Menu Close

第1章 新機能および改良された機能

1.1. JBoss EAP XP マネージャー

JBoss EAP XP マネージャーは、JBoss EAP XP 2.0.0 で改良されました。

status コマンドの改善

status コマンドは、以下の情報を提供します。

  • サーバーのバージョン。
  • パッチストリームと累積パッチ ID を有効にしました。

古い JBoss EAP XP サーバーがインストールされている場合は、このコマンドによりアップグレードプロンプトも提供されます。

新しい patch-apply コマンド

JBoss EAP XP マネージャー 2.0 は、patch-apply コマンドを提供します。このコマンドは patch apply 管理 CLI コマンドと似ていますが、使用する引数は管理 CLI コマンドほど多くありません。

patch-apply コマンドを使用して、サーバーで有効なパッチストリームにパッチを適用できます。そのため、ベースサーバーのパッチと JBoss EAP XP パッチの両方を JBoss EAP XP パッチストリームが有効になっているサーバーに適用できます。

新しい upgrade コマンド

JBoss EAP XP マネージャー 2.0 は upgrade コマンドを提供します。

このコマンドを使用して JBoss EAP XP 1.0.x を JBoss EAP XP 2.0.0 にアップグレードします。

その他のリソース

  • JBoss EAP XP マネージャーコマンドの詳細は、Using Eclipse MicroProfile with JBoss EAP XP 2.0.0JBoss EAP XP manager 2.0 commands を参照してください。