場合は、デフォルトのサーバー 応答 ヘッダーを設定しません。

subsystem.undertow.update.add-response-header.x-powered-by-header.skip

true に設定する場合は、デフォルトの X-Powered-By 応答ヘッダーを設定しません。

subsystem.undertow.update.add-http-invoker.skip

true に設定する場合は、デフォルトの HTTP Invoker を設定しません。

6.2.14. messaging-activemq サブシステムの更新

JBoss EAP 7.4 の messaging サブシステムを移行する以外に、JBoss Server Migration Tool は後継の messaging-activemq サブシステムを更新してサポート対象の新機能を追加します。

  • HTTP ベースのリモートメッセージングクライアントを有効にするために、デフォルトの HTTP コネクターおよびアクセプターを追加します。

JBoss Server Migration Tool は messaging-activemq サブシステム設定を自動的に更新し、結果をログファイルとコンソールに記録します。

messaging-activemq サブシステムの自動更新を省略するには、subsystem.messaging-activemq.update.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.2.15. Batch JBeret サブシステムの追加

JBoss EAP 7.4 の batch-jberet サブシステムは、JSR 352: Batch Applications for the Java Platform のサポートを提供します。JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの batch-jberet サブシステム設定を移行された設定に自動的に追加します。バッチアプリケーションの Jakarta に相当するものは、「Jakarta Batch 1.0 仕様」で定義されています。

batch-jberet サブシステム設定の追加を省略するには、subsystem.batch-jberet.add.skip プロパティーを true に設定します。

6.2.16. コア管理サブシステムの追加

JBoss EAP 7.4 の core-management サブシステムは、これまでのリリースでは管理コアサービスで設定していた、管理関連のリソースを提供します。これらのリソースの例には、サーバーに追加された設定変更の履歴やサーバーライフサイクルイベントの監視機能などが含まれます。JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの core-management サブシステム設定を移行された設定ファイルに自動的に追加します。

core-management サブシステム設定の追加を省略するには、subsystem.core-management.add.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.2.17. discovery サブシステムの追加

JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの discovery サブシステム設定を移行された設定ファイルに自動的に追加します。

discovery サブシステム設定の追加を省略するには、subsystem.discovery.add.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.2.18. EE Security サブシステムの追加

JBoss EAP 7.4 の ee-security サブシステムは、Jakarta Security のサポートおよびコンプライアンスを提供します。JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの ee-security サブシステム設定を移行された設定ファイルに自動的に追加します。

ee-security サブシステム設定の追加を省略するにはsubsystem.ee-security.add.skiptrue に設定します。

6.2.19. elytron サブシステムの追加

JBoss EAP 7.4 elytron サブシステムでは、単一の統合フレームワークが使用されるので、スタンドアロンサーバーと管理対象ドメインの両方のアクセスを管理および設定できます。JBoss EAP サーバーにデプロイされたアプリケーションのセキュリティーアクセスを設定するために使用することもできます。JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの elytron サブシステム設定を移行された設定ファイルに自動的に追加します。

elytron サブシステム設定の追加を省略するには、subsystem.elytron.add.skip プロパティーを true に設定します。

6.2.20. Request Controller サブシステムの追加

JBoss EAP 7.4 の request-controller サブシステムでは、輻輳制御と正常なシャットダウン機能を利用できます。JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの request-controller サブシステム設定を移行された設定ファイルに自動的に追加します。

request-controller サブシステム設定の追加を省略するには、subsystem.request-controller.add.skip プロパティーを true に設定します。

6.2.21. Security Manager サブシステムの追加

JBoss EAP 7.4 の security-manager サブシステムでは、Jakarta Security パーミッションを利用できます。JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの security-manager サブシステム設定を移行された設定ファイルに自動的に追加します。

security-manager サブシステム設定の追加を省略するには subsystem.security-manager.add.skip 環境を true に設定します。

6.2.22. singleton サブシステムの追加

JBoss EAP 7.4 の singleton サブシステムでは、シングルトン機能を利用できます。JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの singleton サブシステム設定を移行された設定ファイルに自動的に追加します。

singleton サブシステム設定の追加を省略するには、subsystem.singleton.add.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.2.23. unsecure インターフェースの更新

JBoss Server Migration Tool は、JBoss EAP 7.4 のデフォルト設定に合わせて、unsecure インターフェース設定を自動的に更新します。

unsecure インターフェースの設定をスキップするには、interface.unsecure.update.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.2.24. プライベートインターフェースのセットアップ

JBoss EAP 7.4 のデフォルト設定では、すべての jgroups ソケットバインディングでプライベートインターフェースが使用されます。JBoss Server Migration Tool は、同じ設定を使用するように、移行された jgroups ソケットバインディングを自動的に更新します。

プライベートインターフェースの設定を省略するには、interface.private.setup.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.2.25. ソケットバインディングポート式の追加

JBoss EAP 7.4 のデフォルト設定では、以下のソケットバインディングの port 属性に値式が使用されます。

  • ajp
  • http
  • https

JBoss Server Migration Tool は、これらの値式を移行されたサーバー設定に自動的に追加します。

ソケットバインディングポート式の更新を省略するには、socket-bindings.add-port-expressions.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.2.26. ソケットバインディングマルチキャストアドレス式の追加

JBoss EAP 7.4 のデフォルト設定では、mod_cluster ソケットバインディングの multicast-address 属性の値式が使用されます。JBoss Server Migration Tool は、これらの値式を移行された設定ファイルに自動的に追加します。

これらの式の追加を省略するには、socket-bindings.multicast-address.add-expressions.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.2.27. ロードバランサープロファイルの追加

JBoss EAP 7.4 には、ロードバランサーとして動作するホスト専用のデフォルトのプロファイルが含まれます。JBoss Server Migration Tool は自動的に、このプロファイルを移行されたすべての管理対象ドメイン設定に追加して設定します。

このプロファイルの追加を省略するには、profile.load-balancer.add.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.2.28. ホスト除外の追加

JBoss EAP 7.4 ドメインコントローラーには、以前のバージョンのサーバーで実行しているホストでサポートされていない機能が含まれる可能性があります。host-exclude 設定は、これらの旧バージョンから非表示にすべきリソースを指定します。

ドメインコントローラーの設定を移行する場合に、JBoss Server Migration Tool はソースサーバーの host-exclude 設定にターゲット JBoss EAP 7.4 サーバーの設定を追加するか、この設定に置き換えます。

JBoss Server Migration Tool は host-exclude サブシステム設定を自動的に更新し、結果をログファイルとコンソールに記録します。

  INFO  Host-excludes configuration added.

6.2.29. JVM 設定からの PermGen の削除

JVM 設定の PermGen 属性の使用は JBoss EAP 7 では非推奨となりました。JBoss Server Migration Tool は、すべてのサーバーグループのすべての JVM 設定から自動的に削除します。

PermGen 属性の削除を省略するには、JVMs .remove-permgen-attributes.skip 環境プロパティーの値を true に設定します。

6.2.30. デプロイメントの移行

JBoss Server Migration Tool は以下のタイプの管理対象ドメインディプロイメント設定を移行できます。

デプロイメントの移行は、ターゲットサーバーへの関連ファイルリソースのインストールと、移行した設定の更新から成ります。

JBoss Server Migration Tool は、非対話モードで実行するとデフォルトでデプロイメントを省略するように事前設定されています。デプロイメントの移行を有効にするには、deployments.migrate-deployments.skip 環境プロパティーを false に設定します。

重要

インタラクティブモードで JBoss Server Migration Tool を実行し、無効な入力を入力すると、その結果の動作は deployments.migrate-deployments 環境プロパティーの値に依存することに注意してください。

  • deployments.migrate-deployments.skipfalse に設定し、無効な入力を入力すると、このツールはデプロイメントの移行を試行します。
  • deployments.migrate-deployments.skiptrue に設定され、無効な入力を入力すると、このツールはデプロイメントの移行を省略します。

特定のタイプのデプロイメントの移行を有効にするには、以下のセクションを参照してください。

警告

JBoss Server Migration Tool は、デプロイされたリソースがターゲットサーバーと互換性があるかどうかを判別しません。つまり、アプリケーションやリソースはデプロイされない可能性があり、期待通りに機能しないか、または全く機能しない可能性があります。また、JBoss EAP 6.4 *-jms.xml 設定ファイルなどのアーティファクトは変更なしでコピーされ、JBoss EAP サーバーがエラーで起動する可能性があることに注意してください。

Red Hat は、Migration Toolkit for Applications (MTA) を使用してデプロイメントを分析し、異なる JBoss EAP サーバー間の互換性を判断することを推奨します。詳細は、「Product Documentation for Migration Toolkit for Applications」を参照してください。

6.2.30.1. 永続デプロイメントの移行

非対話モードでの実行時に永続的なデプロイメントを移行できるようにするには、deployments.migrate-persistent-deployments.skip 環境プロパティーを false に設定します。

JBoss Server Migration Tool は、すべての永続的なデプロイメント参照を検索し、それらをコンソールに一覧表示します。

INFO  [ServerMigrationTask#67] Persistent deployments found: [cmtool-helloworld3.war, cmtool-helloworld4.war, cmtool-helloworld2.war, cmtool-helloworld1.war]

その後の処理ワークフローは以下で説明するように、対話モードまたは非対話モードでツールを実行しているかどうかによります。

非対話モードでの永続デプロイメントの移行

非対話モードでツールを実行する場合、このツールは事前設定されたプロパティーを使用して、永続的なデプロイメントを移行するかどうかを決定します。永続的なデプロイメントは、deployments.migrate-deployments.skip および deployments.migrate-persistent-deployments.skip プロパティーが両方とも false に設定されている場合にのみ移行されます。

対話モードでの永続デプロイメントの移行

対話モードでツールを実行する場合は、JBoss Server Migration Tool が以下のワークフローを使用してディプロイメントごとにプロンプトを表示します。

  1. 検出した永続的なデプロイメントをコンソールに出力すると、次のプロンプトが表示されます。

    This tool is not able to assert if persistent deployments found are compatible with the target server, skip persistent deployments migration?
    yes/no?
    • 永続的なデプロイメントの移行を省略する場合は、yes で応答します。すべてのデプロイメント参照は移行された設定から削除され、移行プロセスが終了します。
    • 移行を続行するには、no と応答します。
  2. 続行する場合は、以下のプロンプトが表示されます。

    Migrate all persistent deployments found?
    yes/no?
    • 移行プロセスですべてのデプロイメントを自動的に移行し、終了させる場合は yes で応答します。
    • 移行を続行するには、no と応答します。
  3. 続行する場合には、参照される各デプロイメントの移行を確認するプロンプトが表示されます。

    Migrate persistent deployment 'helloworld01.war'?
    yes/no?
    • デプロイメントを移行するには yes で応答します。
    • 移行した設定からディプロイメントを削除するには、no で応答します。

      INFO  [ServerMigrationTask#68] Removed persistent deployment from configuration /deployment=helloworld01.war

6.2.30.2. デプロイメントオーバーレイの移行

デプロイメントオーバーレイの移行は、完全に自動化されたプロセスです。deployments.migrate-deployments.skip 環境プロパティーを false に設定してデプロイメントの移行を有効にしている場合、JBoss Server Migration Tool は移行されたデプロイメントにリンクされているスタンドアロンサーバー設定で参照されるデプロイメントオーバーレイを検索します。見つかったものを自動的に移行し、参照されていないものを削除して、結果をそのログファイルおよびコンソールに記録します。

6.3. JBoss EAP 6.4 のホスト設定の JBoss EAP 7.4 への移行

JBoss Server Migration Tool はデフォルトで、ホストサーバー設定を JBoss EAP 6.4 から JBoss EAP 7.4 に移行するときに以下のタスクを実行します。

6.3.1. 参照済みモジュールの移行

ソースサーバーからターゲットサーバーに移行される設定が、ターゲットサーバーにインストールされていないモジュールを参照したり、これに依存する可能性があります。JBoss Server Migration Tool はこれを検知し、参照されるモジュールと、その依存関係モジュールをソースサーバーからターゲットサーバーに自動的に移行します。

ホストサーバー設定で参照されるモジュールは、以下のプロセスを使用して移行されます。

  • セキュリティーレルム設定で参照されるモジュールは、プラグインモジュールとして移行されます。

コンソールは、移行されるモジュールのモジュール ID を示すメッセージをログに記録します。modules.excludes 環境プロパティーにモジュール ID を指定して、特定モジュールの移行を除外できます。詳細は、「モジュールの移行の設定」を参照してください。

6.3.2. 参照パスの移行

ソースサーバーからターゲットサーバーへの移行される設定は、ターゲットサーバーにも移行する必要があるファイルパスとディレクトリーを参照したり、これらに依存する可能性があります。JBoss Server Migration Tool は絶対パス参照を移行しません。ソース設定との関連として設定されるファイルやディレクトリーのみを移行します。コンソールは、移行される各パスを示すメッセージをログに記録します。

JBoss Server Migration Tool は以下のパス参照を自動的に移行します。

  • vault キーストアおよび暗号化されたファイルのディレクトリー。

参照パスの移行を省略するには、paths.migrate-paths-requested-by-configuration.vault.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.3.3. コア管理サブシステムの追加

JBoss EAP 7.4 の core-management サブシステムは、これまでのリリースでは管理コアサービスで設定していた、管理関連のリソースを提供します。これらのリソースの例には、サーバーに追加された設定変更の履歴やサーバーライフサイクルイベントの監視機能などが含まれます。JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの core-management サブシステム設定を移行された設定ファイルに自動的に追加します。

core-management サブシステム設定の追加を省略するには、subsystem.core-management.add.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.3.4. elytron サブシステムの追加

JBoss EAP 7.4 elytron サブシステムでは、単一の統合フレームワークが使用されるので、スタンドアロンサーバーと管理対象ドメインの両方のアクセスを管理および設定できます。JBoss EAP サーバーにデプロイされたアプリケーションのセキュリティーアクセスを設定するために使用することもできます。JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの elytron サブシステム設定を移行された設定ファイルに自動的に追加します。

elytron サブシステム設定の追加を省略するには、subsystem.elytron.add.skip プロパティーを true に設定します。

6.3.5. JMX サブシステムのホスト設定への追加

JBoss EAP 7.4 jmx サブシステムでは、システムの管理および監視機能を利用できます。JBoss Server Migration Tool は、このサブシステムを移行された設定ファイルに自動的に追加します。

jmx サブシステム設定の追加を省略するには、subsystem.jmx.add.skip プロパティーを true に設定します。

6.3.6. セキュアでないインターフェースの削除

JBoss Server Migration Tool は、JBoss EAP 7.4 のデフォルト設定に合わせて、unsecure インターフェース設定を自動的に削除します。

unsecure インターフェースの削除をスキップするには、interface.unsecure.remove.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.3.7. HTTP アップグレード管理の設定

JBoss EAP 7.4 で undertow を追加することで、HTTP アップグレードが追加され、複数のプロトコルを単一ポートで多重化できるようになります。これは、管理クライアントが HTTP 上で最初の接続を確立できることを意味します。しかし、次に別のプロトコルにその接続をアップグレードする要求を送信します。JBoss Server Migration Tool は、HTTP Upgrade 管理に対応するように設定を自動的に更新します。

HTTP アップグレード管理の設定を省略するには、management.setup-http-upgrade.skip 環境プロパティーを true に設定します。

6.3.8. JVM 設定からの PermGen 属性の削除

JVM 設定の PermGen 属性の使用は JBoss EAP 7 では非推奨となりました。JBoss Server Migration Tool は、すべてのサーバーグループのすべての JVM 設定から自動的に削除します。

PermGen 属性の削除を省略するには、JVMs .remove-permgen-attributes.skip 環境プロパティーの値を true に設定します。

6.3.9. 互換性のあるセキュリティーレルムの移行

JBoss EAP 7.4 のセキュリティーレルム設定は JBoss EAP 6.4 セキュリティーレルム設定と完全に互換性があるので、JBoss Server Migration Tool では更新は必要ありません。ただし、application-users.propertiesapplication-roles.propertiesmgmt-users.propertiesmgmt-groups.properties ファイルが絶対パスで参照されていない場合、このツールは移行された設定ファイルによって想定されるパスにコピーします。

セキュリティーレルムの移行を省略するには、security-realms.migrate-properties.skip environment 環境プロパティーを true に設定します。

6.3.10. デフォルトの SSL サーバーアイデンティティーを ApplicationRealm に追加します。

JBoss EAP 7.4 のデフォルト設定には、デフォルトの ApplicationRealm セキュリティーレルムの SSL サーバーアイデンティティーが含まれます。JBoss Server Migration Tool は、このアイデンティティーを移行された設定ファイルに自動的に追加します。

このアイデンティティーの追加を省略するには、security-realm.ApplicationRealm.add-ssl-server-identity.skip 環境プロパティーを true に設定します。

第7章 JBoss EAP 7.3 設定の JBoss EAP 7.4 への移行

7.1. JBoss EAP 7.3 スタンドアロンサーバーの JBoss EAP 7.4 への移行

JBoss Server Migration Tool はデフォルトで、スタンドアロンサーバー設定を JBoss EAP 7.3 から JBoss EAP 7.4 に移行するときに以下のタスクを実行します。

7.1.1. 非対応のサブシステムの削除

JBoss Server Migration Tool は、サポート対象外のすべてのサブシステム設定と拡張機能を、移行されたサーバー設定から削除します。このツールは各サブシステムとそれらの拡張をログファイルに記録し、削除時にコンソールに記録します。

注記
JBoss EAP 7.3 でサポートされていないにも拘らず、管理者がサーバーに追加したサブシステムは、JBoss EAP 7.4 でもサポートされず、削除されます。

サポート対象外のサブシステムの削除を省略するには、subsystems.remove-unsupported-subsystems.skip プロパティーを true に設定します。

JBoss Server Migration Tool のデフォルト動作を上書きし、以下の環境プロパティーを使用して移行中に含まれるサブシステムと拡張機能を指定することができます。

プロパティー名プロパティーの説明

extensions.excludes

決して移行すべきでない拡張機能のモジュール名の一覧 (例: com.example.extension1,com.example.extension3)。

extensions.includes

常に移行すべき拡張子のモジュール名 (例: com.example.extension2,com.example.extension4) のリスト。

subsystems.excludes

決して移行すべきでないサブシステムの名前空間の一覧 (バージョンを除く) (例: urn:jboss:domain:logging、urn:jboss:domain:ejb3)

subsystems.includes

常に移行すべきサブシステムの名前空間の一覧 (バージョンを除く) (例: urn:jboss:domain:security, urn:jboss:domain:ee)

7.1.2. 参照済みモジュールの移行

ソースサーバーからターゲットサーバーに移行される設定が、ターゲットサーバーにインストールされていないモジュールを参照したり、これに依存する可能性があります。JBoss Server Migration Tool はこれを検知し、参照されるモジュールと、その依存関係モジュールをソースサーバーからターゲットサーバーに自動的に移行します。

スタンドアロンサーバー設定で参照されるモジュールは、以下のプロセスを使用して移行されます。

  • セキュリティーレルム設定で参照されるモジュールは、プラグインモジュールとして移行されます。
  • datasource サブシステム設定によって参照されるモジュールは、データソースドライバーモジュールとして移行されます。
  • ee サブシステム設定によって参照されるモジュールはグローバルモジュールとして移行されます。
  • naming サブシステム設定によって参照されるモジュールは、オブジェクトファクトリーモジュールとして移行されます。
  • messaging サブシステム設定によって参照されるモジュールは、Java Messaging Service ブリッジモジュールとして移行されます。
  • vault 設定によって参照されるモジュールは、新しい設定に移行されます。
  • ターゲット設定にインストールされていないエクステンションは、ターゲットサーバー設定に移行されます。

コンソールは、移行されるモジュールのモジュール ID を示すメッセージをログに記録します。modules.excludes 環境プロパティーにモジュール ID を指定して、特定モジュールの移行を除外できます。詳細は、「モジュールの移行の設定」を参照してください。

7.1.3. 参照パスの移行

ソースサーバーからターゲットサーバーへの移行される設定は、ターゲットサーバーにも移行する必要があるファイルパスとディレクトリーを参照したり、これらに依存する可能性があります。JBoss Server Migration Tool は絶対パス参照を移行しません。ソース設定との関連として設定されるファイルやディレクトリーのみを移行します。コンソールは、移行される各パスを示すメッセージをログに記録します。

JBoss Server Migration Tool は以下のパス参照を自動的に移行します。

  • vault キーストアおよび暗号化されたファイルのディレクトリー。

参照パスの移行を省略するには、paths.migrate-paths-requested-by-configuration.vault.skip 環境プロパティーを true に設定します。

7.1.4. health サブシステムの追加

JBoss EAP 7.4 の health サブシステムでは、サーバーの健全性機能を利用できます。JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの health サブシステム設定を移行された設定ファイルに自動的に追加します。

health サブシステム設定の追加を省略するには、subsystem.health.add.skip 環境プロパティーを true に設定します。

health サブシステムを JBoss EAP 7.4 に追加した後、Web コンソールに以下のメッセージが表示されます。

INFO  Subsystem health added.

7.1.5. metrics サブシステムの追加

JBoss EAP 7.4 の metrics サブシステムでは、サーバーのメトリクス機能を利用できます。JBoss Server Migration Tool は、デフォルトの metrics サブシステム設定を移行された設定ファイルに自動的に追加します。

metrics サブシステム設定の追加を省略するには、subsystem.metrics.add.skip 環境プロパティーを true に設定します。

metrics サブシステムを JBoss EAP 7.4 に追加した後、Web コンソールに以下のメッセージが表示されます。

INFO  Subsystem metrics added.

7.1.6. 互換性のあるセキュリティーレルムの移行

JBoss EAP 7.4 のセキュリティーレルム設定は JBoss EAP 7.3 セキュリティーレルム設定と完全に互換性があるので、JBoss Server Migration Tool では更新は必要ありません。ただし、application-users.propertiesapplication-roles.propertiesmgmt-users.propertiesmgmt-groups.properties ファイルが絶対パスで参照されていない場合、このツールは移行された設定ファイルによって想定されるパスにコピーします。

セキュリティーレルムの移行を省略するには、security-realms.migrate-properties.skip environment 環境プロパティーを true に設定します。

7.1.7. デプロイメントの移行

JBoss Server Migration Tool は以下のタイプのスタンドアロンサーバーデプロイメント設定を移行できます。

デプロイメントの移行は、ターゲットサーバーへの関連ファイルリソースのインストールと、移行した設定の更新から成ります。

JBoss Server Migration Tool は、非対話モードで実行するとデフォルトでデプロイメントを省略するように事前設定されています。デプロイメントの移行を有効にするには、deployments.migrate-deployments.skip 環境プロパティーを false に設定します。

重要

インタラクティブモードで JBoss Server Migration Tool を実行し、無効な入力を入力すると、その結果の動作は deployments.migrate-deployments 環境プロパティーの値に依存することに注意してください。

  • deployments.migrate-deployments.skipfalse に設定し、無効な入力を入力すると、このツールはデプロイメントの移行を試行します。
  • deployments.migrate-deployments.skiptrue に設定され、無効な入力を入力すると、このツールはデプロイメントの移行を省略します。

特定のタイプのデプロイメントの移行を有効にするには、以下のセクションを参照してください。

警告

JBoss Server Migration Tool は、デプロイされたリソースがターゲットサーバーと互換性があるかどうかを判別しません。つまり、アプリケーションやリソースはデプロイされない可能性があり、期待通りに機能しないか、または全く機能しない可能性があります。また、JBoss EAP 7.3 *-jms.xml 設定ファイルなどのアーティファクトは変更なしでコピーされ、JBoss EAP サーバーがエラーで起動する可能性があることに注意してください。

Red Hat は、Migration Toolkit for Applications (MTA) を使用してデプロイメントを分析し、異なる JBoss EAP サーバー間の互換性を判断することを推奨します。詳細は、「Product Documentation for Migration Toolkit for Applications」を参照してください。

7.1.7.1. 永続デプロイメントの移行

非対話モードでの実行時に永続的なデプロイメントを移行できるようにするには、deployments.migrate-persistent-deployments.skip 環境プロパティーを false に設定します。

JBoss Server Migration Tool は、すべての永続的なデプロイメント参照を検索し、それらをコンソールに一覧表示します。

INFO  [ServerMigrationTask#67] Persistent deployments found: [cmtool-helloworld3.war, cmtool-helloworld4.war, cmtool-helloworld2.war, cmtool-helloworld1.war]

その後の処理ワークフローは以下で説明するように、対話モードまたは非対話モードでツールを実行しているかどうかによります。

非対話モードでの永続デプロイメントの移行

非対話モードでツールを実行する場合、このツールは事前設定されたプロパティーを使用して、永続的なデプロイメントを移行するかどうかを決定します。永続的なデプロイメントは、deployments.migrate-deployments.skip および deployments.migrate-persistent-deployments.skip プロパティーが両方とも false に設定されている場合にのみ移行されます。

対話モードでの永続デプロイメントの移行

対話モードでツールを実行する場合は、JBoss Server Migration Tool が以下のワークフローを使用してディプロイメントごとにプロンプトを表示します。

  1. 検出した永続的なデプロイメントをコンソールに出力すると、次のプロンプトが表示されます。

    This tool is not able to assert if persistent deployments found are compatible with the target server, skip persistent deployments migration?
    yes/no?
    • 永続的なデプロイメントの移行を省略する場合は、yes で応答します。すべてのデプロイメント参照は移行された設定から削除され、移行プロセスが終了します。
    • 移行を続行するには、no と応答します。
  2. 続行する場合は、以下のプロンプトが表示されます。

    Migrate all persistent deployments found?
    yes/no?
    • 移行プロセスですべてのデプロイメントを自動的に移行し、終了させる場合は yes で応答します。
    • 移行を続行するには、no と応答します。
  3. 続行する場合には、参照される各デプロイメントの移行を確認するプロンプトが表示されます。

    Migrate persistent deployment 'helloworld01.war'?
    yes/no?
    • デプロイメントを移行するには yes で応答します。
    • 移行した設定からディプロイメントを削除するには、no で応答します。

      INFO  [ServerMigrationTask#68] Removed persistent deployment from configuration /deployment=helloworld01.war

7.1.7.2. デプロイメントスキャナーデプロイメントの移行

スタンドアロンサーバー設定のみで使用されるデプロイメントスキャナーは、新規ファイルのディレクトリーを監視します。また、デプロイメントを自動的に管理したり、特別なデプロイメントマーカーファイルを介して管理します。

非対話モードで実行時にデプロイメントスキャナーによって監視されるディレクトリーにあるデプロイメントの移行を有効にするには、deployments.migrate-deployment-scanner-deployments.skip 環境プロパティーを false に設定します。

スタンドアロンサーバー設定を移行する場合、JBoss Server Migration Tool は最初に設定済みのデプロイメントスキャナーを検索します。見つかった各スキャナーに対して、監視されるディレクトリーで、デプロイ済みとマークされているデプロイメントを検索し、結果をコンソールに出力します。

その後の処理ワークフローは以下で説明するように、対話モードまたは非対話モードでツールを実行しているかどうかによります。

非対話モードでのデプロイメントスキャナーディプロイメントの移行

非対話モードでツールを実行する場合、このツールは事前設定されたプロパティーを使用してデプロイメントスキャナーのデプロイメントを移行するかどうかを決定します。デプロイメントスキャナーは、deployments.migrate-deployments.skip および deployments.migrate-deployment-scanner-deployments.skip プロパティーが両方とも false に設定されている場合にのみ移行されます。

対話モードでのデプロイメントスキャナーディプロイメントの移行

対話モードでツールを実行する場合は、JBoss Server Migration Tool が以下のワークフローを使用してディプロイメントごとにプロンプトを表示します。

  1. 検出したデプロイメントスキャナーディプロイメントをコンソールに出力すると、次のプロンプトが表示されます。

    This tool is not able to assert if the scanner's deployments found are compatible with the target server, skip scanner's deployments migration?
    yes/no?
    • デプロイメントスキャナーデプロイメントの移行を省略する場合は、yes で応答します。すべてのデプロイメント参照は移行された設定から削除され、移行プロセスが終了します。
    • 移行を続行するには、no と応答します。
  2. 続行する場合は、以下のプロンプトが表示されます。

    Migrate all scanner's deployments found?
    yes/no?
    • 移行プロセスですべてのデプロイメントを自動的に移行し、終了させる場合は yes で応答します。
    • 移行を続行するには、no と応答します。
  3. 続行する場合には、参照される各デプロイメントの移行を確認するプロンプトが表示されます。

    Migrate scanner's deployment 'helloworld02.war'?
    yes/no?
    • デプロイメントを移行するには yes で応答します。
    • 移行した設定からディプロイメントを削除するには、no で応答します。

      INFO  [ServerMigrationTask#69] Resource with path EAP_HOME/standalone/deployments/helloworld02.war migrated.

7.1.7.3. デプロイメントオーバーレイの移行

デプロイメントオーバーレイの移行は、完全に自動化されたプロセスです。deployments.migrate-deployments.skip 環境プロパティーを false に設定してデプロイメントの移行を有効にしている場合、JBoss Server Migration Tool は移行されたデプロイメントにリンクされているスタンドアロンサーバー設定で参照されるデプロイメントオーバーレイを検索します。見つかったものを自動的に移行し、参照されていないものを削除して、結果をそのログファイルおよびコンソールに記録します。

7.2. JBoss EAP 7.3 管理対象ドメインの JBoss EAP 7.4 への移行

警告

JBoss Server Migration Tool を使用してドメインコントローラーを新しい JBoss EAP リリースに移行する場合は、それに接続していても以前のサーバーリリースで依然として実行しているホストがブートに失敗する可能性があります。このため、ドメインコントローラーを移行する前にホストを移行する必要があります。ホストを移行しない場合は、開始する前に以下の情報を確認してください。

詳細は、JBoss EAP『設定ガイド』の「複数の JBoss EAP バージョンの管理」を参照してください。

JBoss Server Migration Tool はデフォルトで、管理対象ドメイン設定を JBoss EAP 7.3 から JBoss EAP 7.4 に移行するときに以下のタスクを実行します。

7.2.1. 非対応のサブシステムの削除

JBoss Server Migration Tool は、サポート対象外のすべてのサブシステム設定と拡張機能を、移行されたサーバー設定から削除します。このツールは各サブシステムとそれらの拡張をログファイルに記録し、削除時にコンソールに記録します。

注記
JBoss EAP 7.3 でサポートされていないにも拘らず、管理者がサーバーに追加したサブシステムは、JBoss EAP 7.4 でもサポートされず、削除されます。

サポート対象外のサブシステムの削除を省略するには、subsystems.remove-unsupported-subsystems.skip プロパティーを true に設定します。

JBoss Server Migration Tool のデフォルト動作を上書きし、以下の環境プロパティーを使用して移行中に含まれるサブシステムと拡張機能を指定することができます。

プロパティー名プロパティーの説明

extensions.excludes

決して移行すべきでない拡張機能のモジュール名の一覧 (例: com.example.extension1,com.example.extension3)。

extensions.includes

常に移行すべき拡張子のモジュール名 (例: com.example.extension2,com.example.extension4) のリスト。

subsystems.excludes

決して移行すべきでないサブシステムの名前空間の一覧 (バージョンを除く) (例: urn:jboss:domain:logging、urn:jboss:domain:ejb3)

subsystems.includes

常に移行すべきサブシステムの名前空間の一覧 (バージョンを除く) (例: urn:jboss:domain:security, urn:jboss:domain:ee)

7.2.2. 参照済みモジュールの移行

ソースサーバーからターゲットサーバーに移行される設定が、ターゲットサーバーにインストールされていないモジュールを参照したり、これに依存する可能性があります。JBoss Server Migration Tool はこれを検知し、参照されるモジュールと、その依存関係モジュールをソースサーバーからターゲットサーバーに自動的に移行します。

管理対象ドメイン設定で参照されるモジュールは、以下のプロセスを使用して移行されます。

  • セキュリティーレルム設定で参照されるモジュールは、プラグインモジュールとして移行されます。
  • datasource サブシステム設定によって参照されるモジュールは、データソースドライバーモジュールとして移行されます。
  • ee サブシステム設定によって参照されるモジュールはグローバルモジュールとして移行されます。
  • naming サブシステム設定によって参照されるモジュールは、オブジェクトファクトリーモジュールとして移行されます。
  • messaging サブシステム設定によって参照されるモジュールは、Java Messaging Service ブリッジモジュールとして移行されます。
  • vault 設定によって参照されるモジュールは、新しい設定に移行されます。
  • ターゲット設定にインストールされていないエクステンションは、ターゲットサーバー設定に移行されます。

コンソールは、移行されるモジュールのモジュール ID を示すメッセージをログに記録します。modules.excludes 環境プロパティーにモジュール ID を指定して、特定モジュールの移行を除外できます。詳細は、「モジュールの移行の設定」を参照してください。

7.2.3. 参照パスの移行

ソースサーバーからターゲットサーバーへの移行される設定は、ターゲットサーバーにも移行する必要があるファイルパスとディレクトリーを参照したり、これらに依存する可能性があります。JBoss Server Migration Tool は絶対パス参照を移行しません。ソース設定との関連として設定されるファイルやディレクトリーのみを移行します。コンソールは、移行される各パスを示すメッセージをログに記録します。

JBoss Server Migration Tool は以下のパス参照を自動的に移行します。

  • vault キーストアおよび暗号化されたファイルのディレクトリー。

参照パスの移行を省略するには、paths.migrate-paths-requested-by-configuration.vault.skip 環境プロパティーを true に設定します。

7.2.4. ホスト除外の追加

JBoss EAP 7.4 ドメインコントローラーには、以前のバージョンのサーバーで実行しているホストでサポートされていない機能が含まれる可能性があります。host-exclude 設定は、これらの旧バージョンから非表示にすべきリソースを指定します。

ドメインコントローラーの設定を移行する場合に、JBoss Server Migration Tool はソースサーバーの host-exclude 設定にターゲット JBoss EAP 7.4 サーバーの設定を追加するか、この設定に置き換えます。

JBoss Server Migration Tool は host-exclude サブシステム設定を自動的に更新し、結果をログファイルとコンソールに記録します。

  INFO  Host-excludes configuration added.

7.2.5. デプロイメントの移行

JBoss Server Migration Tool は以下のタイプの管理対象ドメインディプロイメント設定を移行できます。

デプロイメントの移行は、ターゲットサーバーへの関連ファイルリソースのインストールと、移行した設定の更新から成ります。

JBoss Server Migration Tool は、非対話モードで実行するとデフォルトでデプロイメントを省略するように事前設定されています。デプロイメントの移行を有効にするには、deployments.migrate-deployments.skip 環境プロパティーを false に設定します。

重要

インタラクティブモードで JBoss Server Migration Tool を実行し、無効な入力を入力すると、その結果の動作は deployments.migrate-deployments 環境プロパティーの値に依存することに注意してください。

  • deployments.migrate-deployments.skipfalse に設定し、無効な入力を入力すると、このツールはデプロイメントの移行を試行します。
  • deployments.migrate-deployments.skiptrue に設定され、無効な入力を入力すると、このツールはデプロイメントの移行を省略します。

特定のタイプのデプロイメントの移行を有効にするには、以下のセクションを参照してください。

警告

JBoss Server Migration Tool は、デプロイされたリソースがターゲットサーバーと互換性があるかどうかを判別しません。つまり、アプリケーションやリソースはデプロイされない可能性があり、期待通りに機能しないか、または全く機能しない可能性があります。また、JBoss EAP 7.3 *-jms.xml 設定ファイルなどのアーティファクトは変更なしでコピーされ、JBoss EAP サーバーがエラーで起動する可能性があることに注意してください。

Red Hat は、Migration Toolkit for Applications (MTA) を使用してデプロイメントを分析し、異なる JBoss EAP サーバー間の互換性を判断することを推奨します。詳細は、「Product Documentation for Migration Toolkit for Applications」を参照してください。

7.2.5.1. 永続デプロイメントの移行

非対話モードでの実行時に永続的なデプロイメントを移行できるようにするには、deployments.migrate-persistent-deployments.skip 環境プロパティーを false に設定します。

JBoss Server Migration Tool は、すべての永続的なデプロイメント参照を検索し、それらをコンソールに一覧表示します。

INFO  [ServerMigrationTask#67] Persistent deployments found: [cmtool-helloworld3.war, cmtool-helloworld4.war, cmtool-helloworld2.war, cmtool-helloworld1.war]

その後の処理ワークフローは以下で説明するように、対話モードまたは非対話モードでツールを実行しているかどうかによります。

非対話モードでの永続デプロイメントの移行

非対話モードでツールを実行する場合、このツールは事前設定されたプロパティーを使用して、永続的なデプロイメントを移行するかどうかを決定します。永続的なデプロイメントは、deployments.migrate-deployments.skip および deployments.migrate-persistent-deployments.skip プロパティーが両方とも false に設定されている場合にのみ移行されます。

対話モードでの永続デプロイメントの移行

対話モードでツールを実行する場合は、JBoss Server Migration Tool が以下のワークフローを使用してディプロイメントごとにプロンプトを表示します。

  1. 検出した永続的なデプロイメントをコンソールに出力すると、次のプロンプトが表示されます。

    This tool is not able to assert if persistent deployments found are compatible with the target server, skip persistent deployments migration?
    yes/no?
    • 永続的なデプロイメントの移行を省略する場合は、yes で応答します。すべてのデプロイメント参照は移行された設定から削除され、移行プロセスが終了します。
    • 移行を続行するには、no と応答します。
  2. 続行する場合は、以下のプロンプトが表示されます。

    Migrate all persistent deployments found?
    yes/no?
    • 移行プロセスですべてのデプロイメントを自動的に移行し、終了させる場合は yes で応答します。
    • 移行を続行するには、no と応答します。
  3. 続行する場合には、参照される各デプロイメントの移行を確認するプロンプトが表示されます。

    Migrate persistent deployment 'helloworld01.war'?
    yes/no?
    • デプロイメントを移行するには yes で応答します。
    • 移行した設定からディプロイメントを削除するには、no で応答します。

      INFO  [ServerMigrationTask#68] Removed persistent deployment from configuration /deployment=helloworld01.war

7.2.5.2. デプロイメントオーバーレイの移行

デプロイメントオーバーレイの移行は、完全に自動化されたプロセスです。deployments.migrate-deployments.skip 環境プロパティーを false に設定してデプロイメントの移行を有効にしている場合、JBoss Server Migration Tool は移行されたデプロイメントにリンクされているスタンドアロンサーバー設定で参照されるデプロイメントオーバーレイを検索します。見つかったものを自動的に移行し、参照されていないものを削除して、結果をそのログファイルおよびコンソールに記録します。

7.3. JBoss EAP 7.3 のホスト設定の JBoss EAP 7.4 への移行

JBoss Server Migration Tool はデフォルトで、ホストサーバー設定を JBoss EAP 6.4 から JBoss EAP 7.4 に移行するときに以下のタスクを実行します。

7.3.1. 参照済みモジュールの移行

ソースサーバーからターゲットサーバーに移行される設定が、ターゲットサーバーにインストールされていないモジュールを参照したり、これに依存する可能性があります。JBoss Server Migration Tool はこれを検知し、参照されるモジュールと、その依存関係モジュールをソースサーバーからターゲットサーバーに自動的に移行します。

ホストサーバー設定で参照されるモジュールは、以下のプロセスを使用して移行されます。

  • セキュリティーレルム設定で参照されるモジュールは、プラグインモジュールとして移行されます。

コンソールは、移行されるモジュールのモジュール ID を示すメッセージをログに記録します。modules.excludes 環境プロパティーにモジュール ID を指定して、特定モジュールの移行を除外できます。詳細は、「モジュールの移行の設定」を参照してください。

7.3.2. 参照パスの移行

ソースサーバーからターゲットサーバーへの移行される設定は、ターゲットサーバーにも移行する必要があるファイルパスとディレクトリーを参照したり、これらに依存する可能性があります。JBoss Server Migration Tool は絶対パス参照を移行しません。ソース設定との関連として設定されるファイルやディレクトリーのみを移行します。コンソールは、移行される各パスを示すメッセージをログに記録します。

JBoss Server Migration Tool は以下のパス参照を自動的に移行します。

  • vault キーストアおよび暗号化されたファイルのディレクトリー。

参照パスの移行を省略するには、paths.migrate-paths-requested-by-configuration.vault.skip 環境プロパティーを true に設定します。

7.3.3. 互換性のあるセキュリティーレルムの移行

JBoss EAP 7.4 のセキュリティーレルム設定は JBoss EAP 7.3 セキュリティーレルム設定と完全に互換性があるので、JBoss Server Migration Tool では更新は必要ありません。ただし、application-users.propertiesapplication-roles.propertiesmgmt-users.propertiesmgmt-groups.properties ファイルが絶対パスで参照されていない場合、このツールは移行された設定ファイルによって想定されるパスにコピーします。

セキュリティーレルムの移行を省略するには、security-realms.migrate-properties.skip environment 環境プロパティーを true に設定します。

付録A リファレンス資料

A.1. Task Summary レポートの例

以下は、Task Summary レポートの例です。

-------------
 Task Summary
-------------

 server ............................................................................................................ SUCCESS
  standalone ....................................................................................................... SUCCESS
   standalone-configurations ....................................................................................... SUCCESS
    standalone-configuration(source=/home/username/jboss-eap-6.4/standalone/configuration/standalone-full-ha.xml) .. SUCCESS
    standalone-configuration(source=/home/username/jboss-eap-6.4/standalone/configuration/standalone-full.xml) ..... SUCCESS
    standalone-configuration(source=/home/username/jboss-eap-6.4/standalone/configuration/standalone-ha.xml) ....... SUCCESS
    standalone-configuration(source=/home/username/jboss-eap-6.4/standalone/configuration/standalone-osgi.xml) ..... SUCCESS
    standalone-configuration(source=/home/username/jboss-eap-6.4/standalone/configuration/standalone.xml) .......... SUCCESS
  domain ........................................................................................................... SUCCESS
   domain-configurations ........................................................................................... SUCCESS
    domain-configuration(source=/home/username/jboss-eap-6.4/domain/configuration/domain.xml) ...................... SUCCESS
   host-configurations ............................................................................................. SUCCESS
    host-configuration(source=/home/username/jboss-eap-6.4/domain/configuration/host-master.xml) ................... SUCCESS
    host-configuration(source=/home/username/jboss-eap-6.4/domain/configuration/host-slave.xml) .................... SUCCESS
    host-configuration(source=/home/username/jboss-eap-6.4/domain/configuration/host.xml) .......................... SUCCESS

--------------------------
 Migration Result: SUCCESS
--------------------------

A.2. HTML レポートの例

以下は、JBoss Server Migration HTML レポートの例です。

図A.1 例: セクションの概要

Example HTML Report

図A.2 例: タスクの詳細ページ

Example HTML Report

A.3. XML レポートの例

以下は、JBoss Server Migration XML レポートの例になります。

<?xml version="1.0" ?>

<server-migration-report xmlns="urn:jboss:server-migration:1.0" start-time="Mon, 30 Oct 2017 16:13:30 UTC">
  <servers>
    <source name="EAP" version="6.4.0.GA" base-dir="/home/username/tools/jboss-eap-6.4"/>
    <target name="JBoss EAP" version="7.1.0.GA" base-dir="/home/username/tools/jboss-eap-7.1"/>
  </servers>
  <environment>
    <property name="baseDir" value="/home/username/tools/jboss-eap-7.1/migration"/>
    <property name="deployments.migrate-deployment-scanner-deployments.processedDeploymentScannerDirs" value="/home/username/tools/jboss-eap-6.4/standalone/deployments"/>
    <property name="report.html.fileName" value="migration-report.html"/>
    <property name="report.html.maxTaskPathSizeToDisplaySubtasks" value="4"/>
    <property name="report.html.templateFileName" value="migration-report-template.html"/>
    <property name="report.summary.maxTaskPathSizeToDisplaySubtasks" value="3"/>
    <property name="report.xml.fileName" value="migration-report.xml"/>
    <property name="subsystem.ee.update.setup-javaee7-default-bindings.defaultDataSourceName" value="ExampleDS"/>
    <property name="subsystem.ee.update.setup-javaee7-default-bindings.defaultJmsConnectionFactoryName" value="hornetq-ra"/>
    <property name="subsystem.logging.update.remove-console-handler.skip" value="true"/>
  </environment>
  <task number="1" name="server">
    <logger logger="org.jboss.migration.core.task.ServerMigrationTask#1"/>
    <result status="SUCCESS"/>
    <subtasks>
      <task number="2" name="modules.migrate-modules-requested-by-user">
        <logger logger="org.jboss.migration.core.task.ServerMigrationTask#2"/>
        <result status="SKIPPED"/>
      </task>
      <task number="3" name="standalone">
        <logger logger="org.jboss.migration.core.task.ServerMigrationTask#3"/>
        <result status="SUCCESS"/>
        <subtasks>
          <task number="4" name="contents.standalone.migrate-content-dir">
            <logger logger="org.jboss.migration.core.task.ServerMigrationTask#4"/>
            <result status="SKIPPED"/>
          </task>
          <task number="5" name="standalone-configurations">
            <logger logger="org.jboss.migration.core.task.ServerMigrationTask#5"/>
            <result status="SUCCESS"/>
            <subtasks>
              <task number="6" name="standalone-configuration(source=/home/username/tools/jboss-eap-6.4/standalone/configuration/standalone-full-ha.xml)">
                <logger logger="org.jboss.migration.core.task.ServerMigrationTask#6"/>
                <result status="SUCCESS"/>
                <subtasks>
                  <task number="7" name="subsystems.remove-unsupported-subsystems">
                    <logger logger="org.jboss.migration.core.task.ServerMigrationTask#7"/>
                    <result status="SUCCESS"/>
                    <subtasks>
                      <task number="8" name="subsystems.remove-unsupported-subsystems.remove-unsupported-extension(module=org.jboss.as.cmp)">
                        <logger logger="org.jboss.migration.core.task.ServerMigrationTask#8"/>
                        <result status="SUCCESS"/>
                      </task>
                    </substasks>
                  </task>
                  ...
                  <task number="644" name="hosts">
                    <logger logger="org.jboss.migration.core.task.ServerMigrationTask#644"/>
                    <result status="SUCCESS"/>
                    ...
                    <subtasks>
                      ...
                      <task number="645" name="host(name=master)">
                        <logger logger="org.jboss.migration.core.task.ServerMigrationTask#645"/>
                        <result status="SUCCESS"/>
                        <subtasks>
                          ...
                          <task number="661" name="security-realms.migrate-properties">
                            <logger logger="org.jboss.migration.core.task.ServerMigrationTask#661"/>
                            <result status="SUCCESS"/>
                            <subtasks>
                              <task number="662" name="security-realm.ManagementRealm.migrate-properties">
                                <logger logger="org.jboss.migration.core.task.ServerMigrationTask#662"/>
                                <result status="SUCCESS"/>
                              </task>
                              <task number="663" name="security-realm.ApplicationRealm.migrate-properties">
                                <logger logger="org.jboss.migration.core.task.ServerMigrationTask#663"/>
                                <result status="SUCCESS"/>
                              </task>
                            </subtasks>
                          </task>
                          <task number="664" name="security-realm.ApplicationRealm.add-ssl-server-identity">
                            <logger logger="org.jboss.migration.core.task.ServerMigrationTask#664"/>
                            <result status="SUCCESS"/>
                          </task>
                        </subtasks>
                      </task>
                    </subtasks>
                  </task>
                </subtasks>
              </task>
            </subtasks>
          </task>
        </subtasks>
      </task>
    </subtasks>
  </task>
</server-migration-report>





Revised on 2021-07-14 13:56:20 CEST

法律上の通知

Copyright © 2021 Red Hat, Inc.
The text of and illustrations in this document are licensed by Red Hat under a Creative Commons Attribution–Share Alike 3.0 Unported license ("CC-BY-SA"). An explanation of CC-BY-SA is available at http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/. In accordance with CC-BY-SA, if you distribute this document or an adaptation of it, you must provide the URL for the original version.
Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law.
Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, the Red Hat logo, JBoss, OpenShift, Fedora, the Infinity logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries.
Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries.
Java® is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.
XFS® is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries.
MySQL® is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries.
Node.js® is an official trademark of Joyent. Red Hat is not formally related to or endorsed by the official Joyent Node.js open source or commercial project.
The OpenStack® Word Mark and OpenStack logo are either registered trademarks/service marks or trademarks/service marks of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries and are used with the OpenStack Foundation's permission. We are not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.
All other trademarks are the property of their respective owners.