Menu Close

4.4. Jsvc を使用して JBoss EAP をサービスとして設定

JBoss Core Services コレクションの Apache Jsvc コンポーネントを使用すると、Red Hat Enterprise Linux および Solaris で JBoss EAP をバックグラウンドサービスとして実行できます。

注記

JBoss EAP の Jsvc サポートの主な目的は、Microsoft Windows および Solaris 上で JBoss EAP をサービスとして実行することです。Jsvc は Red Hat Enterprise Linux 上で動作しますが、Red Hat Enterprise Linux で JBoss EAP をサービスとして実行するには ネイティブメソッド の使用が強く推奨されます。

Jsvc は、Java アプリケーションをバックグラウンドサービスとして UNIX 系プラットフォーム上で実行できるようにするライブラリーとアプリケーションのセットです。これにより、アプリケーションは特権ユーザーとして操作を実行でき、実行後に非特権ユーザーに切り替えできます。

Jsvc はランチャープロセス、コントローラープロセス、および制御されたプロセスの 3 つのプロセスを使用します。制御されたプロセスはメインの Java スレッドでもあります。JVM がクラッシュすると、コントローラープロセスが 60 秒以内に JVM を再起動します。Jsvc はデーモンプロセスで、JBoss EAP 7 では特権ユーザーによって起動される必要があります。

JBoss Core Services Jsvc パッケージのインストール

  • ZIP またはインストーラーによるインストールの場合

    1. ブラウザーを開き、Red Hat カスタマーポータルで JBoss の Software Downloads ページにログインします。
    2. Product ドロップダウンメニューから Apache Jsvc を選択します。
    3. Version ドロップダウンメニューで最新のバージョンを選択します。
    4. システムのプラットフォームとアーキテクチャーに対応する Red Hat JBoss Core Services Apache Jsvc を見つけ、Download リンクをクリックします。
    5. JBoss EAP インストールディレクトリーが含まれるディレクトリーでダウンロードした ZIP ファイルを展開します。

      展開すると、JBoss EAP インストールディレクトリーと同じ階層に jbcs-jsvc-<VERSION> ディレクトリーが作成されます。例を以下に示します。

      /var/opt/
      ├── jboss-eap-7.3
      │   ├── bin
      │   └── ...
      └── jbcs-jsvc-<VERSION>
    6. Jsvc を使用して JBoss EAP を起動するコマンドの例では、jboss ユーザーがすでに作成されていることを仮定します。JBoss EAP のユーザーを作成していない場合は、以下のコマンドを実行し、jboss ユーザーおよびグループを作成します。

      # groupadd -f -g 185 -r jboss
      # useradd -r -u 185 -g jboss -d EAP_HOME -s /sbin/nologin -c "JBoss" jboss
  • Red Hat Enterprise Linux での RPM インストールの場合

    1. Red Hat サブスクリプション管理にログインします。
    2. サブスクライバーイベントリーシステムをクリックします。
    3. ご使用のオペレーティングシステムバージョンとアーキテクチャーの JBoss Core Services CDN リポジトリーにサブスクライブします。

      1. Red Hat Enterprise Linux 6 の場合

        • jb-coreservices-1-for-rhel-6-server-rpms
      2. Red Hat Enterprise Linux 7 以降の場合:

        • jb-coreservices-1-for-rhel-7-server-rpms
    4. root ユーザーで以下のコマンドを実行し、Jsvc をインストールします。

      # yum groupinstall jbcs-jsvc
注記

必ず JAVA_HOME システム環境変数を設定してください。

Jsvc を使用して JBoss EAP をスタンドアロンサーバーとして起動

以下のコマンドは、Jsvc を使用してスタンドアロンモードの JBoss EAP を起動および停止するために使用されます。以下の表には、ZIP/インストーラー JBoss EAP インストールまたは RPM インストールのコマンドに必要なパスが示されています。

表4.1 ZIP/Installer インストールの Jsvc ファイルの場所 - スタンドアロンサーバー

手順のファイル参照ファイルの場所

JSVC_BIN

EAP_HOME/../jbcs-jsvc-<VERSION>/sbin/jsvc

JSVC_JAR

EAP_HOME/../jbcs-jsvc-<VERSION>/lib/commons-daemon.jar

CONF_DIR

EAP_HOME/standalone/configuration

LOG_DIR

EAP_HOME/standalone/log

表4.2 RPM インストールの Jsvc ファイルの場所 - スタンドアロンサーバー

手順のファイル参照ファイルの場所

JSVC_BIN

/usr/bin/jbcs-jsvc/jsvc

JSVC_JAR

/usr/bin/jbcs-jsvc/commons-daemon.jar

CONF_DIR

/opt/rh/eap7/root/usr/share/wildfly/standalone/configuration

LOG_DIR

/opt/rh/eap7/root/usr/share/wildfly/standalone/log

Jsvc を使用してスタンドアロン JBoss EAP サーバーを起動します。

$ JSVC_BIN \
 -outfile LOG_DIR/jsvc.out.log   \
 -errfile LOG_DIR/jsvc.err.log   \
 -pidfile LOG_DIR/jsvc.pid  \
 -user jboss \
 -D[Standalone] -XX:+UseCompressedOops -Xms1303m \
 -Xmx1303m -XX:MaxPermSize=256m \
 -Djava.net.preferIPv4Stack=true \
 -Djboss.modules.system.pkgs=org.jboss.byteman \
 -Djava.awt.headless=true \
 -Dorg.jboss.boot.log.file=LOG_DIR/server.log \
 -Dlogging.configuration=file:CONF_DIR/logging.properties \
 -Djboss.modules.policy-permissions \
 -cp EAP_HOME/jboss-modules.jar:JSVC_JAR \
 -Djboss.home.dir=EAP_HOME \
 -Djboss.server.base.dir=EAP_HOME/standalone   \
 @org.jboss.modules.Main -start-method main \
 -mp EAP_HOME/modules \
 -jaxpmodule javax.xml.jaxp-provider \
 org.jboss.as.standalone

Jsvc を使用してスタンドアロン JBoss EAP サーバーを停止します。

$ JSVC_BIN \
 -stop \
 -outfile LOG_DIR/jsvc.out.log   \
 -errfile LOG_DIR/jsvc.err.log   \
 -pidfile LOG_DIR/jsvc.pid  \
 -user jboss \
 -D[Standalone] -XX:+UseCompressedOops -Xms1303m \
 -Xmx1303m -XX:MaxPermSize=256m \
 -Djava.net.preferIPv4Stack=true \
 -Djboss.modules.system.pkgs=org.jboss.byteman \
 -Djava.awt.headless=true \
 -Dorg.jboss.boot.log.file=LOG_DIR/server.log \
 -Dlogging.configuration=file:CONF_DIR/logging.properties \
 -Djboss.modules.policy-permissions \
 -cp EAP_HOME/jboss-modules.jar:JSVC_JAR \
 -Djboss.home.dir=EAP_HOME \
 -Djboss.server.base.dir=EAP_HOME/standalone   \
 @org.jboss.modules.Main -start-method main \
 -mp EAP_HOME/modules \
 -jaxpmodule javax.xml.jaxp-provider \
 org.jboss.as.standalone

Jsvc を使用した JBoss EAP 管理対象ドメインの起動

以下のコマンドは、Jsvc を使用して JBoss EAP 管理対象ドメインを起動および停止するために使用されます。以下の表には、ZIP/インストーラー JBoss EAP インストールまたは RPM インストールのコマンドに必要なパスが示されています。

表4.3 ZIP/Installer インストールの Jsvc ファイルの場所 - 管理対象ドメイン

手順のファイル参照ファイルの場所

JSVC_BIN

EAP_HOME/../jbcs-jsvc-<VERSION>/sbin/jsvc

JSVC_JAR

EAP_HOME/../jbcs-jsvc-<VERSION>/lib/commons-daemon.jar

CONF_DIR

EAP_HOME/domain/configuration

LOG_DIR

EAP_HOME/domain/log

表4.4 RPM インストールの Jsvc ファイルの場所 - 管理対象ドメイン

手順のファイル参照ファイルの場所

JSVC_BIN

/usr/bin/jbcs-jsvc/jsvc

JSVC_JAR

/usr/bin/jbcs-jsvc/commons-daemon.jar

CONF_DIR

/opt/rh/eap7/root/usr/share/wildfly/domain/configuration

LOG_DIR

/opt/rh/eap7/root/usr/share/wildfly/domain/log

以下のコマンドを実行する前に、JAVA_HOME システム環境変数を設定してください。

Jsvc を使用して JBoss EAP 管理対象ドメインを起動します。

$ JSVC_BIN \
 -outfile LOG_DIR/jsvc.out.log   \
 -errfile LOG_DIR/jsvc.err.log   \
 -pidfile LOG_DIR/jsvc.pid  \
 -user jboss \
 -nodetach -D"[Process Controller]" -server -Xms64m \
 -Xmx512m -XX:MaxPermSize=256m \
 -Djava.net.preferIPv4Stack=true  \
 -Djboss.modules.system.pkgs=org.jboss.byteman \
 -Djava.awt.headless=true  \
 -Dorg.jboss.boot.log.file=LOG_DIR/process-controller.log \
 -Dlogging.configuration=file:CONF_DIR/logging.properties \
 -Djboss.modules.policy-permissions \
 -cp "EAP_HOME/jboss-modules.jar:JSVC_JAR" \
 org.apache.commons.daemon.support.DaemonWrapper \
 -start org.jboss.modules.Main -start-method main \
 -mp EAP_HOME/modules org.jboss.as.process-controller \
 -jboss-home EAP_HOME -jvm "${JAVA_HOME}"/bin/java \
 -mp EAP_HOME/modules -- \
 -Dorg.jboss.boot.log.file=LOG_DIR/host-controller.log \
 -Dlogging.configuration=file:CONF_DIR/logging.properties \
 -Djboss.modules.policy-permissions \
 -server -Xms64m -Xmx512m -XX:MaxPermSize=256m \
 -Djava.net.preferIPv4Stack=true \
 -Djboss.modules.system.pkgs=org.jboss.byteman \
 -Djava.awt.headless=true -- -default-jvm "${JAVA_HOME}"/bin/java \
&

Jsvc を使用して JBoss EAP 管理対象ドメインを停止します。

$ JSVC_BIN \
 -stop \
 -outfile LOG_DIR/jsvc.out.log   \
 -errfile LOG_DIR/jsvc.err.log   \
 -pidfile LOG_DIR/jsvc.pid  \
 -user jboss \
 -nodetach -D"[Process Controller]" -server -Xms64m \
 -Xmx512m -XX:MaxPermSize=256m \
 -Djava.net.preferIPv4Stack=true  \
 -Djboss.modules.system.pkgs=org.jboss.byteman \
 -Djava.awt.headless=true  \
 -Dorg.jboss.boot.log.file=LOG_DIR/process-controller.log \
 -Dlogging.configuration=file:CONF_DIR/logging.properties \
 -Djboss.modules.policy-permissions \
 -cp "EAP_HOME/jboss-modules.jar:JSVC_JAR" \
 org.apache.commons.daemon.support.DaemonWrapper \
 -start org.jboss.modules.Main -start-method main \
 -mp EAP_HOME/modules org.jboss.as.process-controller \
 -jboss-home EAP_HOME -jvm $JAVA_HOME/bin/java \
 -mp EAP_HOME/modules -- \
 -Dorg.jboss.boot.log.file=LOG_DIR/host-controller.log \
 -Dlogging.configuration=file:CONF_DIR/logging.properties \
 -Djboss.modules.policy-permissions \
 -server -Xms64m -Xmx512m -XX:MaxPermSize=256m \
 -Djava.net.preferIPv4Stack=true \
 -Djboss.modules.system.pkgs=org.jboss.byteman \
 -Djava.awt.headless=true -- -default-jvm $JAVA_HOME/bin/java