付録A リファレンス資料

A.1. サーバーランタイム引数

アプリケーションサーバーの起動スクリプトは実行時に引数とスイッチを受け入れます。そのため、standalone.xmldomain.xml、および host.xml 設定ファイルに定義されていない他の設定でサーバーを起動できます。

他の設定には、ソケットバインディングの代替セットを持つサーバーの起動や 2 次設定が含まれていることがあります。

help スイッチ -h または --help を起動時に渡すと、利用可能なパラメーターのリストを使用できます。

表A.1 ランタイムスイッチおよび引数

引数またはスイッチ操作モード説明

--admin-only

Standalone

サーバーの実行タイプを ADMIN_ONLY に設定します。これにより管理インターフェースが開かれ、管理リクエストが許可されますが、他のランタイムサービスは起動されず、エンドユーザーのリクエストは許可されません。この代わりに --start-mode=admin-only を使用することが推奨されます。

--admin-only

Domain

ホストコントローラーの実行タイプを ADMIN_ONLY に設定します。 これにより管理インターフェースが開かれ、管理リクエストが許可されますが、サーバーは起動しません。 ホストコントローラーがドメインのマスターである場合はスレーブホストコントローラーからの受信接続が許可されます。

-b=<value>、-b <value>

Standalone、Domain

パブリックインターフェースのバインドアドレスを設定するために使用される jboss.bind.address システムプロパティーを設定します。値の指定がない場合は、デフォルトで 127.0.0.1 が指定されます。他のインターフェースにバインドアドレスを設定するには -b<interface>=<value> エントリーを確認します。

-b<interface>=<value>

Standalone、Domain

システムプロパティー jboss.bind.address.<interface> を指定の値に設定します。-bmanagement=IP_ADDRESSなど。

--backup

Domain

このホストがドメインコントローラーではない場合でも永続ドメイン設定のコピーを保持します。

-c=<config>、-c <config>

Standalone

使用するサーバー設定ファイルの名前。デフォルトは standalone.xml です。

-c=<config>、-c <config>

Domain

使用するサーバー設定ファイルの名前。デフォルトは domain.xml です。

--cached-dc

Domain

ホストがドメインコントローラーではなく、起動時にドメインコントローラーに接続できない場合、ローカルでキャッシュされたドメイン設定のコピーを使用してブートします。

--debug [<port>]

Standalone

オプションの引数を用いてデバッグモードを有効にし、ポートを指定します。起動スクリプトがサポートする場合のみ動作します。

-D<name>[=<value>]

Standalone、Domain

システムプロパティーを設定します。

--domain-config=<config>

Domain

使用するサーバー設定ファイルの名前。デフォルトは domain.xml です。

--git-repo

Standalone

サーバー設定データの管理および永続化に使用される Git リポジトリーの場所。これは、ローカルで保存する場合は local を指定し、リモートの場合はリモートリポジトリーへの URL を指定します。

--git-branch

Standalone

使用する Git リポジトリーのブランチまたはタグ名。ブランチまたはタグ名が存在しないと作成されないため、この引数には既存のブランチまたはタグ名を指定する必要があります。タグ名を使用する場合、リポジトリーを detached HEAD 状態にし、今後のコミットがブランチにアタッチされないようにします。タグ名は読み取り専用で、通常複数のノード全体で設定をレプリケートする必要があるときに使用されます。

--git-auth

Standalone

Elytron 設定ファイルへの URL には、リモート Git リポジトリーへの接続時に使用される認証情報が含まれています。この引数は、Git リポジトリーに認証が必要な場合に必要となります。Git は SSH 認証をサポートしますが、Elytron はサポートしないため、プライベートキーを使用してパスワードのないデフォルトの SSH 認証のみがサポートされます。この引数は local リポジトリーとは使用されません。

-h、--help

Standalone、Domain

ヘルプメッセージを表示し、終了します。

--host-config=<config>

Domain

使用するホスト設定ファイルの名前。デフォルトは host.xml です。

--interprocess-hc-address=<address>

Domain

ホストコントローラーがプロセスコントローラーからの通信をリッスンしなければならないアドレス。

--interprocess-hc-port=<port>

Domain

ホストコントローラーがプロセスコントローラーからの通信をリッスンしなければならないポート。

--master-address=<address>

Domain

システムプロパティー jboss.domain.master.address を指定の値に設定します。デフォルトのスレーブホストコントローラー設定では、マスターホストコントローラーのアドレスを設定するために使用されます。

--master-port=<port>

Domain

システムプロパティー jboss.domain.master.port を指定の値に設定します。デフォルトのスレーブホストコントローラー設定では、マスターホストコントローラーによるネイティブ管理の通信で使用されるポートを設定するために使用されます。

--read-only-server-config=<config>

Standalone

使用するサーバー設定ファイルの名前。元のファイルは上書きされないため、--server-config および -c とは異なります。

--read-only-domain-config=<config>

Domain

使用するドメイン設定ファイルの名前。最初のファイルは上書きされないため、--domain-config および -c とは異なります。

--read-only-host-config=<config>

Domain

使用するホスト設定ファイルの名前。最初のファイルは上書きされないため、--host-config とは異なります。

-P=<url>、-P <url>、--properties=<url>

Standalone、Domain

該当する URL からシステムプロパティーをロードします。

--pc-address=<address>

Domain

プロセスコントローラーが制御するプロセスからの通信をリッスンするアドレス。

--pc-port=<port>

Domain

プロセスコントローラーが制御するプロセスからの通信をリッスンするポート。

-S<name>[=<value>]

Standalone

セキュリティープロパティーを設定します。

-secmgr

Standalone、Domain

セキュリティーマネージャーがインストールされた状態でサーバーを実行します。

--server-config=<config>

Standalone

使用するサーバー設定ファイルの名前。デフォルトは standalone.xml です。

--start-mode=<mode>

Standalone

サーバーの起動モードを設定します。このオプションは、 --admin-only と併用できません。有効な値は以下のとおりです。

  • normal: サーバーは通常どおりに起動します。
  • admin-only: サーバーは管理インターフェースのみを開き、管理リクエストを許可しますが、他のランタイムサービスは起動せず、エンドユーザーのリクエストを許可しません。
  • suspend: サーバーは中断モードで起動され、再開するまでリクエストに対処しません。

-u=<value>、-u <value>

Standalone、Domain

設定ファイルの socket-binding 要素のマルチキャストアドレスを設定するために使用される jboss.default.multicast.address システムプロパティーを設定します。値の指定がない場合はデフォルトで 230.0.0.4 が指定されます。

-v、-V、--version

Standalone、Domain

アプリケーションサーバーのバージョンを表示し、終了します。

警告

JBoss EAP に同梱される設定ファイルは、スイッチ (-b-u など) を処理するよう設定されます。スイッチによって制御されるシステムプロパティーを使用しないよう設定ファイルを変更した場合は、実行するコマンドにスイッチを追加しても効果はありません。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。