11.8.3. デプロイメントロギング設定の表示

以下の管理 CLI コマンドを使用すると、特定のデプロイメントのロギング設定に関する情報を取得できます。

/deployment=DEPLOYMENT_NAME/subsystem=logging/configuration=CONFIG:read-resource

デプロイメントのロギング設定値である CONFIG には、以下の 3 つの値の 1 つを指定します。

  • デプロイメントが logging サブシステムを使用する場合は default を指定します。これにより、logging サブシステムの設定が出力されます。
  • デプロイメントが logging サブシステムに定義されている ロギングプロファイル を使用する場合は、profile-PROFILE_NAME を指定します。これにより、ロギングプロファイルの設定が出力されます。
  • 使用される設定ファイルへのパス (例: myear.ear/META-INF/logging.properties) を指定します。

たとえば、以下の管理 CLI コマンドは、特定のデプロイメントによって使用される MYPROFILE ロギングプロファイルの設定を表示します。

/deployment=mydeployment.war/subsystem=logging/configuration=profile-MYPROFILE:read-resource(recursive=true,include-runtime=true)

以下の情報が出力されます。

{
    "outcome" => "success",
    "result" => {
        "error-manager" => undefined,
        "filter" => undefined,
        "formatter" => {
            "MYFORMATTER" => {
                "class-name" => "org.jboss.logmanager.formatters.PatternFormatter",
                "module" => undefined,
                "properties" => {"pattern" => "%d{HH:mm:ss,SSS} %-5p [%c] (%t) %s%e%n"}
            }
        },
        "handler" => {
            "MYPERIODIC" => {
                "class-name" => "org.jboss.logmanager.handlers.PeriodicRotatingFileHandler",
                "encoding" => undefined,
                "error-manager" => undefined,
                "filter" => undefined,
                "formatter" => "MYFORMATTER",
                "handlers" => [],
                "level" => "ALL",
                "module" => undefined,
                "properties" => {
                    "append" => "true",
                    "autoFlush" => "true",
                    "enabled" => "true",
                    "suffix" => ".yyyy-MM-dd",
                    "fileName" => "EAP_HOME/standalone/log/deployment.log"
                }
            }
        },
        "logger" => {"MYCATEGORY" => {
            "filter" => undefined,
            "handlers" => [],
            "level" => "DEBUG",
            "use-parent-handlers" => true
        }},
        "pojo" => undefined
    }
}

また、再帰的な read-resource 操作を使用して、ロギング設定やデプロイメントに関する他の情報を取得することができます。

/deployment=DEPLOYMENT_NAME/subsystem=logging:read-resource(include-runtime=true, recursive=true)