第2章 インストールの準備

2.1. JBoss EAP のインストール方法の選択

JBoss EAP 7 をインストールする方法は複数あります。状況によって最適な方法は異なります。以下の表には、各インストールタイプの概要と、関連するインストールプロセスに関する項へのリンクが記載されています。

注記

JBoss ON を使用して JBoss EAP パッチをデプロイおよびインストールする場合、ZIP インストールで対象の JBoss EAP インスタンスをインストールする必要があります。

表2.1 インストール方法

方法説明

ZIP インストール

ZIP アーカイブを使用したインストールは、サポートされるすべてのオペレーティングシステムに適しています。インスタンスを手動で展開したい場合はこの方法を使用してください。

ZIP インストールは JBoss EAP のデフォルトインストールを提供します。 設定はすべてインストールした後に行う必要があります。

JAR インストーラー

JAR インストーラーはコンソールで実行するか、グラフィカルウィザードとして実行することができます。いずれの場合も、サーバーインスタンスのインストール手順および設定手順がステップごとに表示されます。サポートされるすべてのプラットフォームでは、この方法で JBoss EAP をインストールすることが推奨されます。

このインストーラーを使用すると、クイックスタートや Maven リポジトリーなどの追加設定を行うこともできます。

RPM インストール

Red Hat Enterprise Linux 6、Red Hat Enterprise Linux 7、Red Hat Enterprise Linux 8 のサポートされるインストールでは、RPM パッケージを使用して JBoss EAP をインストールできます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。