8.4. サーバーの管理

8.4.1. サーバーグループの設定

以下はサーバーグループ定義の例になります。

<server-group name="main-server-group" profile="full">
  <jvm name="default">
    <heap size="64m" max-size="512m"/>
  </jvm>
  <socket-binding-group ref="full-sockets"/>
  <deployments>
    <deployment name="test-application.war" runtime-name="test-application.war"/>
    <deployment name="helloworld.war" runtime-name="helloworld.war" enabled="false"/>
  </deployments>
</server-group>

サーバーグループの設定は、管理 CLI を使用するか、管理コンソールの Runtime タブから行います。

サーバーグループの追加

以下の管理 CLI コマンドを実行すると、サーバーグループを追加できます。

/server-group=SERVER_GROUP_NAME:add(profile=PROFILE_NAME,socket-binding-group=SOCKET_BINDING_GROUP_NAME)
サーバーグループの更新

以下の管理 CLI コマンドを実行すると、サーバーグループ属性を更新できます。

/server-group=SERVER_GROUP_NAME:write-attribute(name=ATTRIBUTE_NAME,value=VALUE)
サーバーグループの削除

以下の管理 CLI コマンドを実行すると、サーバーグループを削除できます。

/server-group=SERVER_GROUP_NAME:remove
サーバーグループ属性

サーバーグループには次の属性が必要です。

  • name: サーバーグループの名前。
  • profile: サーバーグループプロファイル名。
  • socket-binding-group: グループのサーバーに使用されるデフォルトのソケットバインディンググループ。サーバーごとに上書きできます。

サーバーグループに含まれる任意の属性は次のとおりです。

  • management-subsystem-endpoint: remoting サブシステムからエンドポイントを使用してサーバーグループに属するサーバーを再びホストコントローラーに接続するには true に設定します。これは、remoting サブシステムが存在しないと機能しません。
  • socket-binding-default-interface: このサーバーのソケットバインディンググループのデフォルトインターフェース。
  • socket-binding-port-offset: ソケットバインディンググループによって提供されたポート値に追加するデフォルトのオフセット。
  • deployments: グループのサーバーにデプロイするデプロイメントコンテンツ。
  • jvm: グループの全サーバーに対するデフォルトの JVM 設定。ホストコントローラーはこれらの設定を host.xml の他の設定とマージし、サーバーの JVM を開始するために使用される設定を作成します。
  • deployment-overlays: 定義されたデプロイメントオーバーレイと、このサーバーグループのデプロイメントとの間をリンクします。
  • system-properties: グループのサーバーに設定するシステムプロパティー。