25.2.2. MicroProfile OpenTracing SmallRye サブシステム

Eclipse MicroProfile Open Tracing 機能は、SmallRye OpenTracing コンポーネントを使用して JBoss EAP に実装され、microprofile-opentracing-smallrye サブシステムによって提供されます。このサブシステムは、JAX-RS エンドポイントへのリクエストのトレースと CDI bean のサポートが含まれる Microprofile 1.3.0 を実装し、デフォルトの JBoss EAP 7.3 設定に含まれています。

microprofile-opentracing-smallrye には Jaeger Client がデフォルトのトレーサーとして同梱されています。また、Jakarta RESTful Web Services や Contexts and Dependency Injection など Jakarta EE アプリケーションで一般的に使用されるコンポーネントのインスツルメンテーションライブラリーのセットも含まれています。JBoss EAP サーバーに自動的にデプロイされた各 WAR は、独自の Tracer インスタンスを持ちます。EAR 内の各 WAR は個別の WAR として扱われ、各 WAR には独自の Tracer インスタンスがあります。デフォルトでは、Jaeger Client と使用されるサービス名はデプロイメントの名前から派生し、通常これは WAR ファイル名になります。