24.2.2. デフォルトの JGroups チャネルが TCP を使用するよう設定

デフォルトでは、クラスターノードは UDP プロトコルを使用して通信します。デフォルトの ee JGroups は事前定義された udp プロトコルスタックを使用します。

<channels default="ee">
  <channel name="ee" stack="udp"/>
</channels>
<stacks>
  <stack name="udp">
    <transport type="UDP" socket-binding="jgroups-udp"/>
    <protocol type="PING"/>
    ...
  </stack>
  <stack name="tcp">
    <transport type="TCP" socket-binding="jgroups-tcp"/>
    <protocol type="MPING" socket-binding="jgroups-mping"/>
    ...
  </stack>
</stacks>

一部のネットワークでは TCP のみを使用できます。以下の管理 CLI コマンドを使用して、ee チャネルが事前設定された tcp スタックを使用するようにします。

/subsystem=jgroups/channel=ee:write-attribute(name=stack,value=tcp)

このデフォルトの tcp スタックは、IP マルチキャストを使用して初期クラスターメンバーシップを検出する MPING プロトコルを使用します。他のメンバーシップ検出プロトコルに対してスタックを設定する場合は以下の項を参照してください。

  • TCPPING プロトコルを使用して静的クラスターメンバーシップのリストを定義する。
  • TCPGOSSIP プロトコルを使用し、外部ゴシップルーターを使ってクラスターのメンバーを検出する。
  • JDBC_PING プロトコルを使用し、データベースを使ってクラスターのメンバーを検出する。