3.6.7. Git を使用した設定データの管理

JBoss EAP 7.3 より、Git を使用してサーバー設定データ、プロパティーファイル、およびデプロイメントを管理および永続化できるようになりました。これにより、これらのファイルのバージョン履歴を管理できるだけでなく、1 つ以上の Git リポジトリーを使用して複数のサーバーおよびノード全体でサーバーやアプリケーションの設定を共有することができます。この機能は、デフォルトの設定ディレクトリーレイアウトを使用するスタンドアロンサーバーでのみ動作します。

ローカル Git リポジトリー で設定データの使用を選択でき、remote Git repository からデータを取得することもできます。Git リポジトリーは、スタンドアロンサーバーコンテンツのベースディレクトリーである jboss.server.base.dir ディレクトリーで設定されます。jboss.server.base.dir ディレクトリーが Git を使用するよう設定されると、JBoss EAP は管理 CLI または管理コンソールを使用して設定へ加えられた各更新を自動的にコミットします。設定ファイルを手作業で編集してサーバー外部で追加された変更は、コミットおよび永続化されません。しかし、Git CLI を使用して手作業の変更を追加およびコミットすることができます。また、Git CLI を使用してコミット履歴の表示、ブランチの管理、およびコンテンツの管理を行うこともできます。

この機能を使用するには、サーバーの起動時に以下の引数を 1 つ以上コマンドラインに渡します。

表3.4 Git 設定管理のサーバー起動引数

引数説明

--git-repo

サーバー設定データの管理および永続化に使用される Git リポジトリーの場所。これは、ローカルで保存する場合は local を指定し、リモートの場合はリモートリポジトリーへの URL を指定します。

--git-branch

使用する Git リポジトリーのブランチまたはタグ名。ブランチまたはタグ名が存在しないと作成されないため、この引数には既存のブランチまたはタグ名を指定する必要があります。タグ名を使用する場合、リポジトリーを detached HEAD 状態にし、今後のコミットがブランチにアタッチされないようにします。タグ名は読み取り専用で、通常複数のノード全体で設定をレプリケートする必要があるときに使用されます。

--git-auth

Elytron 設定ファイルへの URL には、リモート Git リポジトリーへの接続時に使用される認証情報が含まれています。この引数は、Git リポジトリーに認証が必要な場合に必要となります。Git は SSH 認証をサポートしますが、Elytron はサポートしません。そのため、現在 SSH ではなく HTTP または HTTPS で認証を行うための認証情報のみを指定できます。この引数は local リポジトリーとは使用されません。

ローカル Git リポジトリーの使用

ローカル Git リポジトリーを使用するには、--git-repo=local 引数を使用してサーバーを起動します。サーバーの起動時に --git-branch=GIT_BRANCH_NAME 引数を追加して、オプションのブランチまたはタグ名をリモートリポジトリーで指定することもできます。ブランチまたはタグ名が存在しないと作成されないため、この引数には既存のブランチまたはタグ名を指定する必要があります。タグ名を使用する場合、リポジトリーを detached HEAD 状態にし、今後のコミットがブランチにアタッチされないようにします。

以下のコマンド例は、local リポジトリーの 1.0.x ブランチを使用して、サーバーを起動します。

$ EAP_HOME/bin/standalone.sh --git-repo=local --git-branch=1.0.x

local Git リポジトリーを使用する引数を使用してサーバーを起動した場合、JBoss EAP は jboss.server.base.dir ディレクトリーがすでに Git に対して設定されているかどうかを確認します。設定されていない場合、JBoss EAP は既存の設定コンテンツを使用して jboss.server.base.dir ディレクトリーに Git リポジトリーを作成し、初期化します。JBoss EAP は --git-branch 引数によって渡されたブランチ名をチェックアウトします。引数が渡されていない場合は master ブランチをチェックアウトします。初期化後、スタンドアロンサーバーコンテンツのベースディレクトリーに .git/ ディレクトリーと .gitignore ファイルがあることを確認できるはずです。

リモート Git リポジトリーの使用

Git リポジトリーを使用するには、--git-repo=REMOTE_REPO 引数を使用してサーバーを起動します。引数の値は、ローカル Git 設定に手作業で追加した URL またはリモートエイリアスになります。

サーバーの起動時に --git-branch=GIT_BRANCH_NAME 引数を追加して、オプションのブランチまたはタグ名をリモートリポジトリーで指定することもできます。ブランチまたはタグ名が存在しないと作成されないため、この引数には既存のブランチまたはタグ名を指定する必要があります。タグ名を使用する場合、リポジトリーを detached HEAD 状態にし、今後のコミットがブランチにアタッチされないようにします。

Git リポジトリーに認証が必要な場合は、サーバーの起動時に --git-auth=AUTH_FILE_URL 引数も追加する必要があります。この引数は、Git リポジトリーへの接続に必要な認証情報が含まれる Elytron 設定ファイルへの URL になります。以下は、認証に使用できる Elytron 設定ファイルの例になります。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<configuration>
  <authentication-client xmlns="urn:elytron:client:1.2">
    <authentication-rules>
      <rule use-configuration="test-login">
      </rule>
    </authentication-rules>
    <authentication-configurations>
      <configuration name="test-login">
        <sasl-mechanism-selector selector="BASIC" />
        <set-user-name name="eap-user" />
        <credentials>
          <clear-password password="my_api_key" />
        </credentials>
        <set-mechanism-realm name="testRealm" />
      </configuration>
    </authentication-configurations>
  </authentication-client>
</configuration>
注記

Git は SSH 認証をサポートしますが、Elytron はサポートしません。そのため、現在 SSH ではなく HTTP または HTTPS で認証を行うための認証情報のみを指定できます。

以下は、リモート eap-configuration リポジトリーの 1.0.x ブランチを使用して認証情報が含まれる Elytron 設定ファイルに URL を渡し、フルプロファイルでサーバーを起動するコマンドの例になります。

$ EAP_HOME/bin/standalone.sh --git-repo=https://github.com/MY_GIT_ID/eap-configuration.git --git-branch=1.0.x --git-auth=file:///home/USER_NAME/github-wildfly-config.xml --server-config=standalone-full.xml

リモート Git リポジトリーを使用する引数を使用してサーバーを起動した場合、JBoss EAP は jboss.server.base.dir ディレクトリーがすでに Git に対して設定されているかどうかを確認します。設定されていない場合、JBoss EAP は jboss.server.base.dir ディレクトリーにある既存の設定ファイルを削除し、代わりにリモート Git 設定データを置きます。JBoss EAP は --git-branch 引数によって渡されたブランチ名をチェックアウトします。引数が渡されていない場合は master ブランチをチェックアウトします。この処理の完了後、スタンドアロンサーバーコンテンツのベースディレクトリーに .git/ ディレクトリーと .gitignore ファイルがあることを確認できるはずです。

警告

この処理の完了後、当初使用したものとは異なる --git-repo URL または --git-branch 名を渡して、サーバーを起動すると、サーバーの起動時にエラーメッセージ java.lang.RuntimeException: WFLYSRV0268: Failed to pull the repository GIT_REPO_NAME が表示されます。これは、JBoss EAP が jboss.server.base.dir ディレクトリーに現在設定されていないリポジトリーとブランチから設定データをプルしようとし、競合が発生するためです。

Git 使用時のリモート設定データの公開

管理 CLI の publish-configuration 操作を使用すると、Git リポジトリーの変更をリモートリポジトリーにプッシュすることができます。JBoss EAP は、サーバー起動時のブート処理中にリモート Git リポジトリーから設定をプルするため、複数のサーバー間で設定データを共有できます。この操作はリモートリポジトリーにのみ使用できます。ローカルリポジトリーでは動作しません。

以下の管理 CLI 操作は、設定データをリモート eap-configuration リポジトリーに公開します。

:publish-configuration(location="=https://github.com/MY_GIT_ID/eap-configuration.git")
{"outcome" => "success"}
Git でのスナップショットの使用

Git のコミット履歴を使用して設定の変更を追跡する他に、スナップショットを作成して特定時の設定を保持することもできます。スナップショットを一覧表示し、削除することができます。

Git 使用時におけるスナップショットの作成

スナップショットは、Git にタグとして保存されます。take-snapshot 操作で、スナップショットタグ名とコミットメッセージを引数として指定します。

以下の管理 CLI 操作は、スナップショットを作成し、タグに「snapshot-01」という名前を付けます。

:take-snapshot(name="snapshot-01", comment="1st snapshot")
{
    "outcome" => "success",
    "result" => "1st snapshot"
}
Git 使用時におけるスナップショットの一覧表示

list-snapshots 操作を使用すると、スナップショットタグをすべて一覧表示できます。

以下の管理 CLI 操作は、スナップショットタグを一覧表示します。

:list-snapshots
{
    "outcome" => "success",
    "result" => {
        "directory" => "",
        "names" => [
            "snapshot : 1st snapshot",
            "refs/tags/snapshot-01",
            "snapshot2 : 2nd snapshot",
            "refs/tags/snapshot-02"
        ]
    }
}
Git 使用時におけるスナップショットの削除

delete-snapshot 操作にタグ名を渡すと特定のスナップショットを削除できます。

以下の管理 CLI 操作は、タグ名が「snapshot-01」のスナップショットを削除します。

:delete-snapshot(name="snapshot-01")
{"outcome" => "success"}