Menu Close

第3章 サポートされない機能と非推奨の機能

3.1. サポートされない特性

メンテナンスコストの高さ、コミュニティーでの関心の低さ、および高性能な代替ソリューションの存在などが理由で、一部の技術がサポート対象外になりました。以下の機能は JBoss EAP XP 2.0.0 ではサポートされません。

起動可能な JAR を使用した EAP Operator の自動トランザクションリカバリー

OpenShift では、起動可能な JAR で EAP Operator の自動化トランザクションリカバリー機能を使用することはできません。この技術制限の修正は、今後の JBoss EAP XP 2.0.0 パッチリリースに対して予定されています。