2.3. 最新の JBoss EAP for OpenShift イメージストリームおよびテンプレートのインポート

JDK の最新の JBoss EAP for OpenShift イメージストリームおよびテンプレートを OpenShift プロジェクトの namespace にインポートする必要があります。

注記

カスタマーポータルの認証情報を使用して Red Hat Container Registry にログインし、JBoss EAP イメージストリームおよびテンプレートをインポートします。詳細は、Red Hat コンテナーレジストリーの認証 を参照してください。

JDK 8 の import コマンド

for resource in \
  eap73-amq-persistent-s2i.json \
  eap73-amq-s2i.json \
  eap73-basic-s2i.json \
  eap73-https-s2i.json \
  eap73-image-stream.json \
  eap73-sso-s2i.json \
  eap73-starter-s2i.json \
do
  oc replace --force -f \
https://raw.githubusercontent.com/jboss-container-images/jboss-eap-7-openshift-image/eap73/templates/${resource}
done

このコマンドは以下のイメージストリームおよびテンプレートをインポートします。

  • JDK 8 ビルダーイメージストリーム: jboss-eap73-openshift
  • JDK 8 ランタイムイメージストリーム: jboss-eap73-runtime-openshift
  • コマンドで指定したすべてのテンプレート

JDK 11 の import コマンド

for resource in \
  eap73-openjdk11-amq-persistent-s2i.json \
  eap73-openjdk11-amq-s2i.json \
  eap73-openjdk11-basic-s2i.json \
  eap73-openjdk11-https-s2i.json \
  eap73-openjdk11-image-stream.json \
  eap73-openjdk11-sso-s2i.json \
  eap73-openjdk11-starter-s2i.json \
do
  oc replace --force -f \
https://raw.githubusercontent.com/jboss-container-images/jboss-eap-7-openshift-image/eap73/templates/${resource}
done

このコマンドは以下のイメージストリームおよびテンプレートをインポートします。

  • JDK 11 ビルダーイメージストリーム: jboss-eap73-openjdk11-openshift
  • JDK 11 ランタイムイメージストリーム: jboss-eap73-openjdk11-runtime-openshift
  • コマンドで指定したすべてのテンプレート

IBM Z および IBM Power Systems における Eclipse OpenJ9 の import コマンド

oc replace --force -f \
https://raw.githubusercontent.com/jboss-container-images/jboss-eap-openshift-templates/eap73/eap73-openj9-image-stream.json

for resource in \
  eap73-amq-persistent-s2i.json \
  eap73-amq-s2i.json \
  eap73-basic-s2i.json \
  eap73-https-s2i.json \
  eap73-sso-s2i.json \
do
  oc replace --force -f \
https://raw.githubusercontent.com/jboss-container-images/jboss-eap-openshift-templates/eap73/templates/${resource}
done

このコマンドは以下のイメージストリームおよびテンプレートをインポートします。

  • Eclipese OpenJ9 ビルダーイメージ: jboss-eap-7-OpenJ9-11-openshift:
  • Eclipse OpenJ9 ランタイムイメージストリーム: jboss-eap-7-OpenJ9-11-runtime-openshift
  • コマンドで指定したすべてのテンプレート
注記

上記のコマンドを使用してインポートされた JBoss EAP イメージストリームおよびテンプレートは、OpenShift プロジェクト内のみで利用できます。

イメージストリームとテンプレートを別のプロジェクトにインポートする必要がある場合には、コマンドラインの oc replace-n PROJECT_NAME を追加します。以下に例を示します。

...
oc replace -n PROJECT_NAME --force -f
...

cluster-samples-operator を使用する場合は、クラスターサンプルオペレーターの設定についての OpenShift ドキュメントを参照してください。クラスターサンプルオペレーターの設定の詳細は、サンプルオペレーターの設定 を参照してください。