8.7.2.3. JBoss EAP 7.2 インスタンスが JBoss EAP 7.3 の更新を取得しないようにする

管理対象ドメインコントローラーは設定の更新をホストコントローラーに転送するため、JBoss EAP 7.2 ホストが JBoss EAP 7.3 固有の設定およびリソースを受け取らないようにします。これらのリソースを無視するよう JBoss EAP 7.2 ホストを設定する必要があります。これには、JBoss EAP 7.2 ホストで ignore-unused-configuration 属性を設定します。

注記

また、host-exclude 設定を使用して、特定のバージョンの JBoss EAP を実行するホストが特定のリソースを認識しないよう、ドメインコントローラーに指示することもできます。host-exclude 設定の使用例については、「JBoss EAP 6 インスタンスが JBoss EAP 7 の更新を取得しないようにする」 を参照してください。JBoss EAP 7.2 では、EAP 72 host-exclude オプションを使用します。

JBoss EAP 7.2 ホストコントローラーのリモートドメインコントローラーへの接続設定で ignore-unused-configuration 属性を true に設定します。

JBoss EAP 7.2 host-slave.xml

<domain-controller>
    <remote security-realm="ManagementRealm" ignore-unused-configuration="true">
        <discovery-options>
            <static-discovery name="primary" protocol="${jboss.domain.master.protocol:remote}" host="${jboss.domain.master.address}" port="${jboss.domain.master.port:9990}"/>
        </discovery-options>
    </remote>
</domain-controller>

この設定では、このホストは使用するサーバーグループと、それらのサーバーグループに関連するプロファイル、ソケットバインディング、およびデプロイメントリソースのみが利用できます。他のリソースはすべて無視されます。