4.2. Red Hat Enterprise Linux で JBoss EAP をサービスとして設定 (RPM インストール)

前提条件

  • JBoss EAP を RPM インストールとしてインストールします。
  • サーバーの管理者特権。
重要

単一のマシン上に複数の JBoss EAP インスタンスをシステムサービスとして設定することはサポートされません。

JBoss EAP の RPM インストールは、JBoss EAP をサービスとして実行するために必要なものをすべてインストールします。以下のコマンドの 1 つを実行して、システム起動時に自動的に開始するよう JBoss EAP サービスをアクティブ化します。

以下のコマンドでは、EAP_SERVICE_NAMEeap7-standalone (スタンドアロン JBoss EAP サーバーの場合) または eap7-domain (管理対象ドメインの場合) に置き換えます。

  • Red Hat Enterprise Linux 6 の場合

    chkconfig EAP_SERVICE_NAME on
  • Red Hat Enterprise Linux 7 以降の場合:

    systemctl enable EAP_SERVICE_NAME.service

要求に応じて JBoss EAP の RPM インストールを開始または停止するには、JBoss EAP『設定ガイド』の RPM の手順に関する情報 を参照してください。

注記

詳細やオプションについては、JBoss EAP『設定ガイド』の付録に記載されている「RPM サービス設定ファイル」を参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。