Menu Close

3.2.2. JBoss EAP インストーラーの実行

JBoss EAP JAR インストーラーは、グラフィカルまたはテキストモードで実行できます。

JBoss EAP グラフィカルインストーラーの実行

  1. ターミナルを開き、ダウンロードした JBoss EAP インストーラーの JAR ファイルが含まれるディレクトリーに移動します。
  2. 以下のコマンドを実行して、グラフィカルインストーラーを起動します。

    $ java -jar jboss-eap-7.3.0-installer.jar
  3. 以下の表の手順を実行します。

    表3.1 JBoss EAP インストーラー画面

    画面の名前どのような場合に表示されるか説明

    言語の選択

    常時

    インストーラーの言語を選択し、OK をクリックします。

    ライセンス同意書

    常時

    RED HAT JBOSS MIDDLEWARE のエンドユーザーライセンス契約。

    「このライセンス契約の条件に同意します。 」を選択し、次へ をクリックします。

    インストールパス

    常時

    JBoss EAP のインストールパスを選択し、次へ をクリックします。

    コンポーネントの選択

    常時

    インストールするコンポーネントを選択します。必要なコンポーネントは選択を解除できません。

    図3.1 JBoss EAP インストーラー: コンポーネント選択画面

    JBoss EAP Installer - Component Selection Screen

    管理ユーザーの作成

    常時

    管理ユーザーを作成し、パスワードを割り当てます。次へ をクリックします。

    インストールの概要

    常時

    インストールオプションを確認した後、次へ をクリックします。

    コンポーネントのインストール

    常時

    インストールの処理が完了したら、次へ をクリックします。

    ランタイム環境の設定

    常時

    JBoss EAP インストールのデフォルト設定を選択するか、インストーラーで詳細設定を実行することができます。デフォルト設定を選択しても、後で JBoss EAP 管理インターフェースを使用して設定を変更できます。

    デフォルト設定の実行 または 詳細設定の実行 を選択し、設定する項目を選択してから 次へ をクリックします。

    図3.2 JBoss EAP インストーラー: ランタイム環境設定画面

    JBoss EAP Installer - Configure Runtime Environment Screen

    パスワード vault の設定

    ランタイム環境の詳細設定でパスワード vault のインストールを選択したとき。

    暗号化されたキーストアに機密パスワードをすべて保存するようにパスワード vault を設定し、次へ をクリックします。詳細は、『How To Configure Server Security』のパスワード vault に関する情報を参照してください。

    図3.3 JBoss EAP インストーラー: パスワード vault 設定画面

    JBoss EAP Installer - Configure Password Vault Screen

    SSL セキュリティー

    ランタイム環境の詳細設定で SSL セキュリティーの有効化を選択したとき。

    JBoss EAP 管理インターフェースをセキュア化する SSL キーストアおよびキーストアパスワードを指定し、次へ をクリックします。詳細は、『How To Configure Server Security』の 管理インターフェースのセキュア化に関する情報を参照してください。

    警告

    Red Hat では、影響するすべてのパッケージで TLSv1.1 または TLSv1.2 を利用するために SSLv2、SSLv3、および TLSv1.0 を明示的に無効化することを推奨しています。

    LDAP の設定

    ランタイム環境の詳細設定で LDAP 認証の有効化を選択したとき。

    LDAP ディレクトリーサーバーを管理コンソール、管理 CLI、および管理 API の認証ソースとして使用するよう LDAP 認証を有効にします。指定後に 次へ をクリックします。詳細は、『How to Configure Identity Management』の LDAP に関する情報を参照してください。

    図3.4 JBoss EAP インストーラー: LDAP 設定画面

    JBoss EAP Installer - LDAP Configuration Screen

    LDAP セキュリティーレルムの設定

    ランタイム環境の詳細設定で LDAP 認証の有効化を選択したとき。

    前のステップで定義された LDAP 接続を使用して、新しいセキュリティーレルムが作成され、管理インターフェースに関連付けされます。

    LDAP 環境の値を指定した後、次へ をクリックします。詳細は、『How to Configure Identity Management』の LDAP に関する情報を参照してください。

    図3.5 JBoss EAP インストーラー: LDAP セキュリティーレルム設定画面

    JBoss EAP Installer - LDAP Security Realm Configuration Screen

    セキュリティードメインの設定

    ランタイム環境の詳細設定でセキュリティードメインの追加を選択したとき。

    JBoss EAP サーバーインスタンスのセキュリティードメインを設定します。ほとんどのフィールドにはすでにデフォルト値が入力されており、変更する必要はありません。指定後に 次へ をクリックします。詳細は『セキュリティーアーキテクチャー』の「セキュリティードメイン」を参照してください。

    図3.6 JBoss EAP インストーラー: セキュリティードメイン設定画面

    JBoss EAP Installer - Security Domain Configuration Screen

    JSSE 設定

    ランタイム環境の詳細設定でセキュリティードメインの追加を選択したとき。

    キーストアまたはトラストストアのいずれかを使用して、前のステップで定義されたセキュリティードメインの Java Secure Socket Extension (JSSE) を設定します。指定後に 次へ をクリックします。

    図3.7 JBoss EAP インストーラー: JSSE 設定画面

    JBoss EAP Installer - JSSE Configuration Screen

    クイックスタート

    ランタイム環境の詳細設定でクイックスタートのインストールを選択したとき。

    クイックスタートのインストールパスを選択し、次へ をクリックします。

    Maven リポジトリーのセットアップ

    ランタイム環境の詳細設定でクイックスタートのインストールを選択したとき。

    Maven リポジトリーと設定ファイルを選択します。

    図3.8 JBoss EAP インストーラー: Maven リポジトリーセットアップ画面

    JBoss EAP Installer - Installer - Maven Repository Setup Screen

    ソケットバインディング

    ランタイム環境の詳細設定でサーバーポートバインディングの設定を選択したとき。

    インストールでデフォルトのポートバインディングを使用するかどうか、すべてのデフォルトバインディングにポートオフセットを設定するかどうか、またはカスタムポートバインディングを設定するかどうかを決定します。

    ポートオフセットの設定を選択した場合は、オフセット番号を選択します。

    カスタムバインディングの設定を選択した場合は、ポートを設定するモード (スタンドアロンモード、ドメインモード、または両方のモード) を選択します。

    ホストが IPv6 専用で設定されている場合は、ピュア IPv6 設定の有効化 チェックボックスを選択します。これにより、インストーラーによって必要な設定変更が行われます。

    次へ をクリックします。

    図3.9 JBoss EAP インストーラー: ソケットバインディング画面

    JBoss EAP Installer - Socket Bindings Screen

    スタンドアロン設定のカスタムソケットバインディング

    スタンドアロンモードにカスタムポートバインディングを設定することを選択したとき。

    各スタンドアロン設定 (standalonestandalone hastandalone full、および standalone full-ha) にポートおよびシステムプロパティーを設定し、次へ をクリックします。

    図3.10 JBoss EAP インストーラー: スタンドアロン設定のカスタムソケットバインディングの画面

    JBoss EAP Installer - Custom Socket Bindings for Standalone Configurations Screen

    ドメイン設定のカスタムソケットバインディング

    ドメインモードにカスタムポートバインディングを設定することを選択したとき。

    ホスト設定 (domain host) および各ドメインプロファイル (domain defaultdomain hadomain full、および domain full-ha) にポートおよびシステムプロパティーを設定し、次へ をクリックします。

    図3.11 JBoss EAP インストーラー: ドメイン設定のカスタムソケットバインディングの画面

    JBoss EAP Installer - Custom Socket Bindings for Domain Configurations Screen

    ロギングのオプション

    ランタイム環境の詳細設定でロギングレベルの設定を選択したとき。

    希望するロギングレベルを選択し、次へ をクリックします。

    JSF の設定

    ランタイム環境の詳細設定で JSF 実装のインストールを選択したとき。

    JSF オプションと JSF JAR へのパスを設定し、次へ をクリックします。詳細は、『設定ガイド』の「JSF 実装のインストール」を参照してください。

    図3.12 JBoss EAP インストーラー - JSF セットアップ画面

    JBoss EAP Installer - JSF Setup Screen

    JDBC ドライバーのセットアップ

    ランタイム環境の詳細設定で JDBC ドライバーをインストールすることを選択したとき。

    JDBC ドライバーをインストールおよびセットアップします。ドロップダウンリストから適切なドライバーのベンダーを選択し、ドライバー JAR の場所を指定します。指定後に 次へ をクリックします。詳細は『設定ガイド』の データソース JDBC ドライバーの情報を参照してください。

    図3.13 JBoss EAP インストーラー: JDBC ドライバーセットアップ画面

    JBoss EAP Installer - JDBC Driver Setup Screen

    データソースのセットアップ

    ランタイム環境の詳細設定で JDBC ドライバーとデータソースのインストールを選択したとき。

    アプリケーションが使用できるデータソースを設定します。データソースの名前を指定し、他のフィールドを設定してから 次へ をクリックします。詳細は、『設定ガイド』の データソースの管理に関する情報を参照してください。

    図3.14 JBoss EAP インストーラー: データソースセットアップ画面

    JBoss EAP Installer - Datasource Setup Screen

    サーバーの設定

    常時

    設定の処理が完了したら 次へ をクリックします。

    ショートカットの設定

    常時

    スタートメニューにショートカットチェックボックスを選択し、ショートカットを作成します。英数字、ダッシュ (-)、および アンダースコア (_) のみを使用できます。Microsoft Windows では、スラッシュ (/) および バックスラッシュ (\) みを使用できます。次へ をクリックします。

    インストールの完了

    常時

    選択したインストールオプションを後々自動インストールで使用する場合は インストールスクリプトとプロパティーファイルを生成します をクリックします。 次に、完了 をクリックします。

    インストールが完了しました。インストーラーによって作成されたディレクトリーはサーバーの最上位ディレクトリーとなります。このディレクトリーを EAP_HOME と呼びます。

JBoss EAP のテキストベースインストーラーの実行

  1. ターミナルを開き、ダウンロードした JBoss EAP インストーラーの JAR が含まれるディレクトリーに移動します。
  2. 以下のコマンドを実行して、テキストベースのインストーラーを起動します。

    $ java -jar jboss-eap-7.3.0-installer.jar -console
  3. 指示に従って JBoss EAP をインストールします。インストーラーによって作成されたディレクトリーはサーバーの最上位ディレクトリーとなります。このディレクトリーを EAP_HOME と呼びます。