3.4. 自動インストーラーによるインストール

JAR インストーラーを使用して JBoss EAP をインストールすると、以前のインストールから生成されたインストールスクリプトを使用して、今後のインストールを同じ設定内容で自動化できます。

警告

自動化インストーラーは後方互換性を維持しません。旧バージョンの JBoss EAP から生成されたインストールスクリプトを自動インストーラーに使用することはできません。同じマイナーバージョンの JBoss EAP (JBoss EAP 7.3 など) から生成されたインストールスクリプトのみを使用してください。

前提条件

  • JAR インストーラーを使用して自動インストールスクリプトを生成します。自動インストールスクリプトは XML ファイルです。

自動インストーラーによるインストール

  1. ターミナルを開き、ダウンロードした JBoss EAP インストーラーの JAR ファイルが含まれるディレクトリーに移動します。
  2. 以下のコマンドを実行し、自動インストールスクリプトの XML ファイルを使用して JBoss EAP をインストールします。

    $ java -jar jboss-eap-7.3.0-installer.jar auto.xml

    デフォルトでは、JBoss EAP の設定に必要なパスワードを入力するよう求められます。インストール用のパスワードを事前設定すると、無人インストールを実行できます。

    注記

    自動インストールスクリプトの XML ファイルをネットワークホストに保存し、そのファイルをインストールで使用するよう、HTTP または FTP を使用してインストーラーを示すことができます。例を以下に示します。

    $ java -jar jboss-eap-7.3.0-installer.jar http://network-host.local/auto.xml
    $ java -jar jboss-eap-7.3.0-installer.jar ftp://network-host.local/auto.xml

3.4.1. 無人自動インストーラーによるインストール

前提条件

  • JAR インストーラーを使用して自動インストールスクリプトを生成します。自動インストールスクリプトは XML ファイルです。

無人自動インストーラーによるインストールを実行するには、JBoss EAP のインストールに必要なパスワードを事前設定する必要があります。

以前のインストーラーによるインストールからインストールスクリプトの XML ファイルが生成されると、未完成のインストールスクリプト変数ファイルも生成されます。このファイル名はインストールスクリプトファイルと同じですが、末尾に .variables が付きます。

この変数ファイルには、無人自動インストールに必要なキーおよびパスワードパラメーターのリストが含まれています。

必要なパスワードは、完全な変数ファイルまたはインストーラーコマンド実行時の引数として指定できます。

変数ファイルを使用した無人自動インストーラーによるインストール

  1. テキストエディターで .variables ファイルを開き、各キーにパスワードの値を指定します。例を以下に示します。

    adminPassword = password#2
    vault.keystorepwd = vaultkeystorepw
    ssl.password = user12345
  2. 自動インストールスクリプトの XML ファイルを使用してインストーラーを実行します。完全な変数ファイルがインストールスクリプトの XML ファイルと同じディレクトリーにあり、ファイル名が変更されていなければ、インストーラーによって変数ファイルが自動的に検出されます。

    $ java -jar jboss-eap-7.3.0-installer.jar auto.xml
    
    Checking for corresponding .variables file
    Variables file detected: auto.xml.variables
    [ Starting automated installation ]
    ...

    別の方法として、-variablefile を使用して変数ファイルへのパスを指定することもできます。

    $ java -jar jboss-eap-7.3.0-installer.jar auto.xml -variablefile auto.xml.variables

-variables 引数を使用した無人自動インストーラーによるインストール

  1. 自動インストールスクリプトの XML ファイルを使用してインストーラーを実行し、-variables 引数を使用して、必要なパスワードをキーと値のペアとして指定します。例を以下に示します。

    $ java -jar jboss-eap-7.3.0-installer.jar auto.xml -variables adminPassword=password#2,vault.keystorepwd=vaultkeystorepw,ssl.password=user12345
    注記

    -variables のキーと値のペアを指定するとき、空白を入れないことが重要になります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。